2015年02月04日

【デッキ晒し】ティムールアグロ

スタンダードは、アブザン、ジェスカイ、マルドゥ、スゥルタイと触ってきて、
未だにティムールに触れてなかったんで作ってみたお!

【ティムールアグロ】
フォーマット:スタンダード

土地/23枚
3《森/Forest》
2《山/Mountain》
4《開拓地の野営地/Frontier Bivouac》
2《マナの合流点/Mana Confluence》
3《シヴの浅瀬/Shivan Reef》
1《奔放の神殿/Temple of Abandon》
1《天啓の神殿/Temple of Epiphany》
4《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
3《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》

クリーチャー/28枚
4《エルフの神秘家/Elvish Mystic》
4《炎跡のフェニックス/Flamewake Phoenix》
4《霜歩き/Frost Walker》
2《荒野の後継者/Heir of the Wilds》
1《世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos, World Eater》
2《爪鳴らしの神秘家/Rattleclaw Mystic》
4《凶暴な拳刃/Savage Knuckleblade》
3《大いなる狩りの巫師/Shaman of the Great Hunt》
3《加護のサテュロス/Boon Satyr》

その他の呪文/9枚
4《火口の爪/Crater's Claws》
3《稲妻の一撃/Lightning Strike》
1《ティムールの魔除け/Temur Charm》
1《ティムールの隆盛/Temur Ascendancy》

サイドボード/15枚
2《弧状の稲妻/Arc Lightning》
2《宝船の巡航/Treasure Cruise》
3《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
3《マグマのしぶき/Magma Spray》
3《頑固な否認/Stubborn Denial》
2《ティムールの魔除け/Temur Charm》





以下、すーぱーコメントコーナー
3《森/Forest》
2《山/Mountain》

4《開拓地の野営地/Frontier Bivouac》
環境最強の土地サイクルだと思うティムール版。
これがレア枠だったら暴動ものだったと思う、アンコモンで心底良かったじぇ・・・

2《マナの合流点/Mana Confluence》
痛い・・・
けど、前のめりなデッキだしこれくらいいいよね!

3《シヴの浅瀬/Shivan Reef》
1《奔放の神殿/Temple of Abandon》
1《天啓の神殿/Temple of Epiphany》
4《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
3《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》
テンプレートな土地さんたち

4《エルフの神秘家/Elvish Mystic》
2《爪鳴らしの神秘家/Rattleclaw Mystic》
マナブースト!
2T目に3マナにアクセスでき、《凶暴な拳刃/Savage Knuckleblade》着地できると安定感が違う!

4《炎跡のフェニックス/Flamewake Phoenix》
しつこい!
打点は低いけれど、ひたすら蘇るさまはまさにフェニックス!

4《霜歩き/Frost Walker》
コモンだったら今回の神話コモン枠に推薦してあげたのに・・・
デメリット能力はあるものの、2マナ4/1と2マナのカード1枚で獰猛を達成できるナイスアンコモン!
女人像も狩猟者も黙って道をあけるすばらしい1枚だじぇ!

2《荒野の後継者/Heir of the Wilds》
《霜歩き/Frost Walker》のおかげで2マナ枠が埋まりつつあっても、
なんだかんだ言って、女人像も狩猟者も道を開けてくれるので使いやすい!

1《世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos, World Eater》
マナ伸びないから、微妙だったじぇ・・・

4《凶暴な拳刃/Savage Knuckleblade》
このカードをつかなわいならティムールである必要がないくらいのパワーカード!
お値段も手頃なので、言うことなしだお!

3《大いなる狩りの巫師/Shaman of the Great Hunt》
起動型能力での圧力の掛け方が尋常じゃない!
スリス能力はおまけだと思いましたお・・・
でも、おまけだけれど、うっかりはまればあっさり勝てるナイスなおまけ!

3《加護のサテュロス/Boon Satyr》
俊足持ち出し授与で小回り聞くから好き・・・

4《火口の爪/Crater's Claws》
エンドカード!
獰猛達成すると、火種が-1マナという脅威のコスパのX火力

3《稲妻の一撃/Lightning Strike》
意外と焼けない相手が多くて困るけれど、抜くに抜けない・・・
そんな1枚・・・

1《ティムールの魔除け/Temur Charm》
思っていた以上に使いにくかったお・・・

1《ティムールの隆盛/Temur Ascendancy》
コバケンが使っていたので使ってみたら、思いの外強かった!

サイドボード/15枚
2《弧状の稲妻/Arc Lightning》
2《宝船の巡航/Treasure Cruise》
3《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
3《マグマのしぶき/Magma Spray》
3《頑固な否認/Stubborn Denial》
2《ティムールの魔除け/Temur Charm》
サイドが弱い!
確かに構築も弱いんだけれど、サイド向きのカードが非常に少なくて困ってしまったじぇ・・・
このサイド周り厳しさが、ティムールが結果をあまり出せていない要因なのではないかと思ったじぇ!
(つい先日結果を出したけれどね!)
posted by 夢珠 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

名前の長い土地A

・半年前の夢珠ちゃん
土地単組みたいけれど、カード1枚に5万円とかバカスwwwww

・今の夢珠ちゃん
半年前のあたちテラバカスwwwwwww



5万円で売っていたら、迷いなく買っちゃうじぇ・・・
半年前の夢珠ちゃんを張り倒したいじぇ・・・
ぐぬぬ・・・

最近のレシピ見ると1枚刺しが多いから、多少は楽になったものの流石に10万円は・・・
posted by 夢珠 at 22:50| Comment(1) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

名前の長い土地

まずい、買ってしまいそうだ・・・
しかし、これを買うともう後戻りできないレガシーの深淵にとらわれちゃいそうだじぇ・・・
ちなみに、ジャンドはプロキシで回してみたら面白く無いので、組むのやめたお!

しかし、長い名前の土地買って土地単となると、

《リシャーダの港/Rishadan Port》のみ
《Taiga》
《暗黒の深部/Dark Depths》

あたりを買わないといけないから、結局とんでも無い出費になりそうだお・・・

長い名前の土地が10万円札になりつつあるから、抑えるにしてもラストチャンスみたいな感じなんだよなあ・・・

しかし、かなりぶっ飛んでいるあたちでも、
カード1枚に諭吉10人は抵抗があるというか、流石に無理だ、精神的に・・・
はてさて、どうしたものだかだお・・・

買うにしても、PSA鑑定済みの買わないといけないから、10諭吉で足りるか微妙なんだよなあ・・・
鑑定済みじゃないの買って偽物でも掴まされたら、精神的におそらく再起不能だしねぇ
posted by 夢珠 at 21:13| Comment(3) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

運命再編高額カードを眺めてみるお!

SCGの結果を踏まえてね!
スタンダード
モダン
レガシー


《僧院の導師/Monastery Mentor》
クリーチャー − 人間(Human) モンク(Monk)
果敢(あなたがクリーチャーでない呪文を1つ唱えるたび、ターン終了時まで、このクリーチャーは+1/+1の修整を受ける。)
あなたがクリーチャーでない呪文を1つ唱えるたび、果敢を持つ白の1/1のモンク(Monk)・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。
2/2

前評判では脅威の性能と言われていたけれど、
現段階の結果はなんとも意外、上位8位のデッキ中1つのデッキにしか採用されていませんでしたお。

ちなみにレガシーレベルと言っている人もちらほらいたけれど、
あたち視点から見てもそれは失笑モノだったお。
レガシーの3マナで除去耐性もなく、ターンが帰ってこないと、せいぜい《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》くらいでしかトークン出せないんじゃかなり厳しいと思っていましたもの。

これが採用されるであろう、石鍛冶やパトリオットの3マナ域には脅威の除去耐性を誇るTNNがいるんだから、それに取って代わるのはかなり厳しいものね・・・

スタンダードではまだわからないけれど、優秀な軽量呪文が少ないのが結果を出せない要因なのだろうか?
モダンは環境がよくわからねえお!

でも、カードパワー自体はすこぶる高さだと思うので、とりあえず抑えておきたいじぇ!


《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
プレインズウォーカー − ウギン(Ugin)
[+2]:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。精霊龍、ウギンはそれに3点のダメージを与える。
[-X]:点数で見たマナ・コストがX以下の、1色以上の色を持つ各パーマネントをそれぞれ追放する。
[-10]:あなたは7点のライフを得て、カードを7枚引く。その後、あなたの手札にある最大7枚までのパーマネント・カードを戦場に出す。
7

満を持して登場のウギン様!
スタンダードではやや重いかとおもいきや、8マナまで伸ばせるデッキではかなりの採用率を誇りますお。
盤面の制圧力が半端じゃ無く、どんなに振りな盤面からでも、
-X後に居座れればマウント取れちゃうのが魅力的だよね。
しかし、スタンダードでここまで採用されるとは思わなかったじぇ。
いい意味で期待を裏切られたおっおっお!

しかし、悲しいかな。
先出ししようが、後出ししようが、単体ではボーラス様には絶対に勝てないんだよなあ・・・
でも、そういった調整が設定通りなのがまた素晴らしいと思いますお。


《魂火の大導師/Soulfire Grand Master》
クリーチャー − 人間(Human) モンク(Monk)
絆魂
あなたがコントロールするインスタント呪文とソーサリー呪文は絆魂を持つ。
(2)(青/赤)(青/赤):このターンに次にあなたがあなたの手札からインスタント呪文かソーサリー呪文を唱えるなら、それを解決するに際し、そのカードをあなたの墓地に置く代わりにあなたの手札に加える。
2/2

これも評判高かったけれど、正直何処らへんが強いのかよくわからなかった1枚だお・・・
用途があるとすれば、下の環境のバーンデッキのようなライフを狙うアーキタイプのミラーくらいしか思いつかなかったんだもの。
そして、下の環境では回収能力は重すぎて咬み合わないと思うんだじぇ。
さっさと吐いちゃいたい1枚だお・・・


《囁きの森の精霊/Whisperwood Elemental》
クリーチャー − エレメンタル(Elemental)
あなたの終了ステップの開始時に、あなたのライブラリーの一番上のカードを予示する。(それを裏向きの状態で2/2クリーチャーとして戦場に出す。それがクリーチャー・カードであるなら、そのマナ・コストでいつでも表向きにしてよい。)
囁きの森の精霊を生け贄に捧げる:ターン終了時まで、あなたがコントロールする表向きの、トークンでないクリーチャーは「このクリーチャーが死亡したとき、あなたのライブラリーの一番上のカードを予示する。」を得る。
4/4

出したターン中には仕事するし、全体除去を含めた除去耐性も高いんだよね。
正直もっと使われるだろうと思ったあたちはコントロール脳だからだろうか・・・
書いてあることはものすごく強いと思うから、一旦は早いうちに吐いちゃって、
値段が落ち着いたらまた揃えようかなあ・・・
青黒系のコントロールが結果を出し、それを意識した構築をすれば入ってきそうな1枚だから、
今後の値動きが非常に見ものだじぇ・・・


《大いなる狩りの巫師/Shaman of the Great Hunt》
速攻
あなたがコントロールするクリーチャー1体がプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、それの上に+1/+1カウンターを1個置く。
獰猛 ― (2)(緑/青)(緑/青):あなたがコントロールするパワーが4以上のクリーチャー1体につきカードを1枚引く。
4/2

これも書いてあることは強いんだけれど、やはりタフネス2が厳しいのか・・・
先手であっても《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》、《軍族童の突発/Hordeling Outburst》が相打ちになってしまう厳しそう・・・
サイには一方的にぶち殺されちゃうしね・・・
《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》のトークンなんかとは相性よさげなんだけれどなあ・・・





以上、予約段階での高額5位くらいまでのカードに対する後出しジャンケンしましたお!

レガシー決勝のSnT対土地単の茶番ぶりがひどかったじぇ・・・
ただでさえ絶望的な相性なのに、サイドの《血染めの月/Blood Moon》がひどすぎたお・・・
それと、トップ8からURデルバーが消えて、カナスレが帰ってきて超嬉しいじぇ!
レガシーの環境はもとより混沌としていてアーキタイプが多いけれど、
上位デッキもほとんどバラけていて非常におもしろそうだおね!

モダンは混沌としているけれど、殻とURデルバーがいなくなり案の定、2番手のデッキがそのままスライドしてTier1になった感じだおね・・・
《ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll》解禁はやっぱり影響ないって・・・
ドレッジヴァインが詰むにしても、素出しできるその他の発掘カードの方がいいまであるんだもの・・・

以上、新環境についてだらだら書いたおっおっお
posted by 夢珠 at 20:47| Comment(2) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

MTG 禁止制限カード改定(1月19日公開)

禁止制限カード改定の時間だお!

■スタンダード
変更なし

■モダン
・禁止カード
《宝船の巡航/Treasure Cruise》
《時を越えた探索/Dig Through Time》
《出産の殻/Birthing Pod》

■レガシー
・禁止カード
《宝船の巡航/Treasure Cruise》
・禁止解除カード
《世界喰らいのドラゴン/Worldgorger Dragon》

■ヴィンテージ
・制限カード
《宝船の巡航/Treasure Cruise》
・制限解除カード
《けちな贈り物/Gifts Ungiven》


《宝船の巡航/Treasure Cruise》強すぎいいいいいいいいいいいいいいい
レガシーの禁止カードは新たなるファイレクシア収録の《精神的つまづき/Mental Misstep》以来の4年ぶりとなりますよん。
ヴィンテージの制限カードって、最後はいつなんだろう・・・
タルキール覇王たん、強いのは良かったけれど、禁止で使えないんじゃ意味ないよねえ・・・

しかし、《宝船の巡航/Treasure Cruise》の禁止は個人的には嬉しすぎるお。
モダンもレガシーもクロパといえばURデルバーばっかりになっちゃったものね。
あたちは、クロパはカナディアンスレッショルドやチームアメリカ、パトリオットといったアーキタイプのほうが好きだったので、《宝船の巡航/Treasure Cruise》禁止でこれらのデッキが復権してくれたら幸いなんだじぇ・・・


出産の殻は面白いデッキだったけれど仕方ないよね。
2年間殆どトップメタを走り続けていたし、ピン刺しでループコンボ余裕なアーキタイプであったことを考えると、今後のカードデザインに多かれ少なかれ影響が出てきちゃうと思うんだおね。
ピーキーなカードであってもピン刺しで対応できちゃうのが強みではあるけれど、今後デザインされるカードがまず殻ありきな当たり障りのデザインになっちゃったらつまらないものね。

それと殻の禁止は《包囲サイ/Siege Rhino》がやはり戦犯だと思うじぇ。
《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》→《包囲サイ/Siege Rhino》7点うまーコースは、ビートダウン悶絶モノの動きだったし、そもそも殻引かなくても、《包囲サイ/Siege Rhino》のカードパワーでゴリ押しできちゃうのがまずかったお・・・

半年前に作ったばかりで残念といえば残念だけれど、気を取り直して別のデッキを構築するんだじぇ!
でも、殻専用のカードで買ったのっておどろくほど少ないんだよねw
《貴族の教主/Noble Hierarch》はいくらでも内定先あるし、《復活の声/Voice of Resurgence》はもともと手持ちのカードだったし・・・
このデッキ目的で買ったカードって、《出産の殻/Birthing Pod》と《テューンの大天使/Archangel of Thune》くらいしか無いかもしれないお。
結構安いデッキなんだよねえ・・・
だからこそ引退者でそうでちょっと不安だじぇ・・・


モダンの環境については余り詳しくわからないものの、普通に現在の二番手、白黒緑ジャンク・風景の変容・欠片の双子・親和がトップメタになると思いますじぇ。

高騰するカードは、殻が無くなったため緑を含むビートダウンでは《タルモゴイフ/Tarmogoyf》需要が高くなり高騰しそうそう。
後は、《宝船の巡航/Treasure Cruise》が禁止になったので、相対的にハンデス強くなりそうなのに加え、BGがド安定である、殻難民がカラー的にもBGに駆けこむなどの要因で《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》も高騰しそう。
欲しい人は、再録を考慮しないのであれば今直ぐでも購入しないとまずいと思うじぇ?
《ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll》?
値段が下がるかはわからないけれど、残念ながら対して使われることないと思おうよん?

個人的には、URデルバーがお亡くなりになり、環境の速度が若干遅くなりそうなので、トロンがもうちょっと活躍してくれると嬉しいなあと思っていたりしなかったり・・・
トロンならBGに対して不利はつかないと思いますおん。

手持ちのモダンのデッキは、殻がお亡くなりになったので、同時に持ち歩ける手持ちのデッキは、マーフォーク・トリコトラフト・UWトロンの3つになっちゃいましたお。
白黒緑ジャンクのパーツは全てあるけれど、タルモゴイフはレガシーのカナスレやカスケードで使いたいから、モダンでは別のデッキを考え中。
《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》が猛威を振るいそうなら《未練ある魂/Lingering Souls》を使いたいじぇ!
うん、白黒トークンでも作るかな、イベントデッキで95%完成しているけれどね!


そしてレガシー!
《宝船の巡航/Treasure Cruise》がお亡くなりになったので、再び墓地を参照する《タルモゴイフ/Tarmogoyf》や《敏捷なマングース/Nimble Mongoose》が陽の目を見れそうw
カナスレ復権してくれると嬉しいんだよなあ・・・
コンスピラシー発売した時に《もみ消し/Stifle》かっちゃったのに使い道がないのよ・・・
後は、巡航以外でカードアド稼げるカスケードも復権の兆しがありそうだお!

レガシーで高騰するカードはあんまり検討つかないけれど、URデルバーやBUGアグロから入った人が、カナスレやチームアメリカを目指すとすると《不毛の大地/Wasteland》が必要になってくるんだよね。
そういった層に《不毛の大地/Wasteland》需要はありそうな気がするので、2セット目早めに買っちゃおうかなあ・・・
それと、最近はURデルバーを筆頭にUW石鍛冶にも《不毛の大地/Wasteland》採用されていないタイプが多いんだよね。
その影響でマナ基盤甘えたデッキが少し増えているとしたら、カナスレやチメリカの復権=《不毛の大地/Wasteland》の採用率が上がれば、それらのデッキが駆逐されそうね・・・

何はともあれ今後の環境に期待なのですお!


ちなみに、最近値上がりしたカードでは、禁止制限改訂絡みのカードばっかり話題に上がるけれど《Force of Will》とか《狼狽の嵐/Flusterstorm》とかがとんでも無い値段になっているんだじぇ?
とりあえず前者は8枚、後者は4枚抑えられたので2デッキ持ち歩くにしても問題はなさそうだじぇ!
青絡みのデュアルランドは全部最低3枚ずつはあるしね!
禁止制限改定の裏でレガシー向けのカードが恐ろしいことになっていたので、手遅れになってしまった人は、そのドンマイなのですお・・・

次の改定は3月22日予定みたいですお!
そっちもきになりますおね!
日本語おかしいところいっぱいあるけれど、おしまいだおっおっお
posted by 夢珠 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

適者生存

Survival of the Fittest / 適者生存 (1)(緑)
エンチャント
(緑),クリーチャー・カードを1枚捨てる:あなたのライブラリーからクリーチャー・カードを1枚探す。そのカードを公開し、あなたの手札に加える。その後あなたのライブラリーを切り直す。

不穏な値動きしている・・・
モダンで苦花が解禁した時のような値動きしている・・・
まさかレガシーで解禁するのかな・・・

RDから教えてもらった動画見ていたら、ちょうどサバイバル紹介されていてなんともタイムリーなのです。



架空デュエルらしくご都合主義なところはあるけれど、非常によく作りこまれていてこのシリーズ好きw
動画内でも言及されているけれど、コンボパーツ=サーチカードだから、
エンチャントたった1枚でこの動きするのがマジキチだよね。
コバケン様のモダンのドレッジヴァインをレガシー版みたいな感じ。
もちろんモダンとレガシーの差は非常に大きいので、超アッパーバージョンだけれどねw

本当に解禁されれば、復讐蔦や直観も引きづられて値上がりしそうだから、早めに押さえちゃおうかなあ・・・
サバイバル自体も組んでみたいし、なんといっても直観を使いたい・・・

苦花と違って値上がり前に抑えられなかったけれど、
デュアランも揃っているカラーだし1枚6000円位までなら普通に買っちゃいそうで怖い。
posted by 夢珠 at 21:12| Comment(1) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

ほしいカードリスト(2015年上半期)

ここは夢珠ちゃんのメモ帳だお☆

■《Badlands》
3枚
赤黒のデュアルランド!
シンクロ率低くていいから安い白枠でいい!
9000×3=27000円

■《Taiga》
1枚
赤緑のデュアルランド!
し、白枠はフェッチランドでサーチしやすいから・・・(震え声
7000×1=7000円

■《不毛の大地/Wasteland》
3枚
2デッキ目用!
8500×3=25500円

■《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
4枚
罰するファイア!ジャンドが組みたい!
4500×4=18000円

■《闇の腹心/Dark Confidant》
3枚
ボブ!ジャンドが組みたい!
9000×3=27000円

■《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》
2〜4枚
ちあみん!ジャンドが組みたい!
250×4=1000円

■《断片無き工作員/Shardless Agent》
4枚
BUGカスケード組みたい!
最近まで青黒のカードだと思っていてごめんね!
2000×4=8000円

■《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1枚
英語1枚足りない!日本語1枚要らない!
8000×1=8000円

■《罰する火/Punishing Fire》
4枚
罰するファイア!
安い!強い!すぐ買える!
50×4=200円

■《祖先の幻視/Ancestral Vision》
4枚
アンセストラルリコール第2号!
第3号は《宝船の巡航/Treasure Cruise》だお!
最近デュエルデッキ再販したから今が買い時!
900×4=3600円

■《Force of Will》
4枚
2デッキ目用!
レガシーの門を叩くどころの話ではない!
15000×4=60000円

■《もみ消し/Stifle》
4枚
コンスピラシー再録のお陰で物凄い買いやすくなったね!
いつの間にか、5分の1くらいの価格になっているじぇ!
900×4=3600円

■《Chains of Mephistopheles》
1枚
ジャンドのサイドボードに入れたい!でも、アホみたいに高いカードだから多分買えない!
この手の高額カードは、例によってレジェンド収録!
50000×1=50000円(白目

よし、「ちぇいんずおぶめふぃすとてれす」は諦めるじぇ!
「ふぉーすおぶうぃる」はまだボーナス一切手をつけていなかったので、それで買おう!

残りのカードで10諭吉程度だお・・・
でも、手持ちの未開封モダンマスターズ3箱を売り払えば、お釣りが来るね!
思っていた以上に余裕だったじぇ!
流石に額が額なのでエリーくんに頼むのも悪いから、1ヶ月だけヤフオクのプレミアム取得するじぇ
ついでに、日本語ヴェリアナとかのいらない手持ちカードも整理しちゃうかお・・・
posted by 夢珠 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月02日

初詣だお!

たまには外出もするお!




諏訪大社!

でも、諏訪子ちゃんも早苗さんも居なかったお・・・
訴訟ものだお・・・
posted by 夢珠 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ざっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

モダンマスターズ2015に収録される神話レアを勝手に予想するお!

あたちのすばらしい予想をとくと見よだお!

前回のモダンマスターズを参考にすると、
神話レア収録枚数:15枚
内訳:
単色:2枚ずつ
多色:2枚
無色:3枚

これを元に予想してみるじぇ!

白:
《静寂の守り手、リンヴァーラ/Linvala, Keeper of Silence》
Linvala, Keeper of Silence / 静寂の守り手、リンヴァーラ (2)(白)(白)
伝説のクリーチャー − 天使(Angel)
飛行
あなたの対戦相手がコントロールしているクリーチャーの起動型能力は起動できない。
3/4

出産の殻デッキの定番パーツ。
新規収録範囲のゼンディカーブロックのカードだし、Tire1のデッキのカードだけに、
収録可能性は高そうだじぇ・・・


《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》
Elesh Norn, Grand Cenobite / 大修道士、エリシュ・ノーン (5)(白)(白)
伝説のクリーチャー − 法務官(Praetor)
警戒
あなたがコントロールする他のクリーチャーは+2/+2の修整を受ける。
あなたの対戦相手がコントロールするクリーチャーは-2/-2の修整を受ける。
4/7

前回の神河のクソドラゴンサイクルのように、なんらかの神話レアのサイクルはあると思うんだじぇ。
今回のそれは、おそらく新たなるファイレクシアの法務官5人なんじゃないかなあと思うんだお。
ノーン様がいるからクソサイクルにならないね!


青:
《精神壊しの罠/Mindbreak Trap》
Mindbreak Trap / 精神壊しの罠 (2)(青)(青)
インスタント − 罠(Trap)
このターン、対戦相手1人が3つ以上の呪文を唱えていた場合、あなたは精神壊しの罠のマナ・コストを支払うのではなく(0)を支払ってもよい。
望む数の呪文を対象とし、それらを追放する。

「人生は迷路だ。 行き止まりの一つがこれだ。」
フレーバーかっこいい!
罠サイクルはひと通り収録しそうな気がしますお!
その中でも唯一の神話レアなこの子が来そうな感じ。
採用実績は、最近は狼狽の嵐のせいで下がってきたけれど、定番な対ストームカードですお。


《核の占い師、ジン=ギタクシアス/Jin-Gitaxias, Core Augur》
Jin-Gitaxias, Core Augur / 核の占い師、ジン=ギタクシアス (8)(青)(青)
伝説のクリーチャー − 法務官(Praetor)
瞬速
あなたの終了ステップの開始時に、カードを7枚引く。
各対戦相手の手札の最大枚数は7少なくなる。

法務官サイクル。
レガシーのリアニにちょこちょこ採用されているお・・・


黒:
《ファイレクシアの抹消者/Phyrexian Obliterator》
Phyrexian Obliterator / ファイレクシアの抹消者 (黒)(黒)(黒)(黒)
クリーチャー − ホラー(Horror)
トランプル
発生源1つがファイレクシアの抹消者にダメージを与えるたび、その発生源のコントローラーはその点数に等しい数のパーマネントを生け贄に捧げる。
5/5

モダンの黒単信心の定番パーツだお!
書いてあることは頭おかしいのに、スタンダードではそれ以上に頭のおかしい《四肢切断/Dismember》が環境にあったせいで活躍できなかったかわいそうなカードだお!
最近値段も上がってきているし、是非とも再録してほしいじぇ・・・


《囁く者、シェオルドレッド/Sheoldred, Whispering One》
Sheoldred, Whispering One / 囁く者、シェオルドレッド (5)(黒)(黒)
伝説のクリーチャー − 法務官(Praetor)
沼渡り
あなたのアップキープの開始時に、あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。
各対戦相手のアップキープの開始時に、そのプレイヤーはクリーチャーを1体生け贄に捧げる。
6/6

法務官サイクルのハズレ枠!
沼 渡 り


赤:
《隠れしウラブラスク/Urabrask the Hidden》
Urabrask the Hidden / 隠れしウラブラスク (3)(赤)(赤)
伝説のクリーチャー − 法務官(Praetor)
あなたがコントロールするクリーチャーは速攻を持つ。
あなたの対戦相手がコントロールするクリーチャーはタップ状態で戦場に出る。
4/4

法務官サイクルのハズレ枠!
そして、赤はもう1枚入りそうなカードが収録範囲にないじぇ。
収録範囲に無色のカードが多いから、多色に赤分のあるカードが入るかわりに赤の神話レアの枚数が削減なんてこともありそうだじぇ・・・
現に通常エキスパンションでは、神話レアの枚数は各色均等ではないものね・・・


緑:
《貴族の教主/Noble Hierarch》
Noble Hierarch / 貴族の教主 (緑)
クリーチャー − 人間(Human) ドルイド(Druid)
賛美(あなたがコントロールするいずれかのクリーチャーが単独で攻撃するたび、そのクリーチャーはターン終了時まで+1/+1の修整を受ける。)
(T):あなたのマナ・プールに(緑)か(白)か(青)を加える。
0/1

定番マナクリーチャーのおば賛美!
《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》や《闇の腹心/Dark Confidant》が神話レアに格上げされたように、こいつも高額レアなだけに、レアから神話レアに格上げされそうな気がするじぇ・・・


《飢餓の声、ヴォリンクレックス/Vorinclex, Voice of Hunger》
Vorinclex, Voice of Hunger / 飢餓の声、ヴォリンクレックス (6)(緑)(緑)
伝説のクリーチャー − 法務官(Praetor)
トランプル
あなたがマナを引き出す目的で土地を1つタップするたび、あなたのマナ・プールにその土地が生み出したいずれかのタイプのマナ1点を加える。
対戦相手1人がマナを引き出す目的で土地を1つタップするたび、その土地はそれのコントローラーの次のアンタップ・ステップの間にアンタップしない。
7/6

法務官サイクルのハズレ枠!


多色:
《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》
Ajani Vengeant / 復讐のアジャニ (2)(赤)(白)
プレインズウォーカー − アジャニ(Ajani)
[+1]:パーマネント1つを対象とする。それはそれのコントローラーの次のアンタップ・ステップの間にアンタップしない。
[-2]:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。復讐のアジャニはそれに3点のダメージを与え、あなたは3点のライフを得る。
[-7]:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーがコントロールするすべての土地を破壊する。
3

赤を含む多色枠兼、おそらく2枠のPW枠。
《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》とか《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》あたりも再録されそうな気もするけれど、
あたちは、ちょこちょこ採用されているこいつを押すじぇ!


無色:
《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
Emrakul, the Aeons Torn / 引き裂かれし永劫、エムラクール (15)
伝説のクリーチャー − エルドラージ(Eldrazi)
引き裂かれし永劫、エムラクールは打ち消されない。
あなたが引き裂かれし永劫、エムラクールを唱えたとき、このターンに続いて追加の1ターンを行う。
飛行、プロテクション(有色の呪文)、滅殺6
引き裂かれし永劫、エムラクールがいずれかの領域からいずれかの墓地に置かれたとき、オーナーは自分の墓地を自分のライブラリーに加えて切り直す。
15/15

収録が公式ソースにより確定!
他の2柱も再録しそうな気もするけれど、枠がないので伝説のエルドラージはこいつだけな気がするじぇ・・・
ちなみにこいつのカードナンバー3番なのね。
よって、これ以前のカードナンバーが振られているカードは2枚、
そして、アーティファクトでない無色のカードで、「E」より前のカードって大してないよね。
「A」ではじまり、アーティファクトでない《全ては塵/All Is Dust》はおそらく来るんじゃないかなあと思うじぇ・・・


《肉体と精神の剣/Sword of Body and Mind》
Sword of Body and Mind / 肉体と精神の剣 (3)
アーティファクト − 装備品(Equipment)
装備しているクリーチャーは+2/+2の修整を受けるとともにプロテクション(緑)とプロテクション(青)を持つ。
装備しているクリーチャーがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、あなたは緑の2/2の狼(Wolf)クリーチャー・トークンを1体戦場に出し、そのプレイヤーのライブラリーの一番上から10枚のカードをそのプレイヤーの墓地に置く。
装備(2)

《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》
Sword of Feast and Famine / 饗宴と飢餓の剣 (3)
アーティファクト − 装備品(Equipment)
装備しているクリーチャーは+2/+2の修整を受けるとともにプロテクション(黒)とプロテクション(緑)を持つ。
装備しているクリーチャーがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、そのプレイヤーはカードを1枚捨て、あなたはあなたがコントロールする土地をすべてアンタップする。
装備(2)

《戦争と平和の剣/Sword of War and Peace》
Sword of War and Peace / 戦争と平和の剣 (3)
アーティファクト − 装備品(Equipment)
装備しているクリーチャーは+2/+2の修整を受けるとともにプロテクション(赤)とプロテクション(白)を持つ。
装備しているクリーチャーがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、戦争と平和の剣はそのプレイヤーに、そのプレイヤーの手札にあるカードの枚数に等しい点数のダメージを与え、あなたはあなたの手札にあるカード1枚につき1点のライフを得る。
装備(2)

ミラディンの傷跡ブロックの神話レアの伝説の剣サイクル。
《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》はモダンイベントデッキで再録されたけれど、
前回のモダンマスターズで《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》と《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》を神話レアに昇格して収録したから、こいつらもサイクルとして収録する気がしますお!

―――――いらないけれどね!


《解放された者、カーン/Karn Liberated》
Karn Liberated / 解放された者、カーン (7)
プレインズウォーカー − カーン(Karn)
[+4]:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは自分の手札からカードを1枚追放する。
[-3]:パーマネント1つを対象とし、それを追放する。
[-14]:解放された者、カーンにより追放された全てのオーラ(Aura)でないパーマネント・カードを別にした状態にしたまま、ゲームを再び開始する。その後、それらの別にしたカードをあなたのコントロール下で戦場に出す。
6

2枠あるPW枠に一番来そうなのはカーンだと思うお。
新規収録範囲のカードだし、採用実績から言って他のPWの追随を許さないじぇ・・・





以上、15枚上げてみましたお。
願望も結構入っているけれど、
明らかなハズレ枠も設定されているから、意外と現実的に見えないかお?w

モダンマスターズ2015の続報が待ち遠しいじぇ!
なんとしても購入したいところだおっおっお!
posted by 夢珠 at 13:19| Comment(3) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モダンマスターズ2015が発売されるというのに・・・



笑えよ、ベジータw
スタンダードにおいて、フェッチランド10種類はないと思って、前の日曜日に注文しちまいましたおw
今日届きましたおっおっお\(^o^)/

タルキールブロックにおいては、まず間違いなく対抗色フェッチランドの再録はない。
だからこそ、モダンマスターズ2015に再録間違いなしだお!

今回は英語版に加えて日本語版も発売されるみたいだし、最近の限定商品(笑)の様子を見ていると、
結構数は出回りそうな気がしますお。
しかし、円安の煽りを受けて単価が凄いことになりそうだけれどね!

プレビューは満足に始まっていないけれど、
目玉カードとして《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》と《刻まれた勇者/Etched Champion》が公開されていましたお。

Emrakul, the Aeons Torn / 引き裂かれし永劫、エムラクール (15)
伝説のクリーチャー − エルドラージ(Eldrazi)
引き裂かれし永劫、エムラクールは打ち消されない。
あなたが引き裂かれし永劫、エムラクールを唱えたとき、このターンに続いて追加の1ターンを行う。
飛行、プロテクション(有色の呪文)、滅殺6
引き裂かれし永劫、エムラクールがいずれかの領域からいずれかの墓地に置かれたとき、オーナーは自分の墓地を自分のライブラリーに加えて切り直す。
15/15

Etched Champion / 刻まれた勇者 (3)
アーティファクト クリーチャー − 兵士(Soldier)
金属術 ― 刻まれた勇者は、あなたがアーティファクトを3つ以上コントロールしているかぎり、プロテクション(すべての色)を持つ。
2/2


引き裂かれし永劫、エムラクールはレガシーのショーテル系、モダンのトロン系のアーキタイプで大活躍中、
刻まれた勇者は、レガシーやモダンの親和の定番パーツだお。
どっちも足りないから是非とも欲しいじぇ・・・

このモダンマスターズ2015は、前回のモダンマスターズから2年の月日が流れているだけあって、
収録範囲は、基本セットは8th〜M11まで、エキスパンションはミラディン〜ミラディンの傷跡と、
前回のモダンマスターズの収録範囲+2年な感じみたいですお。

つまり、基本セットからは各種力戦や各種タイタン、
エキスパンションからは対抗色フェッチランドやエルドラージ、
ミラ傷の伝説の剣3種+殴打頭蓋などなど、上げればきりがないほどのカードが収録範囲にありますお。
特にゼンディカーブロックが収録範囲になるのが非常に大きいおね!

前回の収録範囲が再び収録範囲に設定されているのがまた素晴らしい。
前回収録されなかったモダンの定番カード、
例えば、レアでは《貴族の教主/Noble Hierarch》や《風景の変容/Scapeshift》
アンコモン以下では、《血清の幻視/Serum Visions》や《差し戻し/Remand》が収録する可能性があるわけですからね!
可能性というか、このあたりはもう内定って感じがするじぇ・・・

なお発売は来年の5月、ゴールデンウィークになる模様ですお・・・
買えれば数ボックスなんてけちなこと言わずに、予約上限までぶっこむじぇ!
posted by 夢珠 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

クソデッキ生成装置A

Lion's Eye Diamond / ライオンの瞳のダイアモンド (0)
アーティファクト
ライオンの瞳のダイアモンドを生け贄に捧げる,あなたの手札を捨てる:あなたのマナ・プールに、好きな色1色のマナ3点を加える。この能力は、あなたがインスタントをプレイできるときにのみ起動できる。

かつてのクソレアが、現在はとんでも無い価格に・・・
環境の変遷により見直されるカードの代名詞的なカードですお!

見ての通りのブラックロータスの調整版だお
1ターン目に4マナにアクセスできるマジキチマナブーストカードだおw
手札を捨てちゃうけれど、手札を捨てることがメリットになるようなデッキで使えば問題ないよね!
寧ろそんなデッキで採用すれば、ブラックロータス以上の働きをするよね・・・
そんなわけで、ヴィンテージでも本家ブラックロータス同様に制限カードとなっておりますです。

採用されるデッキは、アドストーム、ベルチャー、ドレッジといった、高速コンボ系のいわゆるクソデッキが中心だおっおっお!
レガシーらしいから、一応この手のクソデッキも持っておきたいんだよね!
瞬殺されるのは、レガシーと言う環境なのにカウンターもハンデスも積んで居ないコンボ耐性0の甘えたデッキがいけないと思うんだ!

そんなわけで、次ぎあうまでにはクソデッキ何かしら作っていくじぇ!
posted by 夢珠 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月05日

クソデッキ生成装置



えへへっ、買っちゃった☆
posted by 夢珠 at 18:45| Comment(2) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする