2015年04月27日

MTG歴代スタンダードのデッキをコレクション計画

子供の頃に憧れていたデッキを今更ながら組みたくなったお!

中学生くらいの時に、ホビージャパン出版の書籍マジックザ・ギャザリングデッキ大全集なるものを手にとってのはいいものの、
中学生の経済力ではそこに載っているようなデッキなんてとてもじゃないけれど組むことはできないんだおね。

子供の時の憧れみたいなものって、ものすごく印象に残るおね!
MTGのいらないカード売ったら、思いもかけずまとまったお金になったので、
それを使って昔のデッキを組んでみるわん!
結局稼いでも、MTGに消えていくのね、まさに逃れられぬカルマだわん。
汝のカルマ救い難しだわん。

そんな時に、ニコニコ動画で、

これ見かけて火がついたわん。

2サイクルって、公式フォーマットではないものの、
当時のデッキそのまま持ち込めたりするから、なんとも懐かしいおね!
参考:http://mtgwiki.com/wiki/2サイクル

もちろんタイプAだわん!
ほら、完全体MOMAとか完全体親和とか見たいじゃない?

すごくゆっくり作っていくことになる事になりそうだけれど、
その年のクソデッキ名デッキを何個かチョイスしつつ、
黎明期から現代に至るまでのMTG史を紡ぎたいわん。

そんなわけで、最初はスタンダード制定時、
1995年のデッキから作っていきますおん?

え?
相手がいない?
大丈夫、あたちがいっぱい作って貸し出せばいいんだわん!
そして、どのみちコレクションだし、相手がいなくてもいいしね!

あるいは、
あたち「コバケン、スタンダードやろうぜ♪(ただし現在のとは言っていない)」
このパターンが使えるから大丈夫だわん!
posted by 夢珠 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モダンマスターズ2015収録カード流出?

MTG Salvation にリークがあった模様だわん。
リーク元は、前回のモダンマスターズの収録カードをリークした人と同じ模様。
そんなわけで、本国では結構信憑性が高いと言われていて、
SCG等の大手TCGショップでは当該カードの価格が下がったりもしているわん。
と入っても、あくまでもソースのない情報なので信じて爆死しても自己責任なので要注意だわん。

収録確定カード?
■神話レア?
《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
《闇の腹心/Dark Confidant》
《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
《真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth》
《無限に廻るもの、ウラモグ/Ulamog, the Infinite Gyre》
《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
《全ては塵/All is Dust》
《求道者テゼレット/Tezzeret the Seeker》
《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》
《エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria》
《欠片の双子/Splinter Twin》
《オパールのモックス/Mox Opal》
《解放された者、カーン/Karn Liberated》

■レア以下?
《貴族の教主/Noble Hierarch》
《ゴブリンの先達/Goblin Guide》
《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》
ローウィンの命令サイクル





本当だったらとんでも無いセットとだといえるわん。
爆アドとかそういうレベルじゃないお、これ。
神話レア枠が2〜3枚足りていないけれど、残りの枠はミラディンの傷跡の伝説の剣でも入るのかな・・・

あみあみがまだ予約開始していないので、定価だったら限度まで全力で行くべきだな、これは・・・
posted by 夢珠 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

MTGのいらないカード売っぱらったたお

4月頭にお部屋の片付けをしていたら、イニストラード等の未開封ボックスの山が邪魔だったので、
状態が悪くて自分では使う気の起きないカードや、とりあえず抑えておくか〜で抑えたのはいいものの、
全く使っておらず、再録されそうなカードを中心に売っぱらったたお!

ひと通りはけたところ、20万円以上になったったおwwwww

あまりにも金額が大きいので、購入時の確認メールなどから、購入時の金額をおったら、
購入時の2〜10倍というとんでもない値段で売れたったおwww
これはMTGで株ごっこやる輩も出てきますわん。

株ごっこは賛否両論あるけれど、TCGという性質上完全に否定出来ないのが辛いおね・・・
ゲームである側面と、切手等のように単に蒐集を目的する側面の両方を備えているのだもの。
あまり露骨にはやらないようにしているものの、
後で高騰したら購入できないという危機感が働いて、ついつい買っちゃうんだおね・・・

まあ、今のところは市場が活発だから、売ること事態には困らないものの、
なんだか意味の分からない罪悪感みたいなものはあるわんw

あ、モダンマスターズ2015は3ボックス定価で買ったけれど、
転売とか全然考えていないし、全部自分で剥くから大丈夫ですわん!
あたちは、ミラージュブロック〜インベイションブロックまで、かつてプレイしていて、
復帰がイニストラードからだから、オデッセイブロック〜ミラディンの傷跡ブロックのカードを
全くと言っていいほど持っていないんだおね。
デッキに使うものをシングルで購入しただけだわん。
ひと通りのデッキが組めるようにカードそのものは備えておきたいので、
3ボックスじゃ全然足りないくらいだけれど、低下で販売してくれた地元のショップに大感謝だわん。

―――そのショップの直ぐ側で、プレ値で販売している店舗があるのにはあえてないおっおっおっwwww
posted by 夢珠 at 19:32| Comment(2) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

アブザンアグロ

アブザンアグロ/スタンダード

メインデッキ/60枚

土地/25枚
3《森/Forest》
2《平地/Plains》
3《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
3《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
4《砂草原の城塞/Sandsteppe Citadel》
3《疾病の神殿/Temple of Malady》
2《静寂の神殿/Temple of Silence》
1《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
4《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》

クリーチャー/21枚
3《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
2《オレスコスの王、ブリマーズ/Brimaz, King of Oreskos》
2《棲み家の防御者/Den Protector》
4《ラクシャーサの死与え/Rakshasa Deathdealer》
4《羊毛鬣のライオン/Fleecemane Lion》
4《包囲サイ/Siege Rhino》
1《狩猟の統率者、スーラク/Surrak, the Hunt Caller》
1《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》

その他の呪文/14枚
3《思考囲い/Thoughtseize》
3《アブザンの魔除け/Abzan Charm》
2《胆汁病/Bile Blight》
1《ドロモカの命令/Dromoka's Command》
3《英雄の破滅/Hero's Downfall》
2《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor》

サイドボード/15枚
3《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》
1《対立の終結/End Hostilities》
1《思考囲い/Thoughtseize》
1《自然に帰れ/Back to Nature》
1《ドロモカの命令/Dromoka's Command》
1《異端の輝き/Glare of Heresy》
2《究極の価格/Ultimate Price》
1《悪性の疫病/Virulent Plague》
2《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun's Champion》
1《リリアナ・ヴェス/Liliana Vess》
1《世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwaker》



こちらも手なりでプレイできるターンが多めのアブザンアグロだお!
ロックのスペースに、防御者入れてみたわん。
除去を使い回せば、絶望的なマッチの緑信心相手にも健闘できるような気がしないでもないお!
サイドは赤単に対するヘイトがすごいけれど、こんな物でいいかなあっと思っているじぇ!
緑信心相手は絶望的だけれど、それ以外のデッキ相手なら、割と五分五分の戦いにできると思うわ。
posted by 夢珠 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緑白信心

緑白信心/スタンダード

メインデッキ枚数/60枚
土地/23枚
6《森/Forest》
2《平地/Plains》
4《ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx》
4《奔放の神殿/Temple of Abandon》
4《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
3《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》

クリーチャー/31枚
1《高木の巨人/Arbor Colossus》
4《ケンタウルスの狩猟者/Centaur Courser》
1《死霧の猛禽/Deathmist Raptor》
4《エルフの神秘家/Elvish Mystic》
4《起源のハイドラ/Genesis Hydra》
4《世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos, World Eater》
1《狩猟の統率者、スーラク/Surrak, the Hunt Caller》
4《森の女人像/Sylvan Caryatid》
4《旅するサテュロス/Voyaging Satyr》
4《囁きの森の精霊/Whisperwood Elemental》

その他の呪文/6枚
2《ドロモカの伝令/Herald of Dromoka》
4《見えざるものの熟達/Mastery of the Unseen》

サイドボード/15枚
1《高木の巨人/Arbor Colossus》
3《羊毛鬣のライオン/Fleecemane Lion》
4《ナイレアの信奉者/Nylea's Disciple》
1《ドロモカの命令/Dromoka's Command》
2《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
3《世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwaker》
1《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》



とりあえず完成!

やっぱり、青黒コントロールに絶望的な以上、熟達がおおいに刺さる白を選択しますお!
到底有利はつかないものの、幾らかでも耐性つけるのは大切だと思うわ。

青黒コンを意識しているなら、コントロール厨なんだし青黒コン使えお?って思われそうだけれど、
フリーならまだしも最近コントロール疲れるんだわん。
FNMなら3戦で終わるからいいけれど、、ゲームデーは地方の規模でも最低6戦はあるわ。
唯でさえMTG疲れるのに、コントロールで6戦もやる体力は今の夢珠ちゃんにはないわん。
チンパンソリティアゲーとまでは行かなくとも、
長丁場になることが予想される場合は、ある程度手なりでプレイできるデッキがいいと思うわ。
posted by 夢珠 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

ゲームデーのデッキ決まったったお

緑単信心とアブザンアグロで突撃するわ!

そんなわけでデッキ構築中だお!
まずは緑単信心から・・・

【緑単信心/スタンダード】
土地/23〜24枚
10《森/Forest》
3《ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx》
―――ここまで確定枠―――
以下、採用候補枠
1《平地/Plains》or 1《山/Mountain》
1《マナの合流点/Mana Confluence》
1《ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx》
4《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》or 4《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》

まずは、サブカラーの選択が肝だと思うわ。
赤を選択するメリットは、
《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka》
《歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler》
の採用ができることに加え、サイドボードに、
《弧状の稲妻/Arc Lightning》
《大地の断裂/Seismic Rupture》
等の軽量の全体火力を取れることだわ。
特に《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka》は、ミラーやアブザンに対して滅法強く、
直接触ることが苦手なプレインズウォーカーにたいしても強くなるわ。

一方、白を選択するメリットは、
《見えざるものの熟達/Mastery of the Unseen》
《ドロモカの命令/Dromoka's Command》
を取ることができ、サイドボードに、
《異端の輝き/Glare of Heresy》
を取れることだわ。
《見えざるものの熟達/Mastery of the Unseen》は青黒コントロールや赤単に対する耐性がつき、
《ドロモカの命令/Dromoka's Command》は軽量除去にもなるし、
メインから積める置物破壊として鞭を使うデッキ全般に対して耐性がつくわん。

まずは、このタッチカラーの選択が肝要だわん。
前回のプロツアーでは、赤タッチのほうが活躍していたものの、
赤単、青黒コンがそれぞれ1位、2位だったことを考えると、
メタ読みとしてはあえて白をタッチする選択のほうが理にかなっているような気がするわ。
しかし、同型の赤タッチタイプには大きく遅れを取りそうだから、何らかの手は打たないとダメだと思うわ。


クリーチャー/19+?枚
1マナ域
4《エルフの神秘家/Elvish Mystic》
2マナ域
4《森の女人像/Sylvan Caryatid》
3マナ域
4《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
4マナ域
3《世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos, World Eater》
5マナ域
4《囁きの森の精霊/Whisperwood Elemental》
―――ここまで確定枠―――
以下、採用候補枠
2マナ域
《爪鳴らしの神秘家/Rattleclaw Mystic》
《旅するサテュロス/Voyaging Satyr》
《棲み家の防御者/Den Protector》
上2つは合わせて3〜4枚採用したいところ、
赤タッチなら《爪鳴らしの神秘家/Rattleclaw Mystic》の方が単独で4T6マナアクセスが出来る分良いような気がするけれど、
赤単がメタにいることを想定すると、タフネス2の《旅するサテュロス/Voyaging Satyr》も捨てがたい。
最近の赤単はゴブリントークンをぶんぶん出して、数で押してくることを考えると、
一方的にそれを討ち取れるタフネス2は偉大な気もする。
《棲み家の防御者/Den Protector》は赤単に対して無力なことを考えると、やはり採用しにくいかなあ・・・

3マナ域
1《死霧の猛禽/Deathmist Raptor》
2《加護のサテュロス/Boon Satyr》
候補とはいえ、枚数は控えめにしたものの、そもそも採用する価値が有るか微妙なラインだわ。
初手のキープ基準としては、12枚搭載のマナクリを活かして、
3T目に4〜5マナにアクセスするか、3T目マナクリから狩猟者→アド確保コースだと思うわ。
それ以外のハンドをキープする価値が有ること言うと微妙なので、そもそもこいつらを採用する意味があるか非常に疑わしい。
とは言え、どちらも青黒コントロールに対して有効な札なので、メタを考えると採用してみたい気もする。

4マナ域
1《世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos, World Eater》
2《狩猟の統率者、スーラク/Surrak, the Hunt Caller》
1《ティムールの剣歯虎/Temur Sabertooth》
素直に行くのなら、ポルクラノスの追加だと思うわ。
しかし、速攻や破壊耐性+精霊とのコンボでアド確保マシーンの剣歯虎も捨てがたいわ。
ポルクラノスは、包囲サイを有するアブザンやライフがレッドゾーンになっていなければ、
トークンや赤単にには滅法刺さると思うけれど、青黒コントロールには無力だわ。
速攻持ちだとか、破壊耐性のある後者2枚を選択する方がいいような気もするわ。
4マナ域の生物は、4~6枚程入れたいけれど枚数調整が課題かな・・・

5マナ域以上
《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka》
《起源のハイドラ/Genesis Hydra》
《高木の巨人/Arbor Colossus》
赤をタッチするなら《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka》は鉄板。入れないのなら、赤タッチの意味は無いレベルだわ。
《起源のハイドラ/Genesis Hydra》もアド獲得できる上に、1枚で盤面を返せる可能性を秘めているので是非採用したいわん。
ちょっと枚数増やしてみたいと思うのが、《高木の巨人/Arbor Colossus》だわ。
《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka》のCIPに耐え、怪物化でこいつ殺せるわ。
青黒コンの《氷瀑の執政/Icefall Regent》《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》も除去が飛んでこない前提だけれど、ターン返してもらえれば殺せるわ。
これだけドラゴンが跋扈する環境なら、採用枚数増やしてみるのも有りだと思うけれど、どうだろうね・・・


その他の呪文/??枚
《見えざるものの熟達/Mastery of the Unseen》
《ドロモカの命令/Dromoka's Command》
白をタッチするなら絶対に積みたい2枚だわ。
破壊しづらい置物で、マナさえ潤沢なら恒久的にアドバンテージを確保できる《見えざるものの熟達/Mastery of the Unseen》
メインから置物耐性がつき、バーンのダメージを軽減しつつ生物除去できる《ドロモカの命令/Dromoka's Command》
白を選択するとトップメタへの体制が結構付く気がするわ。
アタルカの有無は大きい物の、ミラーのアタルカケアができれば、白のほうが理にかなっている気がするんだよなあ・・・

《世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwaker》
コントロールに対して恒久的にクロックを生産でき、マナブーストもできるわ。
折角買ったんだから採用したいわ

《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
出せれば、盤面の制圧力は半端じゃないわ。
余事クリーチャーが残せるのも◎。

《歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler》
コントロールに恒久的にクロックを生産できるのでやっぱり強いわ。


サイドボード/15枚
《ナイレアの信奉者/Nylea's Disciple》
まず、足の早いデッキに対してどうしようもない側面があるので、4積みするわ。
サイドに○○4枚って気分的に過剰サイドっぽくてあんまり好きじゃないんだけれど、
4マナ域以上に素早くアクセスするのが目的なデッキなのに、
目的通りアクセスできても赤単に対しての有効札がなさすぎるので仕方ないね。
とはいえ、単純なカードパワーは低いのでメインに積む気にはならないよなあ・・・


《世界を目覚めさせる者、ニッサ/Nissa, Worldwaker》
《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
《歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler》
サイドからのコントロールに対しての回答は正直プレインズウォーカーしかないわ。
サイドからこれらを投入して、何とか頑張るわ。

《再利用の賢者/Reclamation Sage》
赤タッチの場合の置物対策はこれしかないと思うわ。

《洗い流す砂/Scouring Sands》
《大地の断裂/Seismic Rupture》
赤タッチの強い点は、サイドに軽量の全体火力がとれることだわ。
でもプロツアーの配信見ていたら、悲哀まみれ抱えているのに、
ズルゴにピンポンダッシュされまくって死んでいたのが見えただけに過信は禁物なんだよなあ・・・

《異端の輝き/Glare of Heresy》
白に対する鬼メタカードだわん。
ソーサリーではあるものの、エルズペスや包囲サイに対して滅法刺さるので白タッチするなら是非入れたい1枚だじぇ!

うう、緑中心だとやっぱりサイドボードが弱いな・・・





とりあえず、構築の指針はこんなものだわん。
後4日あるから、構築を煮詰めていくわ。
posted by 夢珠 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

ゲームデーに向けてデッキ構築中だお

なんだかんだ言って、結構シングルで注文してしまったお・・・
全部で4,50000円分くらい・・・

誰だ、タルキール龍紀伝は塩とか言った奴は・・・!
今日のプロツアーとか見ているとプレイアブルなカードめちゃくちゃ多いじゃないかお!?
こんなことになるなら、パック剥き剥きすればよかったわん・・・

しかし、ロマン親和枠かと思っていた龍王サイクルだけれど、まさかこんなに採用されるとは思ってもいなかったお。
せいぜいオジュタイがデッキによっては1〜2枚採用される位だと思っていたのに、まさかのアタルカ様大躍進!
7マナと激重なのに緑信心に3〜4枚採用されるという、ぶっ飛びっぷりだお!

そして、囁きの森の精霊がやばい・・・!
運命再編直後は、全然使われずに一時期1000円切るくらい迄暴落していたのに、
今となっちゃあ緑の濃いデッキにはまず4積みされていますお・・・
抑えておいて本当に良かったわん・・・
運命再編発売の翌週だかにコバケン様帰ってきて、囁きの森の精霊使われて「あっ、これはアカン奴だ・・・」って思って慌てて揃えて本当に良かったお・・・
コバケン様、後に強カードになるようなカードに目をつけるのがすごく早いおね!
そして、囁きの森の精霊のFOIL引いていなかったっけ・・・

使うデッキの候補は、
・シディシウィップ
・アブザンミッドレンジ
・ジェスカイテンポ
・緑単t赤信心
・緑単t白信心
・緑単t赤白信心
この辺りから適当に当たりをつけていくじぇ!
仕事帰りにふとよった先で、ニッサ様が1800円で投げ売りされていたの買っちゃったから緑単信心組めるようになったんだおね!
posted by 夢珠 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

モダンマスターズに収録されるであろうレア土地

いつもの勝手な予想第2弾だお!

まず予想する上で重要なのは、
モダンマスターズにおいてリミテッドのグランプリが開催されることが決定していることだお。
つまり、ただの再録セットではなく、通常のエキスパンション同様、
リミテッドのバランス調整を前提としたカードチョイスになっているということだお!
それを踏まえて考えていかないと、何の予想も立たないものね!
まずはMTGは原点がリミテッドに有りきなので、そこを蔑ろにしちゃいけませんお!
ということで、身勝手な考察開始!

ではまず、収録範囲にある全レアリティの2色以上の土地は・・・、

■ミラディンブロック
・レア
空僻地/Glimmervoid(5色土地)(※前回再録済み)


■神河ブロック
・コモン(おやすみランドの友好色5枚サイクル)
頂雲の湖/Cloudcrest Lake
灯籠の灯る墓地/Lantern-Lit Graveyard
平穏な庭園/Tranquil Garden
松の頂の峰/Pinecrest Ridge
水まといの洞窟/Waterveil Cavern

・レア
禁忌の果樹園/Forbidden Orchard


■ラヴニカブロック
・コモン(バウンスランドの10枚サイクル)
ボロスの駐屯地/Boros Garrison
ディミーアの水路/Dimir Aqueduct
ゴルガリの腐敗農場/Golgari Rot Farm
セレズニアの聖域/Selesnya Sanctuary
グルールの芝地/Gruul Turf
イゼットの煮沸場/Izzet Boilerworks
オルゾフの聖堂/Orzhov Basilica
アゾリウスの大法官庁/Azorius Chancery
ラクドスの肉儀場/Rakdos Carnarium
シミックの成長室/Simic Growth Chamber

・レア(ショックランド10枚サイクル)
聖なる鋳造所/Sacred Foundry (山+平地)
湿った墓/Watery Grave (島+沼)
草むした墓/Overgrown Tomb (沼+森)
寺院の庭/Temple Garden (森+平地)
踏み鳴らされる地/Stomping Ground (山+森)
蒸気孔/Steam Vents (島+山)
神無き祭殿/Godless Shrine (平地+沼)
神聖なる泉/Hallowed Fountain (平地+島)
血の墓所/Blood Crypt (沼+山)
繁殖池/Breeding Pool (森+島)


■時のらせん
・レア
宝石の洞窟/Gemstone Caverns(5色土地)

・タイムシフト
宝石鉱山/Gemstone Mine(5色土地)


■未来予知
・レア(能力は別々なものの未来予知ランドの5枚サイクル)
雨雲の迷路/Nimbus Maze
偶像の石塚/Graven Cairns
地平線の梢/Horizon Canopy
涙の川/River of Tears
燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows


■ローウィンブロック
・アンコモン(ヴィヴィッドランド5枚サイクル)
鮮烈な草地/Vivid Meadow(※前回再録済み)
鮮烈な小川/Vivid Creek(※前回再録済み)
鮮烈な湿地/Vivid Marsh(※前回再録済み)
鮮烈な岩山/Vivid Crag(※前回再録済み)
鮮烈な林/Vivid Grove(※前回再録済み)

・レア(部族土地8枚サイクル)
古の円形劇場/Ancient Amphitheater (巨人)
婆のあばら家/Auntie's Hovel (ゴブリン)
光り葉の宮殿/Gilt-Leaf Palace (エルフ)
人里離れた谷間/Secluded Glen (フェアリー)
ワンダーワインの分岐点/Wanderwine Hub (マーフォーク)
ひなびた小村/Rustic Clachan (キスキン)
つぶやき林/Murmuring Bosk (ツリーフォーク)
原初の彼方/Primal Beyond (エレメンタル)


■シャドウムーアブロック
・レア(ハイブリッドランド10枚サイクル)
秘教の門/Mystic Gate
沈んだ廃墟/Sunken Ruins
偶像の石塚/Graven Cairns
火の灯る茂み/Fire-Lit Thicket
樹木茂る砦/Wooded Bastion
悪臭の荒野/Fetid Heath
滝の断崖/Cascade Bluffs
黄昏のぬかるみ/Twilight Mire
岩だらけの大草原/Rugged Prairie
溢れかえる果樹園/Flooded Grove


■アラーラの断片ブロック
・コモン(全景5枚サイクル)
エスパーの全景/Esper Panorama
グリクシスの全景/Grixis Panorama
ジャンドの全景/Jund Panorama
ナヤの全景/Naya Panorama
バントの全景/Bant Panorama

・アンコモン(友好色トライランド5枚サイクル)
海辺の城塞/Seaside Citadel
崩れゆく死滅都市/Crumbling Necropolis
ジャングルの祭殿/Jungle Shrine
秘儀の聖域/Arcane Sanctum
野蛮な地/Savage Lands

・レア
風変わりな果樹園/Exotic Orchard(相手の出せるマナ)


■ゼンディカー
・アンコモン(隠れ家5枚サイクル)
セジーリの隠れ家/Sejiri Refuge(白青)
ジュワー島の隠れ家/Jwar Isle Refuge(青黒)
アクームの隠れ家/Akoum Refuge(黒赤)
カザンドゥの隠れ家/Kazandu Refuge(赤緑)
灰色革の隠れ家/Graypelt Refuge(緑白)

・レア(対抗色フェッチランド5枚サイクル)
湿地の干潟/Marsh Flats (平地/沼)
沸騰する小湖/Scalding Tarn (島/山)
新緑の地下墓地/Verdant Catacombs (沼/森)
乾燥台地/Arid Mesa (山/平地)
霧深い雨林/Misty Rainforest (森/島)


■ワールドウェイク
・レア(友好色ミシュラランド5枚サイクル)
天界の列柱/Celestial Colonnade
忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit
溶岩爪の辺境/Lavaclaw Reaches
怒り狂う山峡/Raging Ravine
活発な野生林/Stirring Wildwood


■エルドラージ覚醒
・コモン
進化する未開地/Evolving Wilds


■ミラディンの傷跡ブロック
・レア(傷跡ランド5枚サイクル)
剃刀境の茂み/Razorverge Thicket
金属海の沿岸/Seachrome Coast
銅線の地溝/Copperline Gorge
黒割れの崖/Blackcleave Cliffs
闇滑りの岸/Darkslick Shores



以上、2色以上に繋げる土地の選択肢はこんなにもありますお!

ここで、リミテッドのバランスを考える前提で重要なのは、
エキスパンションに収録されるレア土地の枚数だお。
レア枠からあまりにも土地が出てしまうようだと、リミテッドのバランスがよろしくないからか、
最近のセットでは2色土地は多くても5枚程度のサイクルに収められていますお。
よって、10枚でサイクルを形成するカードの収録はちょっと考えられないと思いますお!
(かつて基本セットに1回だけ10枚サイクル再録したことはあるけれどね!)
そうすると、残念ながら最近絶賛高騰中のシャドウムーアブロックのハイブリッドランドの収録はまずありえないと思いますお・・・
同じく、ラヴニカブロックのショックランド、ローウィンブロックの部族ランドも期待薄だと思いますお。

そうするとかなり選択肢は限られてきませんかお?
2色ランドに限定するとなると、残るのは・・・
■未来予知のサイクル
■ゼンディカーの対抗色フェッチランド
■ワールドウェイクの友好色ミシュラランド
■ミラディンの傷跡の傷跡ランド
なんとこれだけになりますお!

しかし、ゼンディカーの対抗色フェッチランドについては、
ここで再録するくらいなら、9月発売の戦乱のゼンディカーにおいて再録されるかと思うので、
レア土地の2色土地で再録の可能性があるものは僅か3サイクル!
値段的に言えば、傷跡ランドが一歩遅れを取りますが、どれも非常に有効なカードですお!
当り障りのないのは傷跡ランドなんだろうけれど、
5000円近くなっている燃え柳の木立ちと地平線の梢が欲しいので、
個人的には未来予知のサイクルを再録してもらいたいところだお・・・



ところが・・・、
ここで、リミテッドを前提とした時にある問題点が出てきませんかお?

そう、エルドラージの存在ですお!
すでに引き裂かれし永劫、エムラクールの再録は確定しており、
それのカードナンバーが3であることを考えれば、
非アーティファクト無色のアルファベットE以前のカードが少なくとも2枚は含まれることになりますお。
実は、非アーティファクト無色でE以前のカードって3種類しかないんですおね・・・
1枚は地味なので忘れたけれど、残りの2枚はそれぞれ、
全ては塵とエルドラージの徴兵ですお。
つまり、エムラクール以外にも高マナを要求するエルドラージの存在が確定的なわけですお。
解放されし者、カーンも再録が確定していますしね!

そうなってくると、1セットでこれらを使用できるようにバランス調整をする必要があるわけだから、
高マナ域にアクセスするための土地カードがまず間違いなく再録されるはずですお!
例えば、ウルザランド3種類やエルドラージの寺院、ウギンの目等のカードですおね!
特にウルザランドは、モダンのトロンのキーパーツで、かつ前回再録を逃しているので、
今回は来るんじゃないかと思っていますお!

また、まだ全く情報は出ていないものの、ミラディンの傷跡が収録範囲にあるのであれば、
リミテッドにおいても感染クリーチャーは非常に優秀な戦力になってくると思いますお。
つまり、感染つながりで墨蛾の生息地等の収録も十分考えるわけでして・・・

そうなってくると、それらに加えて2色土地5枚ものスペースが、なお土地のスペースにあるか甚だ疑問になってきませんかお?
つまり、前回同様2色土地サイクルなしの可能性も十分あるというわけだお・・・

無理やりまとめると、

・そもそも2色のレア土地サイクルなし
・2色のレア土地サイクルが再録されるとしたら、先に上げた3種類以外は絶望的

こんなところでどうでしょうかお・・・

後2〜3週間ほどでスポイラーが始まると思いますけれど、
WotCさん、できれば未来予知の土地を再録でお願いしますだお!
posted by 夢珠 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基本土地へのこだわり(島)

2回目は順番通りに「島」だお!
個人的に好みのイラストの島を集めていたらかなりの枚数になってしまったおw


リバイズド#287

リミテッドエディションにも同じイラストの島があるけれど、
印刷の色合いはリバイズドのが一番好みなんだよなあ・・・
夕焼けに佇む島に見入っちゃうお・・・



第5版#425

若かりし頃にMTGをやっていた時に見初めた島だお。
島の影のかかり具合、空と海の色選びが非常に秀逸な一枚だお



ミラージュ#300

リバイズドのと同じく夕焼けの海をモチーフにした1枚。
ミラージュの舞台はジャムーラ大陸と呼ばれるアフリカ風の世界観で、
それまでの西洋的な世界観とは一線を画し、独特で好きw



ポータル・セカンドエイジ#154

John Avon氏のオーソドックスな島。
氏のイラスト大好きなんだお!独特の光の演出が本当に天才的だおね!
でも、この時は、まだそんなに独特って感じがしないなあ・・・
日本にこの手のイラストレーターさん少なくてものすごく残念だお・・・



ウルザズ・サーガ#338

悪名高きウルザブロックの島だお!
ウルザブロックの青い色というとトレイリアをイメージするおね。
これもやっぱりトレイリアをイメージしたものなのかな?
ちなみに白はセラの聖域、黒はファイレクシア、赤はシヴ、緑はアルゴスなイメージなんだけれどどうなんだろうw
トレイリアのアカデミー?
何を言っているんだマロー君!社長室に行こう!



ミラディン#291

金属海を描いた1枚。
金属次元のミラディンらしくなんとも独特かつ人工物的な美しさを兼ねる世界観ですお。
後にファイレクシアの侵攻を受け汚染されることになるが・・・
それについては、この後すぐ!



新たなるファイレクシア#236

ファイレクシアの油が流れ込み汚染された金属海・・・
ゼンディカーにも帰還することになったし、
次は、そろそろミラディンやファイレクシア関連の話が掘り下げられそうでwktk



アンヒンジド#137

John Avon氏の描くフルアートでシンプルな島。
1枚2000円くらいで変えて目立つので、あたちのレガシーのデッキの島はみんなこれだお!



ローウィン#287

ローウィンのお花畑ランド。
島なのにものすごく色鮮やかで異色の1枚だお。



ローウィン#288

ローウィンは人間の居ない次元だけれど、
それでいてどこか牧草的な雰囲気が素晴らしい。
#287もそうだけれど島というよりは湖だったり川だったりするおね!
この辺りからその手の島がちらほら出てくる気が・・・
あ、それ以前にラヴニカあったおね・・・



アラーラの断片#236

エスパーの断片の島。
人工物的で非常に独創的で異色な1枚。
エスパーの土地全てに言えるけれど、空の模様がすごく特徴的で( ・∀・)イイ!!









ゼンディカー#234、235、236、237

お ま た せ !
ゼンディカーは前半は探検がテーマだけあって、
本当に未知の地を探検しているかのような雰囲気が漂っているおね。
ゼンディカーのフルアートランドの島はどれもが本当に素晴らしい。
見ているだけで、その世界観に引き込まれるかのような迫力がある。
どれも素晴らしいけれど、しいて挙げるならJohn Avon氏の描く#234の島が本当に至高だお。
光の表現が本当に特徴的かつ幻想的で、プレイしていてこの島を並べるのがほんとうに楽しいw
私の島は大抵のデッキがこれを利用していますおっおっお。
スタンダードとモダンのデッキは、全てゼンディカーの土地を使っていますお!



エルドラージ覚醒#235

エルドラージ覚醒の面晶体の描かれた島。
空は叫び、海は荒れ、まさにその時を迎えようとしている様が読み取れる1枚だお。
はてさてどうなる戦乱のゼンディカー・・・



ラヴニカへの回帰#256

都市国家ラヴニカの島だお。
流れるプールと個人的に読んでいる1枚。
だまし絵みたいな感じがして面白いよねw



コールドスナップ#152

コールドスナップの冠雪の島。
島というよりは雪山にも見えるけれど、青マナが出る基本土地は島なんだよなあ・・・



ユーロランド#2

スカンディナビアのボルンホルム島を描いたとされる島。
氷河がとっても綺麗・・・
例によって初期のプロモなので希少な島ですお・・・



ユーロランド#7

イタリアのヴェネツィアを描いた1枚。
稀少なユーロランドの中でもとりわけ高価な1枚。
これも欲しい島なんだけれど、なかなか手が出せないんだお・・・



APACランド#7

これまた異色な島。
もちろんイメージは日本だお!
場所については、これは言及されていないんだよなあ・・・



グルランド#2

お ま た せ !
基本土地で最高額のグルランド島。
ただの基本土地なのに、当然諭吉程度では購入できませんお・・・
島にかぎらずグルランドは、太陽と二つの月が織り成す二重の月食の様子が描かれておりますお。
二つの月はそれぞれ、天然の月の霧月と、スラン時代に打ち上げられた人工の月の虚月だお。
ちなみに小さいほうが虚月だお。
そんな訳でドミナリアには、月が2つあるんだお!ここ試験に出るお!





以上、今回は島を取り上げてみたお。
島は幻想的で、ゆめたまちゃん的にストライクど真ん中なイラストが多くてどうしても枚数が増えてしまうおw
posted by 夢珠 at 00:05| Comment(2) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

MTG今月のお買い物



土地単のパーツもだんだんと揃ってきましたお。
残す高額カードは、
《暗黒の深部/Dark Depths》
《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
くらいになりましたお。

《暗黒の深部/Dark Depths》はモダン禁止だからまずありえないけれど、
《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》はモダンマスターズ2015に再録の可能性も残されているので様子見。
意外と早く完成させることができそうだおっおっお!

長い名前の土地?
何それ?
そんなの知らないお〜?
posted by 夢珠 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

基本土地へのこだわり(平地)

MTGのいいところはやっぱり土地カード!
その舞台となる次元の世界観がわかるのがすごくいいよね!
ファンタジー大好きだから、あたち的には舞台設定や世界観は欠かせない要素なんだけれども、
どうもキャラクターにばかり焦点があたって、
世界観が置いてきぼりになっちゃっているゲームが多くて残念だおね・・・
私、基本的に風景画が好きだんだお!

そんな訳でMTGの好きなイラスト土地カードを紹介していくお!
今日は基本土地の平地だお!


リミテッドエディション アルファ #285

MTG最初の平地、アルファというだけあって神々しくもある・・・
最近のイラストと違って、ものすごく油絵というか絵画的できれいな1枚だお。



アイスエイジ #350

冠雪の平地。
青マナも出そうだけれど、あくまでも平地。
夜+雪景色で幻想的で引きこまれそうだお・・・



ウルザズサーガ #332

人工の次元、セラの領土を描いた一枚。
雲上の平地、どこまでも続く空がこれまた美しい。
この後、ファイレクシアの侵攻を受けて汚染され、
ウルザに次元ごと圧縮されパワーストーンになってしまうことを考えるとぐっとくるお・・・



時のらせん #285

黒マナが出そう・・・



ゼンディカー #233

面晶体の描かれた平地。
ゼンディカーの土地全般に言えるけれど、面晶体の描かれている土地はすごく好き。
やがてエルドラージの封印が解かれちゃうのにね・・・




イニストラード #250
アヴァシンの帰還 #230

それぞれイニストラードの同地点を描いた土地であるけれど、
アヴァシンが居なくなり、闇に包まれているイニストラードの平地と、
アヴァシンが獄庫から解き放たれ、光に満ち満ちているアヴァシンの帰還の土地。
イニストラードの佳境であり、人類が一転攻勢をするような場面だけあって、
非常にストーリー性を感じられる土地だお!
なんというか中二臭さが非常にかっこいい!



ユーロランド #4

イギリスのスコットランド高原地帯を描いた1枚。
15年位前のプロモカードであるので、入手は困難だけれど非常に綺麗な1枚だお。



ユーロランド #9

オランダの低地地帯を描いた1枚。
すずらんのような白い花がとても印象的だおね!
そして、例によって基本土地なのに結構なレートで取引されておりますお。



APACランド #4

APACは「あじあ−ぱしふぃっく」の略なんだってお。
例によって初期の稀少なプロモカードなのに、
有名すぎておなじみとなりつつあるひまわりランド。
ちなみに、描かれているのは地方は不明なものの日本のイメージで書かれているとのことですお。
グルランドほどではないものの、これまた非常に高価で取引されておりますお。
余裕があれば欲しい1枚だお・・・




以上、今回はお気に入りの平地カードだお!
他にもおすすめな平地カードあったら、あたちにも教えてほしいお!
posted by 夢珠 at 23:33| Comment(3) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

タルキール龍紀伝

発売日に送別会入っていて、いつもの様にお休みがとれなかったので、
購入を検討していたら、幸いにも発売日になってしまいましたお。

レア以上にそんなに欲しいカードがないので、
コモン・アンコモンのコンプセット+欲しいレアをシングルで揃えるお。

今すぐに欲しいレアって、正直あんまりないんだおね。
ナーセット6,000円以上で予約していたのに、蓋を開けてみれば2つのSCGにおいて、上位入賞0。
特にリッチモンドにおいてはベスト40のデッキ全てで見ても採用枚数0ときたもんだお・・・
書いてあることは超強いのに、環境に合わないために使われないかわいそうな子になってしまいそうだね。

今欲しいカードは、アンデッドの大臣、シディシ、鐘突きのズルゴ、雷破の執政、死霧の猛禽、アタルカの命令、ドロモカの命令くらいかなあ・・・

モダンマスターズ2015に既に7万円以上ぶち込んでいるし、
土地単のパーツもほしいから、今回は控えめで行こうかしら。
あたちの主戦場はあくまでもレガシーだものね・・・
posted by 夢珠 at 19:11| Comment(2) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。