2014年08月03日

日本国内ではじめてのレガシーのグランプリが開催されることが決定よん!

なお、2015年の上半期にはモダンのグランプリは開催されない模様・・・

コンスピラシーとか統率者みたいなエターナル限定のセットの売上が好調なのに加えて、
テーロス入ってからのスタンダードが産廃なための下の環境の人口増・・・
この辺を受けて、とうとう日本国内でもレガシーのグランプリが開催されるみたいですお。

これが示すことは一つだけだおね!
国内でレガシーのグランプリが初開催されることに加えて、
モダンの資産を持っている人間のレガシー参入することからの、旧枠の優良カードの高騰・・・

来年の4月に京都で行われるみたいだから、興味のある人は遠征してね!
わたし?わたしはおうちでのんびりしているね!


しかし、モダンやっている人がレガシー参入する上で追加しないといけないカードって、
《不毛の大地/Wasteland》、《force of Will》、デュアルランドこの辺だけなんだおね・・・

うん。
カイジくんじゃないけれどあたちも落ちているお金はひろう主義だおっおっお!
モダンマスターズよりも明らかな、ハズレのない宝くじだよね、これはw

《不毛の大地/Wasteland》と《Force of Will》は再録禁止じゃないため、
先日のコンスピラシーのスタイフルやミスディレクションみたいに再録しかねないから、
あたちは手を出すのは辞めておこ・・・
さすがにすぐに再録ってことはしないと思うし、実際しないのはほぼ確実だけれど、
私は約束された勝利にしか手を出さないんだじぇ・・・

となれば、相方のフェッチランドも再録されそうなだけに、今買うべきものはあれしかないじぇ!
とりあえず、10種40枚揃えてきますよん!
ハズレのない宝くじ最高だおっおっお!

なお、先日の苦花で20K、塩漬け中のモダマスで100K浮いている模様・・・
結構高いカードも購入しているけれど、その分抑えるところは抑えているから、
MTGに関しては、収支という形にするとそこまで大きなマイナスじゃないのよね〜
posted by 夢珠 at 11:45| Comment(2) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

おまいらもモダンやろうじぇ!

コバケン様もスタンダード以上にモダンに興味を示されたようですお!
今のスタンダードつまらないものね!
お金かけるなら、ローテーションもなく、ゲーム展開の楽しいモダンがオススメだお!

昨日ちょっと触った感じだと、イニストラード−ラヴニカへの回帰のスタンダードのデッキをベースにちょっと追加すれば普通に戦える感じだったお。
フェッチランドはレガシーのデッキに回されちゃっているので入っていないけれど、トリコロールのコントロールならほとんど問題なしだったじぇ!
大会出るときだけ、レガシーのデッキから引っこ抜けば問題ナッシングなのですお!

トリココンは、とりあえずボーラスの占い師を前兆の壁に差し替えれば、フェッチランド以外完成しちゃうかんじだお!
手持ちのカードプール(というかモダンマスターズ)さまさまだけれど、リファイン代金わずか1000円ちょいだお!


後は、もう2つくらいデッキを作りたいところ。
今日見積建てた感じだと、
1つ目のデッキは、例によってフェッチ妥協で新渡戸稲造リリースで完成しちゃいそうだお!

もう1つのデッキは、《貴族の教主/Noble Hierarch》を妥協すれば7000円位、
妥協しなければ2.5諭吉くらいで作れちゃいそうだお!
《貴族の教主/Noble Hierarch》はワンチャンデュエルデッキに再録されるかもと思っていたけれど、
迅速の方のカラーがオロスカラーの時点で、色合わない=ノーチャンスなので、
しならくは再録の見込みはなさそうね!
よし、《貴族の教主/Noble Hierarch》は妥協せずに買っちまうじぇ!
しかし、なんだか秋発売の統率者2014に収録しそうな気がして怖いんだよなあ・・・
2013版も再録連打しまくったせいで、ネメシスでさえもあの値段だからなあ・・・
再録されたら泣けばいいか・・・

というわけで、3諭吉リリースで、モダンのデッキを2つ新規に作成しますおっおっお。
デッキが3つもあれば十分だよね!ね!
フェッチランドなんて当面はいらないと思って、おまいらもモダンやろうじぇ!
大会に出ないのであれば、マナベースはショックランド+M10(イニスト)ランドで十分だったお!
posted by 夢珠 at 23:50| Comment(4) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モダン始めましたお

冷やし中華モダンはじめましたお!

デッキは、イニストラード−ラブニカへの回帰期に使用していたトリコフラッシュをベースに作りましたお。

とにかく呪文が優秀だおね!

特に、軽い呪文《稲妻/Lightning Bolt》や《流刑への道/Path to Exile》、《マナ漏出/Mana Leak》あたりがとにかく優秀だじぇ・・・

モダン仕様にするのに際して買い足したカードは、《天界の列柱/Celestial Colonnade》くらいだじぇ!
後は手持ちのカードプールとモダンマスターズから出てきたじぇ!

とりあえず、こいつを煮詰めていくことにするじぇじぇじぇ
posted by 夢珠 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

デッキ晒しだお!

レガシーばっかりやっている〜♪
スタンダードがつまらないんだから、仕方ないんだお!

【チームアメリカ】

フォーマット:レガシー

【土地/19枚】
2《Bayou》
4《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2《Tropical Island》
4《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3《Underground Sea》
4《不毛の大地/Wasteland》

【クリーチャー/15枚】
4《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
1《墓忍び/Tombstalker》
2《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》

【その他の呪文/26枚】
2《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
4《Hymn to Tourach》
4《思案/Ponder》
4《渦まく知識/Brainstorm》
4《目くらまし/Daze》
4《Force of Will》
4《突然の衰微/Abrupt Decay》

【サイドボード/15枚】
2《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
2《思考囲い/Thoughtseize》
2《見栄え損ない/Disfigure》
1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1《水没/Submerge》
2《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
2《呪文貫き/Spell Pierce》
2《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1《真髄の針/Pithing Needle》





行か、的はずれなコメントコーナーだお!

2《Bayou》
2《Tropical Island》
3《Underground Sea》
お☆ま☆た☆せ
頑張って少しずつ集めているじぇ!
純粋に色マナが出る土地という観点から見ると、この7枚のみだじぇ!
基本土地入っていないから、
後手の場合は同型のテンポデッキにハメ殺されないようなハンドをキープしないと危ないんだじぇ!

4《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
4《霧深い雨林/Misty Rainforest》
もう恒例になったけれど、色が一部合っていないんだじぇ!
オンスフェッチ再録しちくり〜♪

4《不毛の大地/Wasteland》
0マナのランデスカード、つよい(確信

4《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
スタンダードじゃパットしないけれど、下の環境に行くと大化けするんだじぇ!
モダンだとあまりの強さにBANされちゃったんだじぇ!

4《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
☆デルバー☆変身☆パンチ☆
《渦まく知識/Brainstorm》と《思案/Ponder》おかげで簡単に裏返るじぇ!

4《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
とうとう2諭吉突破しちまいましたじぇ・・・
はやいうちに買っておいて本当に良かったお・・・

1《墓忍び/Tombstalker》
2枚あってもいいと思うけれど、この手のカードはピン積みが好きだじぇ!
《稲妻/Lightning Bolt》で落とされないし、
飛んでいるからカウンター握れていればグッドゲームだじぇ!

2《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
最近流行りのデスタク殺すマンだじぇ!
地上ビタ止まりにできるからすごいんだじぇ!


2《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
めちゃくちゃ強いけれど、3マナとめちゃくちゃ重いんだじぇ・・・
このデブババアめ!
《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》経由で2Tに3マナにアクセスできればゲームを決めかねないじぇ!

4《Hymn to Tourach》
《思考囲い/Thoughtseize》、《陰謀団式療法/Cabal Therapy》と並んでハンデス3強だと思うんだじぇ!
どれが一番強いかという議論は不毛だけれども、わたしはこいつが一番好きだじぇ。

Hymn to Tourach (黒)(黒)
ソーサリー
プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、カードを2枚無作為に選んで捨てる。

このシンプルなテキストが好きだおw
他の2枚と違って何を選択するか選ばなくていいのも好きw
なんていうか、打てばアドが取れるただ強カードだおねw
某遊戯王禁止のいたずら好きな双子悪魔よりも強いんだじぇw

4《思案/Ponder》
4《渦まく知識/Brainstorm》
《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》を安定して変身させるために、
あるいは土地の枚数をギリギリまで切り詰めるためには、必須なカードだじぇ!
ゼロックス理論に基づいて組まれたデッキ好きだおw
コントロールデッキなのに土地19枚(マナ出す目的の土地カードは15枚)って素敵だお!

4《目くらまし/Daze》
先攻だと理不尽なほど強いじぇ・・・
後手の時は、やや出遅れるから一部別のカードと差し替えたいところ・・・

4《Force of Will》
テンポデッキにおいては、ただ強だじぇ!
奇跡コンとかが積むとアド損が痛いけれど、
アド損が効いてくる前に決められるデッキなら関係ないんだじぇ!

4《突然の衰微/Abrupt Decay》
値上がりしろ〜、値上がりしろ〜!
打ち消されない万能除去カード。
2マナと重いのだけが玉に瑕。

2《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
3人に勝てるわけ無いだろ!

2《思考囲い/Thoughtseize》
コンボ殺すマン!
枚数は抑えめだじぇ・・・

2《見栄え損ない/Disfigure》
ビート殺すマン!
枚数は抑えめだじぇ・・・

1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
ストーム殺すマン!
いっぱい積んでも仕方ないんだじぇ・・

1《水没/Submerge》
ビート殺すマンA
店舗面でも大きく有利に立てる上に、相手が森をコントロールしていると0マナで打てるんだじぇ!

2《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
ネメシス殺すマン!
ただし、自分のネメシスも死ぬ・・・
地味に《騙し討ち/Sneak Attack》もわれるじぇ!

2《呪文貫き/Spell Pierce》
コンボ殺すマンA
後手の時にカウンターがほしいマッチアップなら《目くらまし/Daze》抜いてこれね!

2《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
ドレッジ殺すマン!
墓地利用はゆるしまへん!
地味に値上がりしていて吹いたじぇ・・・

1《真髄の針/Pithing Needle》
色々殺すマン!
汎用性は高いんだじぇ!汎用性は・・・





チームアメリカはカナディアンスレッショルドの赤を黒に変えたようなデッキだじぇ!
そう、とどのつまりテンポデッキだお!
《稲妻/Lightning Bolt》を失った代わりに、
《Hymn to Tourach》を筆頭に黒の優良なハンデスと《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》や、
《突然の衰微/Abrupt Decay》、《墓忍び/Tombstalker》を詰めるようになったんだじぇ!
しかし、色拘束がきついのが回していて厳しいとつねづね思うじぇ・・・
後、メインの除去は万能除去カードだけれど、2マナと重いので痒いところに手が届かないことが多いじぇ!

回していて面白いデッキだったじぇ!
次はどんなデッキつくろうかな〜だじぇ!
オンスフェッチ再録されれば、色々作れるのになあ〜だお
posted by 夢珠 at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月11日

今更ながらヴィンテージマスターズ

MO限定のセットでヴィンテージマスターズなるものがあったそうですお!
再録禁止に引っかかるから紙では再録できないものの、データならおけなんですね!

目玉カードは・・・、
って、目玉カードが多すぎて草が生えますおwww
これ爆アドセットなんてレベルじゃないお!
モダンマスターズも凄まじかったけれど、
モダンマスターズなんてこれに比べてたら、鼻で笑われるレベルですお!

そして、再録カードの新規イラストかっこいいお・・・
気になった収録カードをピックアップしちゃうお!

 

 

 

 

 

ヴィンテージマスターズだけあって、基本のマナ基盤はやっぱり収録ですお!
再録禁止を無視出来るだけあって、最初っからやりたい放題だじぇ・・・
出来れば新枠新イラストにすればよかったのになあと思うじぇ・・・




Mishra's Workshop
土地
(T):あなたのマナ・プールに(3)を加える。このマナは、アーティファクト呪文を唱えるためにしか支払えない。


>(T):あなたのマナ・プールに(3)を加える。

・・・

・・・・・

・・・・・・・ファッ!?

アーティファクト呪文を唱えるためにしか・・・って書いてあるけれど、
この手のカードはそれを踏まえて使われるんだから、あってないような制限だおね!
現在こいつが使えるフォーマットは、もちろんヴィンテージだけだじぇ・・・

ちなみにやたらと高いアンコモンとして有名で、
アンコモンなのに、綺麗な状態なものは諭吉8人くらいの価値があるじぇ・・・




Bazaar of Baghdad
土地
(T):カードを2枚引き、その後カードを3枚捨てる。

わ〜、まなもでないし、つかうとあどぞんしちゃうぞ〜(棒
でも、あんこもんなのにゆきちさん4人くらいのかちがあるのね〜(棒
ふしぎだね〜(棒
あれ〜、あどぞんかーどなのにヴぃんてーじでしかつかえないんだ〜(棒




Tolarian Academy / トレイリアのアカデミー
伝説の土地
(T):あなたがコントロールするアーティファクト1つにつき、あなたのマナ・プールに(青)を加える。

The Top 50 Nonbasic Lands において堂々の第1位を獲得したマジキチランドだじぇ・・・
収録にあたり神話レアに格上げ・・・、うん、貫禄の神話レアだじぇ・・・




Library of Alexandria
土地
(T):あなたのマナ・プールに(1)を加える。
(T):カードを1枚引く。この能力は、あなたの手札にカードがちょうど7枚ある場合にのみ起動できる。

某DM1巻にて「勝ちゃんズルいぞ、禁止カードだ!」
こんなセリフで、DM1巻のNAC戦が始まった覚えがあるじぇ・・・

>この能力は、あなたの手札にカードがちょうど7枚ある場合にのみ起動できる。
うんうん、タップだけでドローできちゃうとさすがに強いから、制限をつけたんだね!
わかるよー。
マナが出せる土地な上に、タップだけでドローできちゃうなんて流石に許されないもんね、ハハッ。

あれれ〜、後攻なら1stドローがあるから、
Library of Alexandria をセットすれば、手札が7枚になるぞ〜
あれれ〜、先攻でも1Tこれセットして、2Tを迎えれば、手札が7枚になっているぞ〜
わからないよおー。

うん。納得のパワー10だじぇ・・・
もちろんヴィンテージ以外のフォーマットでは禁止カードだじぇ・・・




Balance / 天秤 (1)(白)
ソーサリー
各プレイヤーは、コントロールする土地の数が最も少ないプレイヤーがコントロールする土地の数に等しい数だけ、自分がコントロールする土地を選ぶ。その後、残りを生け贄に捧げる。同じ方法で、各プレイヤーはカードを捨て、クリーチャーを生け贄に捧げる。

新イラストの剣を模した天秤が中二臭くてかっこよすぎるじぇw
見ての通りの超絶パワーカードで使ってみたくはあるんだけれど、
ヴィンテージを除く全てのフォーマットで禁止指定されているから、
多分使うことはないんじゃろうなあ・・・




Force of Will (3)(青)(青)
インスタント
あなたは、Force of Willのマナ・コストを支払うのではなく、1点のライフを支払うとともにあなたの手札にある青のカードを1枚、追放することを選んでもよい。
呪文1つを対象とし、それを打ち消す。

新オラクルだと、こんなにテキスト欄すっきりするのね。
アライアンス版も元々は赤のカードのイラストだったらしく、それっぽいイラストだけれど、
こちらもそれを踏襲するようなイラストね!
デッキもう1個組みたいから、もう1セット欲しいんだよなあ・・・
1枚=1諭吉・・・




Ancestral Recall (青)
インスタント
プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを3枚引く。


Timetwister (2)(青)
ソーサリー
各プレイヤーは、自分の墓地と手札を自分のライブラリーに加えて切り直す。その後、カードを7枚引く。


Time Walk (1)(青)
ソーサリー
あなたは、このターンに続いて追加の1ターンを行う。

おなじみパワー9も新枠新イラストで収録みたいだじぇ!
このシンプルにして強力極まりないテキスト・・・
黎明期のカードはWotCが手探りでカード作っているのがよく分かるじぇ。

《Time Walk》のイラストは特に好みだお!
時計盤の上の魔導師、交差する太陽と月・・・
もう、これ以上ないほど中二成分てんこんもりなんだじぇ・・・
おおお、かっこいいお・・・




Yawgmoth's Will / ヨーグモスの意志 (2)(黒)
ソーサリー
ターン終了時まで、あなたは、あなたの墓地にあるカードをプレイしてもよい。
このターン、カードがいずれかの領域からあなたの墓地に置かれる場合、代わりにそのカードを追放する。


Yawgmoth's Bargain / ヨーグモスの取り引き (4)(黒)(黒)
エンチャント
あなたのドロー・ステップを飛ばす。
1点のライフを支払う:カードを1枚引く。

ヨーグモスって名を冠するカードは本当に強いおね、もうマジキチってレベルで・・・
どちらも例によって、ヴィンテージ以外のフォーマットでは、禁止カードに指定されておりますお。
イラストは、ウルザズ・サーガ、ウルザズ・デスティニーの時のものそのままだけれど、
地味に新枠になっていますおっおっお。

しかし、レガシーにおいて《ヨーグモスの取り引き/Yawgmoth's Bargain》が禁止で、
《グリセルブランド/Griselbrand》が禁止でないのは納得行かないじぇw
生物で処理はしやすいだろうけれど、出た時点で7枚or14枚引ければ仕事はしたし、
生物故に場に出しやすいんだよおおおおおお・・・




Oath of Druids / ドルイドの誓い (1)(緑)
エンチャント
各プレイヤーのアップキープの開始時に、そのプレイヤーは自分の対戦相手であるとともに、自分よりも多くのクリーチャーをコントロールしているプレイヤーを対象として選ぶ。前者のプレイヤーは、自分のライブラリーの一番上のカードを、クリーチャー・カードが公開されるまで公開してもよい。そうした場合、そのプレイヤーはそのカードを戦場に出し、これにより公開された他のすべてのカードを自分の墓地に置く。

どう見ても悪さしかしないテキストだじぇ・・・
レガシーでも使ってみたいような気もするけれど、間違いなくやばいじぇ・・・
レガシーが設立した時から禁止カードだから、やっぱり解禁の目はないんだじぇ・・・




Mana Crypt (0)
アーティファクト
あなたのアップキープの開始時に、コインを1枚投げる。あなたがコイン投げに負けた場合、Mana Cryptはあなたに3点のダメージを与える。
(T):あなたのマナ・プールに(2)を加える。

多分某パワー9のMOXたちより強いじぇ・・・
MTG最初で最後の書籍特典プロモカード。
当然再録はされていないので、取引価格は大変なことになっているじぇ・・・
新枠にして新イラストなんて、恵まれているね!
例によって、レガシー設立当初から禁止カード。使いたければ、ヴィンテージでね!




Time Vault (2)
アーティファクト
Time Vaultはタップ状態で戦場に出る。
Time Vaultはあなたのアンタップ・ステップの間にアンタップしない。
Time Vaultがタップ状態である間にあなたがあなたのターンを始める場合、代わりにあなたはそのターンを飛ばしてもよい。そうした場合、Time Vaultをアンタップする。
(T):このターンに続いて追加の1ターンを行う。

なんか長々とテキストが書いてあるけれど、どうせ踏み倒すから重要なところは、
(T):このターンに続いて追加の1ターンを行う。
ここ!まさにここだけ!
パワー9の《Time Walk》が打ち放題なんだじぇ!
レガシーでは当然のごとく禁止。
そして、魔境ヴィンテージでも禁止カードに指定されたことのあるマジキチカードだじぇ。
使うとどうなるかはお察しのとおりだじぇ・・・
相手のターン?そんなものは消し飛ぶんだじぇ、永久に回ってこないんだじぇ・・・




Skullclamp / 頭蓋骨絞め (1)
アーティファクト − 装備品(Equipment)
装備しているクリーチャーは+1/-1の修整を受ける。
装備しているクリーチャーが死亡するたび、カードを2枚引く。
装備(1)((1):あなたがコントロールするクリーチャー1体を対象とし、それにつける。装備はソーサリーとしてのみ行う。このカードはつけられていない状態で戦場に出て、クリーチャーが戦場を離れても戦場に残る。)

悪名高き《頭蓋骨絞め/Skullclamp》が新イラストで収録だお!
レガシーではもちろん禁止なので、使いたければヴィンテージで使ってね!
しかし、ヴィンテージでは制限カードにすら指定されていないという・・・
いかにヴィンテージが世紀末がよく分かるエピソードだじぇ・・・




Mox Emerald (0)
アーティファクト
(T):あなたのマナ・プールに(緑)を加える。


Mox Jet (0)
アーティファクト
(T):あなたのマナ・プールに(黒)を加える。


Mox Pearl (0)
アーティファクト
(T):あなたのマナ・プールに(白)を加える。


Mox Ruby (0)
アーティファクト
(T):あなたのマナ・プールに(赤)を加える。


Mox Sapphire (0)
アーティファクト
(T):あなたのマナ・プールに(青)を加える。

テキストが短いカードは強いを体現するようなカード群だよね!
土地を1ターンに2枚以上プレイできるようなものだものね、とんでもなく強いおね!




Black Lotus (0)
アーティファクト
(T),Black Lotusを生け贄に捧げる:あなたのマナ・プールに、好きな色1色のマナ3点を加える。

☆お☆ま☆た☆せ☆
テーロスのパックに入っていた広告のイラストだね、これ!
このカード以外のパワー9にも言えることだけれど、
新枠、新イラストは綺麗なのは間違いないんだよね。
でも、旧枠旧イラストの持っているオーラみたいなものはないよねw
なんて言うんだろうな〜、オリジナル版の骨董品的な良さは新枠とかじゃ出ないおね・・・





れがしーはへいわだとおもいましたまる





そういえば、これだけ豪華なセットなのにオンスフェッチもゼンフェッチも収録していないのね・・・
ヴィンテージではデュアルランドと並ぶほど基本的な土地なのになぜなんだじぇ?
やっぱり近いセットで収録予定なのかな〜?
そう疑っても仕方ないようなラインナップだけにタルキールには期待できるじぇ!
posted by 夢珠 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

プレインズウォーカー達の現状

http://mtg-jp.com/reading/translated/0010782/
公式にこんな記事があったのね。
M15時点でのプレインズウォーカーの現状について、書かれていますお。

気になったところを抜粋だおっおっお!

■黄金のたてがみのアジャニ
 アジャニは友人エルズペスを助けるためにテーロスを訪れた。彼女は太陽の神ヘリオッドの勇者となっており、成り上がりのプレインズウォーカーにして神、ゼナゴスを倒すための戦いを課せられていた。ゼナゴスは打ち負かされたが、ヘリオッドがエルズペスの生命を奪った。エルズペスは死の国へと向かい、アジャニは怒りと悲しみに打ちひしがれた。今、彼はテーロスに残っており、狡猾な神々による不当な仕打ちへの怒りに燃えている。

だからこその、M15の不動のアジャニなのね
"不動"ってのは、エルズペスがどうにかなるまで、テーロスからは動かないお!って決意表明なのね。
エルズペスの形見のマントつけているし、フレーバーはすごくいい1枚だおね。
うん、フレーバーはね・・・


■野生語りのガラク
 鎖のヴェールと呼ばれる邪悪なアーティファクトで武装した屍術師リリアナ・ヴェスとの短いいざこざから、ガラクは黒マナの呪いに冒された。その呪いは彼の自然との繋がりを鈍らせ、一方で彼の狩りへの欲求を高めるばかりだった。イニストラードにおいてガラクはアヴァシンの助けを求めたが、最終的に呪い黙らせは彼を救うことはなかった。そして呪いは悪化した。今、ジェイス・ベレレンは、その呪いがガラクを圧倒し、プレインズウォーカー達へと死の危険をもたらすのではないかと警戒している。

ジェイスVSガラクのフラグでも立っちゃうのかお?
悪堕ちしたガラクの今後は気になるじぇ・・・
なお、カードの方は・・・、うん。ノーコメントだじぇ・・・


■ギデオン・ジュラ
 貪欲なるエルドラージの覚醒から二年、ギデオンはプレインズウォーカー達を集め、それらを止めるべく動いている。ゼンディカーはギデオンの故郷の次元ではないが、エルドラージは多くの次元の生命を脅かすだろうと彼はわかっている。彼は正面から挑むことを望んでおり、つまりは彼には傍らに強力な仲間が必要になるということだ。最近、ゼンディカーにてエルドラージの巨人たちはほとんど目撃されておらず、それらは実際に久遠の闇へと去ってしまったのかもしれない。だがエルドラージの落とし子達は今もその次元を脅かしており、ギデオンはできる限り早く戻るつもりでいる。

>ギデオンはできる限り早く戻るつもりでいる。
>ギデオンはできる限り早く戻るつもりでいる。
>ギデオンはできる限り早く戻るつもりでいる。
嘘乙w
サブクエストがスタックしまくって、身動きができない状態だじぇ
そして、もう、2年も立つのね。
ゼンディカーをいい加減救ってあげてくだしあ〜


■解放されたもの、カーン
 トレイリアの「裂け目」を修復すべく灯を捧げた直後、銀のゴーレム、カーンは久遠の闇へと姿を消した。彼はミラディン、大昔にアージェンタムとして創造した次元へと辿り着いていた。だがファイレクシアの堕落が彼の中に広がっているのを感じた。ミラディンにて興った新たなファイレクシアの文明はカーンの心を歪め、彼に正気の僅かなひらめきだけを残して、彼を最悪の悪夢に据えた――新たなファイレクシアの長へと。プレインズウォーカー・ヴェンセールがその身を犠牲にしてカーンの心と灯を修復した後、銀のゴーレムは新ファイレクシアを去った。堕落の源を追跡し、何らかの解決策を見つけるために。ファイレクシアの隆盛において重大な役割を演じたという知識は彼を苦しめており、そして彼は知っている、その務めはファイレクシアが打ち負かされるまで、決して終わらないと。

ミラディン3ま〜だ〜かお?
ファイレクシアが強すぎて収集がつかなくなりそうだじぇ・・・


■コス
 我々が最後にコスを見た時、彼は新ファイレクシア、かつての故郷の次元ミラディンにて勢力を増大させ続けているエリシュ・ノーンの軍勢と戦っていた。ヴェンセールの犠牲とカーンの出発の後、エルズペスが彼の隣で戦い続けたが、コスは彼女を確実な破滅から守るべく、その次元から追いやった。その後彼は強力な呪文爆弾を爆発させ、エリシュ・ノーンに、彼は死んだと信じるよう仕向けた。だがコスは溶鉱炉階層の奥へとどうにか生きて逃げることができた。いつの日かコスは、その金属次元を去るか死ぬかの選択に直面するかもしれない。だが今、彼は希望を抱き続けている。ぼろぼろになりながらも残ったミラディン人が、どうにかファイレクシアに打ち勝つことを。

3年を経て、ようやく公式にて生存報告がありましたお。
呪文爆弾の爆発から難を逃れていたのね!
チャンドラおばさんはそろそろいらないから、赤のプレインズウォーカー枠での再登場を願うじぇ。


■ニコル・ボーラス
 古のドラゴンのプレインズウォーカー、ニコル・ボーラスは何よりも力を切望してきた。そして彼の抜け目のない陰謀は時代を跨ぐ忍耐力によってのみ達成される。ボーラスは近年の多元宇宙における幾つかの出来事に影響を及ぼしている。そこには、チャンドラにドラゴンの巻物を発見させ、ゼンディカーにおけるエルドラージ解放の引き金となる手助けとしたことも含まれている――それがどのように終わるかは、まだ知られていない。ボーラスは多次元間計略の工作員としてテゼレットとサルカンを評価しており、今は更に多くのプレインズウォーカーの下僕を求めることに心を傾けているように思われる。

>ボーラスは多次元間計略の工作員としてテゼレットとサルカンを評価しており
部下の失敗に慣用なのが意外だじぇw
失敗したのに再評価してくれるなんて上司の鑑ね!
なんだか、もう1人くらいボーラスの手下になっちまいそうだじぇ・・・
ガラク?ガラク?


■ニッサ・レヴェイン
 ニッサは故郷の世界ゼンディカーにおいて、エルドラージの解放がもたらした破壊を見てきた。彼女はプレインズウォーカーとしての経験がまだ浅く、世界を脅かす危険に気をとられた。そしてエルドラージをその虜囚から解放すればそれらは久遠の闇へと去り、ゼンディカーは守られるだろうという希望を抱いた。だがエルドラージ達は彼女の故郷に頑固に居座る脅威だと証明された。ニッサはそれらを決定的に止める手段を探し求めている。


なお、ニッサは単独でも取り上げられてるみたいだお。
http://mtg-jp.com/reading/translated/ur/0010802/
こっちの記事によると、ニッサは現在ゼンディカーにいて、
エルドラージ3柱の1体であるウラモグもまだゼンディカーにいるみたいだお。
ゼンディカー、ここ最近やたらとクローズアップされているおね。


■サルカン・ヴォル
 灯が点火した後、魔道士サルカンはその崇敬に値するドラゴンを探すために故郷の次元タルキールを離れた。邪悪なるニコル・ボーラスへと忠節を誓った後、ゼンディカー次元、ウギンの目の間にて孤独に考え込み、サルカンの精神は解きほぐされていった。狂気の中、彼は精霊ドラゴン、ウギンの声を聞いているのだと、どうにかして彼の心へと囁いているのだと信じ込んだ。ボーラスはこれをサルカンの狂気の一部だと切って捨てたが、サルカンは心の中の声に取りつかれた。いつか彼を新たな運命へと導いてくれると、ボーラスから解放してくれると、そして今ひとたび、凶暴なドラゴンの栄光に浴し、歓喜することができると。

主役おめでとうだじぇ。
サルカン最後の登場からはや6年、狂乱状態からたちなおれたのかお?

>狂気の中、彼は精霊ドラゴン、ウギンの声を聞いている
ウギンってドラゴンのプレインズウォーカーだったのね・・・
タルキールブロックの最終エキスパンションの名前は、
確定ではないものの、「タルキールのドラゴンたち」ってのが商標登録されているんだじぇ。
まさか、ここで・・・
そういえば、ボーラス様もドラゴン・・・
どっちかの登場となれば非常に熱い展開になりそうだお・・・


■ソリン・マルコフ
 何千年にも渡って生き、血を吸ってきた吸血鬼であるとはいえ、ソリンは故郷の次元イニストラードへの義務を感じている。彼は次元を監視し、この世界の暗黒の勢力がその地の人間を圧倒してしまわないように大天使アヴァシンを創造した。我々が最後にソリンを見た時、彼はアヴァシンの謎めいた失踪を調査すべく戻ってきた所だった。リリアナ・ヴェスが獄庫の破壊をもたらし、アヴァシンは出現し、世界の危機は防がれた。ソリンの興味は今やより大きな脅威へ、近頃解放されたエルドラージへと移っている。精霊ドラゴンのウギン、石操術師と呼ばれる何者かとともに、ソリンはエルドラージをゼンディカー次元へと封じた三人のプレインズウォーカーの一人である。彼らとともに、ソリンの古の秘密の幾らかも、明らかになるかもしれない。

ゼンディカー2やウギンカード化への伏線がどんどんはられているお・・・
イニストラード以降カード化していないし、
そもそもろくにストーリーに絡んでこないから、そろそろ再登場を頼むお。


■ティボルト
 ティボルトの衝動は常に、苦痛と苦悩を与えることにある。それはケッシグの森林地帯の森の羊飼い達を恐怖に陥れることであったり、スレイベンにて悪魔殺しを務める聖戦士を逆に狩り立てることであったりもする。彼は自身の気まぐれに導かれるままに、イニストラードの無辜の民を苦しめてきた。だが今や彼は、他の次元では更に大規模な悪戯をする機会があるかもしれないのではと思っている。粋な苦痛魔道士がどこで目撃されようとも、恐慌の叫びがその後に続くことは確かである。

80円で買える神話レアのプレインズウォーカーカードが有るらしい・・・





以上だおっおっお!
ブロック毎に、既存のプレインズウォーカーが2〜4枚くらい登場するから、
タルキールブロックにも、このあたりから何枚かカード化するんだよなあ・・・

最近カード化されていない連中のカード化を切望するおっおっお!
posted by 夢珠 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

MTG今月のお買い物



ち、ちょうど諭吉10人位・・・

あ、青がらみが1枚だけだから、や、安いね・・・(白目
posted by 夢珠 at 20:43| Comment(2) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

デュアルランドのオリカ作ってみたお

なんか無性に作りたくなったので作ってみたお。

フルアートフレームだと、適当につくてみると結構綺麗だおw

画像は掲示板とかから適当に持ってきたので、問題あったらすぐに消したり差し替えたりしますおんw

Badlands.jpg Bayou.jpg

Plateau.jpg Savannah.jpg

Scrubland.jpg Taiga.jpg

Tropical Island.jpg Tundra.jpg

Underground Sea.jpg Volcanic Island.jpg

結構綺麗に作れたお。

フリーでしか下の環境やらない人とかは、

気にしなければトークンみたいにプロキシ的な目的で自作するのも手かもねw
posted by 夢珠 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月10日

アルファ版Underground Sea

http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m124935633

PSA鑑定済みですお!

この機会にどうですかお!


でも、これ状態NMなのかなあ・・・

細かな傷がスリーブの傷ならいいんだけれどね。

そうでないなら、EX+〜EXな気もするお・・・
posted by 夢珠 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

モダンイベントデッキの完成度が高い件について

白黒トークン・・・
これ普通につおいね!

MTGに限らず、最近の構築済みってパーツ取り的なイメージが強いけれど、
こいつはまさに正しい意味での構築済みデッキだお!

手持ちのタルモツインとマッチさせてみたところ、
私のタルモツイン(お値段:15〜20諭吉くらい)がボコボコにされちまいましたお。

白のトークン中心だから、苦花なくても普通に行けるね!
苦花入ると構築ずいぶん見なおさざるをえないけれど、それはそれで強うそうだけどね!

湿地の干潟と神無き祭殿を持っている人は、
土地をこれらと差し替えるだけで、そのままGPレベルの大きな大会に持ち込めそうな出来だお。

久しぶりにいい買い物をしたじぇ!
posted by 夢珠 at 21:40| Comment(4) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

M15にゼンディカーの名を冠するクリーチャーが収録される件について



能力はこの際どうでもいいおね。

直訳するとゼンディカーの魂なるカード名とのことですお。

M15はゼンディカーがフィーチャーされるのかお?

ここ最近MTGの最新情報から目が離せないお!


ちなみに、カードナンバーに注目だお。

201/269ってなっているおね?

MTGのカードナンバーって、

白→青→黒→赤→緑→多色→アーティファクト→土地の順って原則があって、

それぞれのカテゴリの中で、頭文字のアルファベット順に割り振られるんだおね。

だから、白のカードのAから始まるカードが、最も早いカードナンバーが与えられるわけですお!

アーティファクトじゃない無色のカードがなければね!


とすると、このカードは緑色のカードで、頭文字は「S」。

要するにかなり後半のナンバーが割り当てられるカードなわけですお。

それなのにも関わらず201/269、つまり後ろに68枚ものカードが収録されるわけですお。

従来、後ろの20は基本土地に割り当てられるので、それを除くと48枚ですおね!

それで、基本セットには多色カードは原則収録されないので、

(プレインズウォーカー ニコル・ボーラスが最初で最後の基本セットに収録された多色カードなんだお)

緑のカードで頭文字が「S」以降のカードの枚数なんてたかが知れているので、

アーティファクトと、特殊地形で40枚位割り当てがあるわけですお。


ちなみに、この40枚って数字はとでも多いんですおね。

参考までにM14をあげると、

アーティファクト23枚、特殊地形3枚の計26枚なんですお。


お分かりいただけたであろうかお?

通常よりも、遥かにアーティファクトと土地が収録されるということがお。

要するに、ここまで大量かつ余分に収録されるとなると、

何らかのサイクルしか考えられませんおね!

死儀礼ギャザリングになりかねないけれど、2ヶ月間だけだしねえ・・・

・偽造防止機能付きの新枠

・舞台はゼンディカー

・大量に収録される土地カード

ここまで条件が揃っていて、フェッチランドじゃありませんでしたって方が難しいと思うおw


ゼンディカーだけれど、基本セットだからストーリーは進みそうにないなあ・・・

それがちょっと残念だおね。

ゼンディカーの途中経過という生存確認的な意味合いなんじゃろうかおw
posted by 夢珠 at 19:20| Comment(1) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

ゲームデー行くお!

ニクスへの旅へのゲームデーの優勝賞品のプレイマットがかっこいいので、

何箇所かハシゴするつもりでゲームデーに行ってくるお。

デッキをどうするか非常に悩みちうだお。


順当に行くのなら黒系等のデッキがいいんだろうけれど、

そこはTier1の宿命、意識されているのは間違いないんだおね。

特に、同じくTier1の青白系のコントロールやバーンとのマッチアップが絶望的なので、

どうしようか非常に悩みどころ。

《ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa》で乙るのも非常につらいんだおね。

《肉貪り/Devour Flesh》を採用すればいいちう意見をよく見るけれど、

大抵《変わり谷/Mutavault》が隣に居るので、1マナ浮かすだけで対処されちゃうんだお・・・


でも、有利付くデッキが多いのも間違いないんだおね。

Tier1〜2のデッキを挙げてみると、

VSモンスターズ:○
《生命散らしのゾンビ/Lifebane Zombie》と《破滅の刃/Doom Blade》が刺さるお

VS青単信心:○
《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》の様な全体除去でも、単体除去でも圧殺できるお

VSセレズニアアグロ:○
《生命散らしのゾンビ/Lifebane Zombie》と《破滅の刃/Doom Blade》が刺さるお

VS白t黒人間:△
よくわからないお。
《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》通れば今までは勝てたけれど、
《通行の神、エイスリオス/Athreos, God of Passage》の存在が怖いお。

VSオルゾフミッドレンジ:×
《ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa》
《通行の神、エイスリオス/Athreos, God of Passage》
《ザスリッドの屍術師/Xathrid Necromancer》
この三本柱がマジできつそう・・・

VSバーン:×
《アスフォデルの灰色商人/Gray Merchant of Asphodel》に
《頭蓋割り/Skullcrack》で対応されなければワンチャンありそう。
でも、大半の除去カードが腐るような構成されていると、勝てるビジョンが見えない・・・

VS青白コントロール:×
大半の除去カードが腐る。
《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun's Champion》で乙
t黒されていて、《ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa》採用されていいようものなら悶絶もの・・・





って、あれ?

メタの上位にありそうなデッキには、意外と有利がつかなそう・・・

でも、大正義Tier1の青単信心とモンスターズに有利付くのは非常に大きいおね。


青単信心とモンスターズに有利付くデッキってなかなかないから、

これでもやっぱり黒系等のデッキがド安定かなあ・・・

でも、黒系等のデッキを使うにしろ、同型と苦手なデッキは意識しないとダメだよね。


白タッチすれば、同型に鬼のように強い《ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa》が採用できるお。

青白コントロール相手には、《幽霊議員オブゼダート/Obzedat, Ghost Council》や《罪の収集者/Sin Collector》をサイドインできるので、

それほど絶望的なマッチアップにはならなそう・・・


緑をタッチすれば、生物除去カードに変わって《突然の衰微/Abrupt Decay》をメイン採用でき、

ノンクリーチャーデッキに対して腐るカードが減るので、いくらか有利に立ち回れそう。

ミラーマッチであっても、《地下世界の人脈/Underworld Connections》に触れるので、

カードアドバンテージ面でも有利取れそうだし、

カードアド取れなそうな初手であっても、相手のドローエンジンつぶしに行けると考えれば、

キープ基準はかなり緩く出来そうだお。

後、《見えざる者、ヴラスカ/Vraska the Unseen》も採用できるのはいいおね。

入れてもピンだろうけれど、PWだから青白系等のコントロールに圧力かけられそう。

後ヤバイ置物にも触れるから、地雷踏んだときの保険にもなりうるお!

《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》もいいおね。

青単信心には刺さるし、追加のエンチャント破壊としても優秀だお。

行くのなら、やっぱり緑タッチのほうがいいかな〜


あるいは、黒単一点読みでエスパーコントロールかな・・・

Tier1のデッキが数多いカードゲームだから、デッキ選択が非常に悩ましいお・・・
posted by 夢珠 at 23:46| Comment(1) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タルキール覇王譚

9月の新セットについて、先日のプロツアーでとうとう情報が出ましたおっおっお!

6年ぶりに登場のサルカン・ヴォルさんとその故郷のタルキールがピックアップされる模様ですお。

なお、タルキールの世界観は中央アジア〜東アジアの文化や歴史を踏襲しつつ、

独自の世界観を形成するらしいですお。


サルカンさんについては、こちらだお

>ドラゴンを崇めるサルカンではあったが、故郷の次元ではドラゴンが狩り尽くされすでに絶滅しているため、究極の捕食者であるドラゴンを求め故郷を離れて多元宇宙/Multiverseを探索することになる。その旅の果てに、ドラゴンが頂点に立つ理想世界ジャンド/Jundを発見し、そこを住処と定めるのだった。

とあるように、元は普通の(?)ドラゴン大好きな人だったんだおね。

プレインズウォーカーに覚醒したばかりのアジャニを指南していたりと、

むしろいい人だった可能性も高いおね。

ニコル・ボーラスに忠誠を誓ったせいで、悪堕ちしたイメージのある人だお。


サルカン・ヴォル/Sarkhan Vol

Sarkanは、スロバキア語でドラゴンって意味なんだって。

そして、Khanは昔のモンゴルにおける君主の称号だから(例:チンギス・ハン/Genghis Khan

Sarkhanは、ドラゴンの君主的な意味の造語なのかな。

そして、タルキール覇王譚の英語名は、Khans of Tarkir

これは、もしや、タルキールの君主サルカン的なカードが出る伏線ですかお・・・!

プレビューでもいい服着ていたし、生まれはいいのかもしれないね。

あるいは、これからサルカンがタルキールの君主に成り上がる話なのじゃろうか。


なお、第2、第3エキスパンションの名前はまだ公にはなっていないものの、

商標登録そのものはされているようで、

第2エキスパンションは、Warlords of Khanar

第3エキスパンションは、Dragons of Tarkir

とのこと。


第3エキスパンションの、タルキールのドラゴンたちってってのが気になるおね。

タルキールは、ドラゴンが狩り尽くされた次元なのに、タルキールのドラゴンたちとはこれはいかに・・・


なお、今回のブロックは大−小−大エキスパンションという変則ブロックなので、最後にはどんでん返しがありそうだお。

これと同じ変則ブロックというと、イニストラードブロックとゼンディカーブロックがあるんだおね。

エルドラージ覚醒やアヴァシンの帰還みたいな劇的なストーリー展開や

エルドラージ及び奇跡みたいな派手なキーワード能力に期待できそうだお!


ストーリーそのものも非常に気になるところ。

ニコル・ボーラスの軍門に下ったサルカンがどのような目的で故郷を訪れるかが気になるおね。

ニコル・ボーラスの命令で故郷さえも滅ぼしに来たのか、

あるいは、故郷のドラゴンを呼び戻してニコル・ボーラスに反旗を翻すのか・・・

テーロスブロックが微妙だっただけに、今後の展開が非常に気になりますお。

テーロス最後の、エルズペスがヘリオッドに隙をつかれて殺されちゃうのはどうなのよとw

テーロスはストーリーもカードも微妙なだけに、数年後公式で最悪のブロックとか言われちゃいそうな気がするw


そして、もうひとつ。

プレビューにて、「ユーザーが長い間待ち望んでいたもの」を収録すると発言していたのも気になるおね。

これはもしや、フェッチランド・・・?


というわけで、タルキール覇王譚から目が離せないとは言うものの、

発売日は9月26日、まだ4ヶ月も先なんだよなあ・・・

早く続報がほしいところだお・・・
posted by 夢珠 at 00:05| Comment(4) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

久しぶりにデッキ晒しだおっおっお

【エスパー石鍛冶(レガシー版)】

フォーマット:レガシー

【土地/23枚】
3《島/Island》
2《平地/Plains》
1《沼/Swamp》
1《乾燥台地/Arid Mesa》
1《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
1《Karakas》
3《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt》
4《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1《Scrubland》
3《Tundra》
2《Underground Sea》

【クリーチャー/11枚】
3《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
2《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
2《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》

【プレインズウォーカー/3枚】
3《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》

【その他の呪文/23枚】
2《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1《思案/Ponder》
1《至高の評決/Supreme Verdict》
2《思考囲い/Thoughtseize》
4《渦まく知識/Brainstorm》
1《対抗呪文/Counterspell》
3《Force of Will》
2《呪文貫き/Spell Pierce》
4《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1《殴打頭蓋/Batterskull》
1《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》

【サイドボード/15枚】
2《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
2《強迫/Duress》
1《至高の評決/Supreme Verdict》
1《解呪/Disenchant》
1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1《Force of Will》
1《流刑への道/Path to Exile》
1《外科的摘出/Surgical Extraction》
1《盲信的迫害/Zealous Persecution》
2《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》





以下、的はずれなコメントコーナーだおっおっおっ

【土地/23枚】
3《島/Island》
2《平地/Plains》
1《沼/Swamp》
レガシー最強の土地たちだお。
カナディアンスレッショルドやチームアメリカといった前のめりなテンポデッキ相手に、
1T島→2T平地と展開できた時の安心感は異常。

1《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
ワールドフェイクの露骨に強いミシュランちゃん。
時々アンブロで《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》を殺しに行くおっおっお!
後述のフェッチランドたちの色が合って、色マナ供給がより潤沢になれば、
《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》と交換したいおw

1《Karakas》
《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》を強制送還できる凄い土地。
そして、アンコモンなのにも関わらす1諭吉じゃ買えないある意味凄い土地。
《グリセルブランド/Griselbrand》?
やめてください、死んでしまいます。

1《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt》
妖夢ちゃんが出てくる便利な土地。
イニストラードブロックまでは、ほんとうに強いカード多いおねw

3《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1《乾燥台地/Arid Mesa》
4《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
ツッコミ待ちだおっおっお!
色が合うやつ?
持っていたら、そら使いますお・・・

1《Scrubland》
3《Tundra》
2《Underground Sea》
心の贅肉デュアルランドちゃん。
あたちのは状態綺麗なので、この6枚で15諭吉くらいだおっおっお!

【クリーチャー/11枚】
3《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
便利な便利なポルトガル人。
イニストラードブロックちょうちゅえぇぇぇぇぇ!
でも、かなり重たいお・・・
2枚でもいいかもね!

4《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
クソクリーチャー乙

2《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
強いけれど、意外と穴があるおね!
そして3マナはやっぱり重たいんだおね・・・

2《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1枚でもいいかもしれないけれど、小賢しい動きが好きなので2枚。
相手の《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》や《実物提示教育/Show and Tell》にスタックして、
場に出す対象を処理できると、んほおおおおおおギモジイイイイイイイイイ

【プレインズウォーカー/3枚】
3《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
+能力は占術1か消術1
0能力は《渦まく知識/Brainstorm》
-能力は《送還/Unsummon》
って書くと4マナのプレインズウォーカーとは思えないほどすごく弱そうだおねw

【その他の呪文/23枚】
2《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
2《思考囲い/Thoughtseize》
《思考囲い/Thoughtseize》は万能だけれど、2ライフ痛い点がマイナス。
《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》は、
ショーテル系のデッキに対してフィニッシャーを落とせない点がマイナスだおね
だったら半分ずつ入れればいいんじゃないかおw

1《思案/Ponder》
5枚目の《渦まく知識/Brainstorm》だお!

1《至高の評決/Supreme Verdict》
お守りだおw
キープできるとアグロ系のデッキに対してすごく安心できるおw
でも、4マナと超重たいので、4マナまで伸ばすのが至難の業だったりする・・・

4《渦まく知識/Brainstorm》
レガシーの青を支えるすごいやつだおね。
個人的にはレガシーの青における最強カードだお。

1《対抗呪文/Counterspell》
原点にして最強!
でも2マナとカウンターにしてはすごく重たいので、1枚お守りとして打ち込むお。

3《Force of Will》
3枚は慢心でした、ごめんなさいだお・・・
でも、コンボ以外と当たるとそこまで強くないんだよなあ・・・

2《呪文貫き/Spell Pierce》
1マナで2マナ要求する凄いカード。
さすがはゼンディカーブロック!

4《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
つよい、はやい、かるい。
三拍子揃ったレガシー最強除去カードだお。

1《殴打頭蓋/Batterskull》
衰微で《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》割らないでください、死んでしまいます。

1《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
+2/+2修正に加えて、プロテクション赤青、通れば大抵カードアド+2。
書いてあることがおかしい装備品。
《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》を突破できるため評価急上昇なう。

1《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
通ればゲームに勝てるって書いてある装備品。
書いてあることがおかしいどころの話ではないお。
まさに、ジャパニーズファッキンウェポン!

【サイドボード/15枚】
2《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》と悩んだけれど、こっちを採用。
こっちの方が、コンボはコンボでもショーテル系に強いので、環境考えるとこっちだお。
うちの周辺アドストーム居ないんだものね・・・

2《強迫/Duress》
ハンデスは色んな種類を散らすのが好きw
セラピーとかが怖いものね。
主に対コンボで追加のハンデスとして投入するおっおっお。

1《至高の評決/Supreme Verdict》
保険だおっおっお!
打てれば前のめりなテンポデッキ殺せるんだけれど、得てして4マナまで伸ばせないお・・・
4マナがマジで遠いお・・・

1《解呪/Disenchant》
わらないと相手は死ぬって書いてある置物が多いから保険で1枚だお。

1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
ストーム系のコンボと当たったらこいつをぶち込んでやれだお!

1《Force of Will》
対コンボにおける保険だお。
対コンボでは、ヴェーラー引けない遊戯くんが悪いよねって世界だから仕方ないね。

1《流刑への道/Path to Exile》
5枚目の《剣を鍬に/Swords to Plowshares》だお。

1《外科的摘出/Surgical Extraction》
《安らかなる眠り/Rest in Peace》よりも個人的にはこっちが好きw
0マナで打てて、相手の墓地のカード1枚追放して、
同名カードを手札とライブラリーからも全部追放できちゃう凄いカード。
でも、レンジの狭いメタカードはこのくらいの水準じゃないとダメだと思うの・・・

1《盲信的迫害/Zealous Persecution》
親和エルフ殺すマン。
地味に《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》も殺せちゃうすごいやつ。

2《安らかなる眠り/Rest in Peace》
場に出た時墓地全除外するマクロコスモス。
《外科的摘出/Surgical Extraction》とどっちをより多くいれるか悩むけれど、
装備品の弾除けにもなってくれる、こっちを多めに投入。
そんなに置物除去入れられないから、結果的に装備品が残ってくれるお。

1《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
0マナで置いて、デルバーを破壊するお!
《もみ消し/Stifle》?
やめてくださいしんでしまいます。

1《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》
対コンボにおいて、すごく便利な装備品だお。
隙を作らずに装備出来て、ハンデスもできちゃうなんてまさに至れりつくせりだおえ!





はやく、オンスロートのフェッチランドを再録してくださいだおっおっお!
posted by 夢珠 at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

underground sea

高騰やばいおね!

先日、24000と26000できれいなの買っておいてよかったお

今ボロボロので28000、綺麗なのだと4諭吉…

いや、値段以上に在庫のなさがやばいか…

安めのTimetwister当たりのパワー9の値段を越えちゃいそうだね。

当面は2枚でこと足りるけれど、デスブレードやチームアメリカ、カスケードを作るとするともう1枚欲しいなあ…
posted by 夢珠 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

最近のMTGのストーリーがなんだか微妙じゃないかお?

なんか、ここ最近のエキスパンションのストーリーって微妙な気がしませんかお?

正直テーロスとラヴニカへの回帰ブロックは、ストーリーがあまり好みじゃないですお。

というのは、やっぱりストーリーの根幹に関わってくる悪役が

インパクト的にも能力的にも弱いというのが一番の原因なんじゃないかと思う、今日このごろ。

テーロスではゼナゴスたんがラスボスになりそうだけれど、正直彼の行動って意味不明だおね?

テーロスのストーリって要約すると、

イタズラ大好きなサテュロスのゼナゴスたん、そんなゼナゴスたんにもある日プレインズウォーカーの灯が点ったよ!

ゼナゴス「この力を使って、あらゆる次元に狂宴をもたらしちゃうぞ。まずは、テーロスに神様になっちゃうお☆」

そんな大志を抱くゼナゴスたんだったけれど、

モーギスを討滅したエルズペスとその周囲の人間を利用して、あっさりと神様になれちゃったお!

エルズペスたんは残念。ゼナゴスが神となった原因を作ったとされて、荒野にボッシュート。

神様になったゼナゴスたんだけれど、テーロスの神々は所詮テーロスの次元にしか干渉できない存在であることを知っちゃって、

この世界の理がすべて茶番のように思っちゃって、再び元のサテュロスとしての生活に戻っちゃったお。

でも、もう昔のようにその狂宴を楽しむことができなくなっちゃったんだお!

そんな中、ヘリオッドたんは秩序を取り戻すため、ゼナゴス討伐の準備を進めているお!


今のところこんな感じだおね?

そもそも、プレインズウォーカーがたった一つの世界の神になろうという発想が謎だおね。

カード化された順番も、プレインズウォーカー → 神 だったしね。

ある世界の神が、他の次元にも干渉できるプレインズウォーカーを目指すのなら分かるんだけれど、

その逆は本当に謎だおね。

ちょっと補足してもらいところ。

そして、ラスボスとしてもインパクトは弱い。


そして、ラヴニカへの回帰に至っては明確なラスボスって存在したのかお?

迷路をといてギルドパクトを復活させないと、至高の評決で都市が吹っ飛んじゃうお!

って、いくらなんでもやっつけすぎなんじゃ・・・

しかも、新たなギルドパクトがジェイスそのものっていうのが、なんとも・・・

でも、ドラゴンも迷路の途中で、ジェイスが荒廃しきったゼンディカーへプレインズウォークしたのだけは収穫だおね。

まだゼンディカーが存在していることと、そこにコーの民が生き延びていることが分かったてのは収穫だおね。

ラヴニカへの回帰単体で見るとあんまり脈絡はないけれど、今後のストーリー的にはこれは本当に期待できる。


もう一個戻って、イニストラード。

ここもラスボスが貧弱。

仮に漫画にしたら、恐ろしく出落ちな展開で終わりそう。

さんざん恐れられていたデーモンの親玉グリセルブランドたん。

フレーバーも威風堂々「アヴァシンは破壊された獄庫から現れたが、彼女の自由には代償があった――奴だ。」

さんざん恐れられていて、次元の救世主たる天使が我が身を犠牲にして一緒に封印されたのにもかかわらず、

復活したらその瞬間リリアナに瞬殺。

漫画でコマ割りしたら、復活から退場まで1ページなさそうw

まあ、プレインズウォーカー(ヴェール)>>>超えられない壁>>>ある次元での厄災

ってのが、よく分かるという点では良い描写かもねw


でも、イニストラードはストーリはすごく好きよ。

逃げ惑う人間たちと闇の勢力の隆盛からのアヴァシンの帰還は非常に熱い展開だおね。

同時に展開される、リリアナVSガラクも見もの。

ラスボスは弱いけれど、ストーリーは好き。

あ、弱い弱い言ったけれど、実際のゲームではグリセルブランドたんはとんでもなく強いので、その点だけはよろしくね。

下の環境であっても許されるカードパワーじゃないと思うお。さっさと禁止されてね!



とまあ、ここ三年はラスボスはみんな小物臭が漂うか、あるいは本当に弱い・・・

設定では強いのかもしれないけれど、ストーリーでそれが見えてこないのがダメダメよね。

もしかしたら、いつだってそうなんじゃないのかな?と、思って、もうちょっとさかのぼってみると・・・



4年前は、

ミラディンの傷跡ブロック:ラスボスは、特定の人物じゃないけれど、強いていうなら新たなるファイレクシア(完成されたミラディン)

うわぁ、超つよそう。

っていうか、つよい(確信

ニコニコ大百科の関連記事の出来がすごく良くて吹いたw

記事中に出てくる、エルフのグリッサたん。

ぜひともwikiで彼女のストーリーも見てあげてね。

wikiで文字を追うと分かるようにに、日本で作品化されたら、多分彼女はすんごくかわいい。

というか、ミラディンのアニメは見てみたい。(日本で作成されればね!)

あ、絶対に「グリッサ・サンシーカー」画像検索しちゃダメよ

イメージにとどめておけば、グリッサたんちょうかわいい!で終われるからね。

絶対に、「グリッサ・サンシーカー」で画像検索しちゃダメよ?

大事なことなので二回言うからね!



5年前は・・・

ゼンディカーブロック:ラスボスは、なんていうか説明不要だよね。

そう、みんな大好きエルドラージですお。

この上なく強いですお。説明不要ですお。



6年は前は・・・

アラーラの断片ブロック:ラスボスは、我らがニコル・ボーラス様

MTGの年表が、ニコル・ボーラス誕生するから始まっているように、MTG史は彼から始まっているんだよね。

そして、おそらく彼で終わるんだおね。

もう、さっきこの上なく強いって書いたけれど、こっちもこの上なく強いよね。

ねえ、エルドラージとニコル・ボーラスどっちが強いの?w


そういえば、ファイレクシア。

ファイレクシアって、ヨーグモスが作ったのかと思いきや、

wikiを見てみると・・・、

元々は"竜の姿をしたプレインズウォーカー"が創造したものだが、そのプレインズウォーカーが死に、放置されていたところをプレインズウォーカー、ダヴェッドによって発見される。ダヴェッドは当時スラン帝国で研究をしていたヨーグモスにこの世界の存在を教え、ドミナリアと繋がるポータルを作り上げる。 ヨーグモスはこの世界に当時スラン帝国で蔓延していた病に感染した患者を移動し、治療という名の改造を行いファイレクシア人を作り上げた。

この"竜の姿をしたプレインズウォーカー"って、やっぱり・・・

本編でまったく言及されていないけれど、やっぱり・・・

というか、思い当たるのがこの御方しか居ないのですが・・・

まさに、1回死んでいるしねえ・・・




とまあ、過去にさかのぼるとこの上なく強い人ばっかりなんですわあ・・・

次のブロックでは、もうちょっとまともな人をラスボスに仕立て上げてくれないかなあ・・・

ストーリーと設定が重要なんだから、悪役さんももうちょい大物にしてもらいたいなあw
posted by 夢珠 at 20:47| Comment(1) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

滅殺/Annihilator

滅殺 N/Annihilator Nは「このクリーチャーが攻撃するたび、防御プレイヤーはパーマネントをN個生け贄に捧げる。」を意味する。
 
まあ、定義なんてどうでもいいんだ。
 
Annihilator って単語を最近どこかで見てもやもやしていたので意味を調べてみたら・・・
 
Annihilator:[名詞]破壊者、殲滅者
 
似た単語を調べてみると・・・、
 
annihilation: [不可算名詞]全滅、絶滅
 
あっ(察し
 
 
大好評発売予定の From the Vault:Annihilation のテーマ名そのものじゃないですかおw
 
ということは、やはりエルドラージの再録は濃厚かな・・・
 
まあ、3200円だからね。
 
さすがに、お値段考えると引き裂かれし永劫エムラクールは難しいだろうし、
 
無限に廻る者ウラモグは1回再録しているし、真実の解体者コジレックが濃厚かな。
 
でも、3200円だと、滅びはどうなんだろうね。
 
あれ、もう4000円ちかくするからなあ。
 
 
早く情報が出ないかな・・・
posted by 夢珠 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

From the Vault: Annihilation

■From the Vault: Annihilation
HP:http://www.wizards.com/Magic/Magazine/Article.aspx?x=mtg/daily/arcana/1426

世に放たれたマジックのカードで最も凶暴な15枚、その荒々しい力を手にしよう。この限定版、黒枠の超兵器は数々のフォーマットで使用可能です。パワフルな切り札の数々で戦場を一掃し、対戦相手を茫然自失に追い込もう。

内容と詳細
新イラスト6枚を含む、プレミアム版フォイル・カード15枚
特製スピンダウン・ライフ・カウンター
コレクターズ・ガイド
各カードは『From the Vault』シリーズ独自のフォイル加工によって印刷されています。
『From the Vault: Annihilation』は全世界で英語版のみ発売、極少数限定生産です。
各カードは黒枠であり、トーナメントで使用可能です。それぞれの元のカードが使用可能であるトーナメントにおいて使用することができることになります。

クレジット
製品コンセプトおよびデベロップ:Gavin Verhey, Jeremy Jarvis
発売日:2014年8月22日
メーカー希望小売価格:3,500円(税抜










これは………

Annihilation:全滅、絶滅

ハルマゲドン、神の怒り、滅び、破滅的な行為、すべては塵………

こんな感じのカードからチョイスされるってことかな?

でも、全部がクリーチャー呪文以外ってことはなさそうだから、

イメージに合ったクリーチャーも入るんだろうなぁ………

エルドラージとかエルドラージとかエルドラージとか…


なにはともあれ限定少数生産なので、頑張って争奪戦に勝利しましょうね!

個人的には、再録タイミングがスタンダードでは非常に難しい滅びは、

ここで再録来るんじゃないかと思っているおw


内容がわかってからじゃ予約間に合わないので、

というかTwentyは収録カードの1枚目が判明する前に全滅していたくらいだから、

そんな内容がわかってからなんて悠長なこと言わずに黙って予約だよね!


今までのFTVシリーズ見る限り損をするってことはまずなさそうだから、可能なら4つ確保確定だね!

できるものならやってみろ!って感じだけれどね!
posted by 夢珠 at 19:11| Comment(1) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

まじっく2月の定期禁止制限改訂


■スタンダード
変更なし
 
■レガシー
変更なし
 
■ヴィンテージ
変更なし
 
■モダン
・禁止
《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
・禁止解除
《野生のナカティル/Wild Nacatl》
《苦花/Bitterblossom》
 
 
 
 
まことしやかに囁かれていた噂の通り、苦花が解禁されましたお。
 
カードショップの在庫は、ほとんど全滅・・・
 
数日前まで1500円程度のカードが、今や諭吉をリリースしても買えるか怪しいカードとなってしましたお・・・
 
これ、カードゲームじゃないですお!
 
もう株というか、遊べる金券って認識の方が良いのかもしれませんお?
 
少しでも使いたいと思ったカードはすぐに買う!これ鉄則ね!
 
少し放置すると、手が届かないくらいに高騰しちゃいますお?
 
 
死儀礼のシャーマンについても、面白いですおね。
 
スタンダードではリーガルであるのに、モダンでは禁止。
 
カードプールが広がることで凶悪なカードに化けるカードの典型的な例だと思いますお。
 
フェッチランドがすべての根源なだおね!
 
あ、どこぞのクソゲーみたいに制限とかそういうのはありませんお!
 
ヴィンテージ以外のフォーマットでは、0枚or4枚のどちらかのみですお?
 
そうでないと、某クソゲーみたいに制限カード引きゲーの運ゲーになっちゃうじゃないですかお!
 
運要素を取っ払うために、0枚以外の枚数の制限は設けないようなことを言っていましたおね!
 
 
野生のナカティルについてはどうなんだろうね?
 
実質1マナ3/3のバニラみたいなものだけれど、問題なしという判断なのじゃろうか?
 
でも、これだけでZooが復権するとは思えないんだよなあ・・・
 
 
 
そういえば、苦花が禁止解除される噂についてなのですけれど、
 
噂の噂みたいな話にっちゃうのですが、
 
なんでも、例のモダンのイベントデッキが青黒フェアリーなんじゃないかという情報が出回っていたんですよね。
 
で、そのモダンのイベントデッキの収録カードの内容が漏れていて、
 
そのリストの中に苦花があったと言うお話しなのですお!
 
5月発売の構築済みに、禁止カードが収録はずも無く、じゃあ、その前のタイミングで苦花が解除されるだろう。
 
ってのが、どうやら発端らしいのですお・・・
 
詳しくは分かりませんけれどね・・・
 
 
しかし、青黒フェアリーって考えると意外としっくり来るんだよなあ。
 
モダンマスターズに収録していない、
 
血清の幻視や差し戻しと言った高額なコモン・アンコモンを再録する、またとないチャンスなのですもの。
 
これに苦花やヴェンディリオン三人衆をぶち込んでおけば、値段相当のものになるでしょうお。
 
あとフェッチランドとショックランド1枚ずつとかやると、いかにも構築済みって感じがしませんかお?
 
最初は貴族の教主が再録されていないから、それを再録するためにメリーラポットあたりのデッキになるんじゃないかな?
 
と、あたちは思っていたんですおね。
 
このデッキって、シルバーバレット的な戦術を取るため、
 
ピン積みのカードがいっぱいでなんとも構築済みっぽいデッキになるんですお・・・
 
でも、青黒フェアリーとどっちがしっくり来るかと言われると、やっぱり前者のほうがしっくり来るんですおね・・・
 
ん、ということは1700円で買ったこの苦花は、1諭吉で売り払っちゃった方ががいいってことかにゃ?
 
どうせしばらくはモダンには手を出さないし、高騰しているタイミングで売り払うほうが利口な気がするんだよなあ・・・
posted by 夢珠 at 19:46| Comment(5) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

苦花の高騰がやばい件について

http://wonder.wisdom-guild.net/price/Bitterblossom/
 
最近直角のグラフばっかり・・・
 
なんでも、2月3日の定期の規制改定において、モダンでの解禁の噂が囁かれているためらしい・・・
 
はたして、本当に解禁するのやら・・・
 
 
と言いつつも、いち早く情報を聞きつけて、値上がり前に3枚は抑えられたおっおっおっ!
posted by 夢珠 at 20:11| Comment(1) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。