2014年12月13日

モダンマスターズ2015に収録される神話レアを勝手に予想するお!

あたちのすばらしい予想をとくと見よだお!

前回のモダンマスターズを参考にすると、
神話レア収録枚数:15枚
内訳:
単色:2枚ずつ
多色:2枚
無色:3枚

これを元に予想してみるじぇ!

白:
《静寂の守り手、リンヴァーラ/Linvala, Keeper of Silence》
Linvala, Keeper of Silence / 静寂の守り手、リンヴァーラ (2)(白)(白)
伝説のクリーチャー − 天使(Angel)
飛行
あなたの対戦相手がコントロールしているクリーチャーの起動型能力は起動できない。
3/4

出産の殻デッキの定番パーツ。
新規収録範囲のゼンディカーブロックのカードだし、Tire1のデッキのカードだけに、
収録可能性は高そうだじぇ・・・


《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》
Elesh Norn, Grand Cenobite / 大修道士、エリシュ・ノーン (5)(白)(白)
伝説のクリーチャー − 法務官(Praetor)
警戒
あなたがコントロールする他のクリーチャーは+2/+2の修整を受ける。
あなたの対戦相手がコントロールするクリーチャーは-2/-2の修整を受ける。
4/7

前回の神河のクソドラゴンサイクルのように、なんらかの神話レアのサイクルはあると思うんだじぇ。
今回のそれは、おそらく新たなるファイレクシアの法務官5人なんじゃないかなあと思うんだお。
ノーン様がいるからクソサイクルにならないね!


青:
《精神壊しの罠/Mindbreak Trap》
Mindbreak Trap / 精神壊しの罠 (2)(青)(青)
インスタント − 罠(Trap)
このターン、対戦相手1人が3つ以上の呪文を唱えていた場合、あなたは精神壊しの罠のマナ・コストを支払うのではなく(0)を支払ってもよい。
望む数の呪文を対象とし、それらを追放する。

「人生は迷路だ。 行き止まりの一つがこれだ。」
フレーバーかっこいい!
罠サイクルはひと通り収録しそうな気がしますお!
その中でも唯一の神話レアなこの子が来そうな感じ。
採用実績は、最近は狼狽の嵐のせいで下がってきたけれど、定番な対ストームカードですお。


《核の占い師、ジン=ギタクシアス/Jin-Gitaxias, Core Augur》
Jin-Gitaxias, Core Augur / 核の占い師、ジン=ギタクシアス (8)(青)(青)
伝説のクリーチャー − 法務官(Praetor)
瞬速
あなたの終了ステップの開始時に、カードを7枚引く。
各対戦相手の手札の最大枚数は7少なくなる。

法務官サイクル。
レガシーのリアニにちょこちょこ採用されているお・・・


黒:
《ファイレクシアの抹消者/Phyrexian Obliterator》
Phyrexian Obliterator / ファイレクシアの抹消者 (黒)(黒)(黒)(黒)
クリーチャー − ホラー(Horror)
トランプル
発生源1つがファイレクシアの抹消者にダメージを与えるたび、その発生源のコントローラーはその点数に等しい数のパーマネントを生け贄に捧げる。
5/5

モダンの黒単信心の定番パーツだお!
書いてあることは頭おかしいのに、スタンダードではそれ以上に頭のおかしい《四肢切断/Dismember》が環境にあったせいで活躍できなかったかわいそうなカードだお!
最近値段も上がってきているし、是非とも再録してほしいじぇ・・・


《囁く者、シェオルドレッド/Sheoldred, Whispering One》
Sheoldred, Whispering One / 囁く者、シェオルドレッド (5)(黒)(黒)
伝説のクリーチャー − 法務官(Praetor)
沼渡り
あなたのアップキープの開始時に、あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。
各対戦相手のアップキープの開始時に、そのプレイヤーはクリーチャーを1体生け贄に捧げる。
6/6

法務官サイクルのハズレ枠!
沼 渡 り


赤:
《隠れしウラブラスク/Urabrask the Hidden》
Urabrask the Hidden / 隠れしウラブラスク (3)(赤)(赤)
伝説のクリーチャー − 法務官(Praetor)
あなたがコントロールするクリーチャーは速攻を持つ。
あなたの対戦相手がコントロールするクリーチャーはタップ状態で戦場に出る。
4/4

法務官サイクルのハズレ枠!
そして、赤はもう1枚入りそうなカードが収録範囲にないじぇ。
収録範囲に無色のカードが多いから、多色に赤分のあるカードが入るかわりに赤の神話レアの枚数が削減なんてこともありそうだじぇ・・・
現に通常エキスパンションでは、神話レアの枚数は各色均等ではないものね・・・


緑:
《貴族の教主/Noble Hierarch》
Noble Hierarch / 貴族の教主 (緑)
クリーチャー − 人間(Human) ドルイド(Druid)
賛美(あなたがコントロールするいずれかのクリーチャーが単独で攻撃するたび、そのクリーチャーはターン終了時まで+1/+1の修整を受ける。)
(T):あなたのマナ・プールに(緑)か(白)か(青)を加える。
0/1

定番マナクリーチャーのおば賛美!
《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》や《闇の腹心/Dark Confidant》が神話レアに格上げされたように、こいつも高額レアなだけに、レアから神話レアに格上げされそうな気がするじぇ・・・


《飢餓の声、ヴォリンクレックス/Vorinclex, Voice of Hunger》
Vorinclex, Voice of Hunger / 飢餓の声、ヴォリンクレックス (6)(緑)(緑)
伝説のクリーチャー − 法務官(Praetor)
トランプル
あなたがマナを引き出す目的で土地を1つタップするたび、あなたのマナ・プールにその土地が生み出したいずれかのタイプのマナ1点を加える。
対戦相手1人がマナを引き出す目的で土地を1つタップするたび、その土地はそれのコントローラーの次のアンタップ・ステップの間にアンタップしない。
7/6

法務官サイクルのハズレ枠!


多色:
《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》
Ajani Vengeant / 復讐のアジャニ (2)(赤)(白)
プレインズウォーカー − アジャニ(Ajani)
[+1]:パーマネント1つを対象とする。それはそれのコントローラーの次のアンタップ・ステップの間にアンタップしない。
[-2]:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。復讐のアジャニはそれに3点のダメージを与え、あなたは3点のライフを得る。
[-7]:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーがコントロールするすべての土地を破壊する。
3

赤を含む多色枠兼、おそらく2枠のPW枠。
《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》とか《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》あたりも再録されそうな気もするけれど、
あたちは、ちょこちょこ採用されているこいつを押すじぇ!


無色:
《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
Emrakul, the Aeons Torn / 引き裂かれし永劫、エムラクール (15)
伝説のクリーチャー − エルドラージ(Eldrazi)
引き裂かれし永劫、エムラクールは打ち消されない。
あなたが引き裂かれし永劫、エムラクールを唱えたとき、このターンに続いて追加の1ターンを行う。
飛行、プロテクション(有色の呪文)、滅殺6
引き裂かれし永劫、エムラクールがいずれかの領域からいずれかの墓地に置かれたとき、オーナーは自分の墓地を自分のライブラリーに加えて切り直す。
15/15

収録が公式ソースにより確定!
他の2柱も再録しそうな気もするけれど、枠がないので伝説のエルドラージはこいつだけな気がするじぇ・・・
ちなみにこいつのカードナンバー3番なのね。
よって、これ以前のカードナンバーが振られているカードは2枚、
そして、アーティファクトでない無色のカードで、「E」より前のカードって大してないよね。
「A」ではじまり、アーティファクトでない《全ては塵/All Is Dust》はおそらく来るんじゃないかなあと思うじぇ・・・


《肉体と精神の剣/Sword of Body and Mind》
Sword of Body and Mind / 肉体と精神の剣 (3)
アーティファクト − 装備品(Equipment)
装備しているクリーチャーは+2/+2の修整を受けるとともにプロテクション(緑)とプロテクション(青)を持つ。
装備しているクリーチャーがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、あなたは緑の2/2の狼(Wolf)クリーチャー・トークンを1体戦場に出し、そのプレイヤーのライブラリーの一番上から10枚のカードをそのプレイヤーの墓地に置く。
装備(2)

《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》
Sword of Feast and Famine / 饗宴と飢餓の剣 (3)
アーティファクト − 装備品(Equipment)
装備しているクリーチャーは+2/+2の修整を受けるとともにプロテクション(黒)とプロテクション(緑)を持つ。
装備しているクリーチャーがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、そのプレイヤーはカードを1枚捨て、あなたはあなたがコントロールする土地をすべてアンタップする。
装備(2)

《戦争と平和の剣/Sword of War and Peace》
Sword of War and Peace / 戦争と平和の剣 (3)
アーティファクト − 装備品(Equipment)
装備しているクリーチャーは+2/+2の修整を受けるとともにプロテクション(赤)とプロテクション(白)を持つ。
装備しているクリーチャーがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、戦争と平和の剣はそのプレイヤーに、そのプレイヤーの手札にあるカードの枚数に等しい点数のダメージを与え、あなたはあなたの手札にあるカード1枚につき1点のライフを得る。
装備(2)

ミラディンの傷跡ブロックの神話レアの伝説の剣サイクル。
《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》はモダンイベントデッキで再録されたけれど、
前回のモダンマスターズで《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》と《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》を神話レアに昇格して収録したから、こいつらもサイクルとして収録する気がしますお!

―――――いらないけれどね!


《解放された者、カーン/Karn Liberated》
Karn Liberated / 解放された者、カーン (7)
プレインズウォーカー − カーン(Karn)
[+4]:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは自分の手札からカードを1枚追放する。
[-3]:パーマネント1つを対象とし、それを追放する。
[-14]:解放された者、カーンにより追放された全てのオーラ(Aura)でないパーマネント・カードを別にした状態にしたまま、ゲームを再び開始する。その後、それらの別にしたカードをあなたのコントロール下で戦場に出す。
6

2枠あるPW枠に一番来そうなのはカーンだと思うお。
新規収録範囲のカードだし、採用実績から言って他のPWの追随を許さないじぇ・・・





以上、15枚上げてみましたお。
願望も結構入っているけれど、
明らかなハズレ枠も設定されているから、意外と現実的に見えないかお?w

モダンマスターズ2015の続報が待ち遠しいじぇ!
なんとしても購入したいところだおっおっお!
posted by 夢珠 at 13:19| Comment(3) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モダンマスターズ2015が発売されるというのに・・・



笑えよ、ベジータw
スタンダードにおいて、フェッチランド10種類はないと思って、前の日曜日に注文しちまいましたおw
今日届きましたおっおっお\(^o^)/

タルキールブロックにおいては、まず間違いなく対抗色フェッチランドの再録はない。
だからこそ、モダンマスターズ2015に再録間違いなしだお!

今回は英語版に加えて日本語版も発売されるみたいだし、最近の限定商品(笑)の様子を見ていると、
結構数は出回りそうな気がしますお。
しかし、円安の煽りを受けて単価が凄いことになりそうだけれどね!

プレビューは満足に始まっていないけれど、
目玉カードとして《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》と《刻まれた勇者/Etched Champion》が公開されていましたお。

Emrakul, the Aeons Torn / 引き裂かれし永劫、エムラクール (15)
伝説のクリーチャー − エルドラージ(Eldrazi)
引き裂かれし永劫、エムラクールは打ち消されない。
あなたが引き裂かれし永劫、エムラクールを唱えたとき、このターンに続いて追加の1ターンを行う。
飛行、プロテクション(有色の呪文)、滅殺6
引き裂かれし永劫、エムラクールがいずれかの領域からいずれかの墓地に置かれたとき、オーナーは自分の墓地を自分のライブラリーに加えて切り直す。
15/15

Etched Champion / 刻まれた勇者 (3)
アーティファクト クリーチャー − 兵士(Soldier)
金属術 ― 刻まれた勇者は、あなたがアーティファクトを3つ以上コントロールしているかぎり、プロテクション(すべての色)を持つ。
2/2


引き裂かれし永劫、エムラクールはレガシーのショーテル系、モダンのトロン系のアーキタイプで大活躍中、
刻まれた勇者は、レガシーやモダンの親和の定番パーツだお。
どっちも足りないから是非とも欲しいじぇ・・・

このモダンマスターズ2015は、前回のモダンマスターズから2年の月日が流れているだけあって、
収録範囲は、基本セットは8th〜M11まで、エキスパンションはミラディン〜ミラディンの傷跡と、
前回のモダンマスターズの収録範囲+2年な感じみたいですお。

つまり、基本セットからは各種力戦や各種タイタン、
エキスパンションからは対抗色フェッチランドやエルドラージ、
ミラ傷の伝説の剣3種+殴打頭蓋などなど、上げればきりがないほどのカードが収録範囲にありますお。
特にゼンディカーブロックが収録範囲になるのが非常に大きいおね!

前回の収録範囲が再び収録範囲に設定されているのがまた素晴らしい。
前回収録されなかったモダンの定番カード、
例えば、レアでは《貴族の教主/Noble Hierarch》や《風景の変容/Scapeshift》
アンコモン以下では、《血清の幻視/Serum Visions》や《差し戻し/Remand》が収録する可能性があるわけですからね!
可能性というか、このあたりはもう内定って感じがするじぇ・・・

なお発売は来年の5月、ゴールデンウィークになる模様ですお・・・
買えれば数ボックスなんてけちなこと言わずに、予約上限までぶっこむじぇ!
posted by 夢珠 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

クソデッキ生成装置A

Lion's Eye Diamond / ライオンの瞳のダイアモンド (0)
アーティファクト
ライオンの瞳のダイアモンドを生け贄に捧げる,あなたの手札を捨てる:あなたのマナ・プールに、好きな色1色のマナ3点を加える。この能力は、あなたがインスタントをプレイできるときにのみ起動できる。

かつてのクソレアが、現在はとんでも無い価格に・・・
環境の変遷により見直されるカードの代名詞的なカードですお!

見ての通りのブラックロータスの調整版だお
1ターン目に4マナにアクセスできるマジキチマナブーストカードだおw
手札を捨てちゃうけれど、手札を捨てることがメリットになるようなデッキで使えば問題ないよね!
寧ろそんなデッキで採用すれば、ブラックロータス以上の働きをするよね・・・
そんなわけで、ヴィンテージでも本家ブラックロータス同様に制限カードとなっておりますです。

採用されるデッキは、アドストーム、ベルチャー、ドレッジといった、高速コンボ系のいわゆるクソデッキが中心だおっおっお!
レガシーらしいから、一応この手のクソデッキも持っておきたいんだよね!
瞬殺されるのは、レガシーと言う環境なのにカウンターもハンデスも積んで居ないコンボ耐性0の甘えたデッキがいけないと思うんだ!

そんなわけで、次ぎあうまでにはクソデッキ何かしら作っていくじぇ!
posted by 夢珠 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月05日

クソデッキ生成装置



えへへっ、買っちゃった☆
posted by 夢珠 at 18:45| Comment(2) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

土地単

土地単くみたいおおおおおおおおおおおおおお!

でも、貧乏デッキかとおもいきや、レガシートップレベルの札束なので組めないのお!

いつの間にか土地単で必要なデュアルランドは揃っているのにい!

それなのにまだまだ構築をためらうのは、おなじみ「長い名前の土地」のせい・・・

MTGっぽい単語なんて土地だけなのに、「長い名前の土地」で検索すると一番上にMTG-Wikiが来るくらい、おなじみの「長い名前の土地」

そう、みんなだいすき《The Tabernacle at Pendrell Vale》ちゃん!

The Tabernacle at Pendrell Vale
伝説の土地
すべてのクリーチャーは「あなたのアップキープの開始時に、あなたが(1)を支払わないかぎり、このクリーチャーを破壊する。」を持つ。

はい、見ての通り狂っておりますお・・・
マナ能力はないけれど、ちょっと信じがたい能力を持つ土地ですお・・・

ちなみにイラストもなかなかに綺麗で好みだじぇ



「長い名前の土地」で定着しちゃったのはものすごく読みにくくて、馴染みのない英単語だからだよねw

こいつは「ざ たばなくる あっと ぺんどれる べいる」って読みますお。
直訳では、タバナクル峡谷の大神殿みたいですお。

ものすごく欲しいカードなのだけれど、一般的には2枚必要で、お値段は・・・

ドン☆

状態が許せる程度のもので英語版だと85000円〜みたいだお・・・

ヴィンテージは論外だから比較しちゃダメだとしても、おそらくレガシーでリーガルなカードの中では一番高いじぇ・・・

こいつさえなんとかなれば土地単組めるのになあ・・・

2枚で17万円か・・・

流石にここまでは手が出せないじぇ・・・
posted by 夢珠 at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

DLC1000円

みたいなこと言っていたら、amazonのレビューに同じようなこと書かれていて草不可避www
言いたいことは大抵書いてあったので閲覧推奨だお!w

しかし、こんなうっすい内容でフルプライスなのに課金制度ですか?
ユーザー馬鹿にしているの?死ねばいいのに。

あたちも、はるかに評価の高いスマブラを買っておけばよかったじぇ・・・

今回、ライトユーザー全滅だろうに・・・
ふんたーのあたちにしてみれば集会所のクエ半端じゃなく難しいじぇ・・・

極限モンスは論外クソモンスだとしても、
一般モンスであってもジンオウガ亜種の魔改造っぷりには、ため息すら出ないじぇ・・・

PT組もうにも、どうせ身内は村クエばっかりでろくに進んでなくて
一緒にやるとなってもそっちの手伝いになっちゃうだろうし、
オンライン行こうにも、ゴミ装備以前の前に、
あまりの極限モンスのクソっぷりに大剣ってだけで蹴られるみたいだから、行けないじぇ・・・

強装備と言われている双剣や片手剣、操虫棍に手を出してみようかね・・・
とりあえず、大剣もハンマーも、オンだとキック対象武器みたいなんで、
どうにもなりませんわぁ・・・

最低のモンハンって4のことを評したけれど、あれは撤回だ。
結局またギルクエでさいつよ装備みたいだし、4Gこそ最低のモンハンだお!

もうまじめに身内とやる時にベースキャンプ君だけしていればいいや。
蹴られたり、文句言われたららそれまででいいしね。
それ以上やりたいとも思わないじぇ・・・
ストレスしかたまらん、マジゴミゲー。

ミャアさんとかも悪いことは言わないじぇ、
G1で躓いているようなら、もう潔く諦めてパズドラやっている方がいいよん。
そのプレイヤースキルじゃ、いくらいい装備付けても後半無理ゲーだじぇ、どうにもならない壁にぶち当たる。
どうしてもやるなら、取り敢えず大剣捨てるところから始めたほうがいいかもよん?
posted by 夢珠 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

モダンではジェスカイの隆盛コンボとやらがほっとらしい

IV Arcanis Deluxe
フォーマット:モダン(〜タルキール覇王譚)
デッキ名:Jeskai Ascendancy
成績:1st Place

土地/16枚
1《島/Island》
4《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3《マナの合流点/Mana Confluence》
2《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2《繁殖池/Breeding Pool》
1《寺院の庭/Temple Garden》
2《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》

クリーチャー/14枚
4《極楽鳥/Birds of Paradise》
2《東屋のエルフ/Arbor Elf》
4《貴族の教主/Noble Hierarch》
4《森の女人像/Sylvan Caryatid》

その他の呪文/
4《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4《手練/Sleight of Hand》
1《ぶどう弾/Grapeshot》
4《きらめく願い/Glittering Wish》
4《血清の幻視/Serum Visions》
3《宝船の巡航/Treasure Cruise》
4《たなびく紺碧/Cerulean Wisps》
3《魔力変/Manamorphose》
3《ジェスカイの隆盛/Jeskai Ascendancy》

サイドボード/15枚
1《ジェスカイの隆盛/Jeskai Ascendancy》
1《突然の衰微/Abrupt Decay》
1《摩耗/Wear》
1《魔力変/Manamorphose》
1《シミックの魔除け/Simic Charm》
2《流刑への道/Path to Exile》
1《スフィンクスの啓示/Sphinx's Revelation》
1《耳障りな反応/Guttural Response》
1《ラクドスの魔除け/Rakdos Charm》
3《白鳥の歌/Swan Song》
1《オレリアの憤怒/Aurelia's Fury》
1《焦熱の裁き/Fiery Justice》


100人ちょいの中規模な大会では有りますが、優勝を飾ったみたいですお。

Jeskai Ascendancy / ジェスカイの隆盛 (青)(赤)(白)
エンチャント
あなたがクリーチャーでない呪文を1つ唱えるたび、ターン終了時まで、あなたがコントロールするクリーチャーは+1/+1の修整を受ける。それらのクリーチャーをアンタップする。
あなたがクリーチャーでない呪文を1つ唱えるたび、あなたはカードを1枚引いてもよい。そうしたなら、カードを1枚捨てる。

デッキの動きは、マナクリを出して《ジェスカイの隆盛/Jeskai Ascendancy》を貼って、軽ドロースペルを連打するだけ!
ドロースペルは、当然「クリーチャーでない呪文」なので、《ジェスカイの隆盛/Jeskai Ascendancy》の1番目の効果によりマナクリーチャーが全てアンタップされるじぇ!
ちなみに、採用されているドロースペルは、全て1マナ・・・
と、言うことは、すなわち1マナのドロースペルを唱えても、マナクリが場に1体以上居ればそれらをアンタップし再びマナ能力を起動することで、唱えた分以上のマナが帰ってくるんだじぇ!

ここで見逃せないのは《ジェスカイの隆盛/Jeskai Ascendancy》の2番めの能力。
「あなたがクリーチャーでない呪文を1つ唱えるたび、あなたはカードを1枚引いてもよい。そうしたなら、カードを1枚捨てる。」
ドロースペルがさらにデッキを掘り下げることができるようになるじぇ!
デッキを掘り下げ、ひたすらドローカードを引っぱり連打することでループを形成するじぇ!

ループが形成できたら、ストームぶどう弾でワンショット又は、《ジェスカイの隆盛/Jeskai Ascendancy》の能力連打で20/21以上になった《極楽鳥/Birds of Paradise》でぶん殴るだけ!

試しに回してみると、キーカードが実質《ジェスカイの隆盛/Jeskai Ascendancy》だけなので、非情に安定しているんだお!
その《ジェスカイの隆盛/Jeskai Ascendancy》はメインボードに3枚だけれど、《きらめく願い/Glittering Wish》でサイドボードから引っ張ってこれるので、実質7枚入っているってことだじぇ!

このデッキの強いところは、コンボを早く成立させるためのマナクリーチャーと、コンボパーツを引っ張るためのドローカードが、そのままコンボパーツであることに尽きるおね!

《ジェスカイの隆盛/Jeskai Ascendancy》さん、へたしたらモダンBANさえあるんじゃないかと言われているじぇ・・・
ネタクランかと思われたけれど、ところがどっこいとんでもないポテンシャルを秘めていたクランだったじぇ・・・

それにしても、タルキール覇王譚がリーガルになってからまだ1周間よん?
スタンダード、モダン、レガシー、果てはヴィンテージさえにまで及ぶ脅威の影響力・・・
まだ、発売されて1週間ちょいなのに、環境に与えた影響はとてつもないお!
このエキスパンション自体のポテンシャルが計り知れないじぇ・・・

タルキール覇王譚、恐ろしい子・・・
posted by 夢珠 at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月30日

出たーwタルキール覇王譚には下の環境で使えるカードがない奴www

おまえらみんな土下座な!
はい、一緒にごめんなさい!

まずは先日のSCGの結果からどうぞんだお!

SCG OPEN in New Jersey
フォーマット:レガシー(〜タルキール覇王譚)
デッキ名:U/R Delver
成績:1st Place

土地/17枚
2《島/Island》
1《山/Mountain》
1《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4《汚染された三角州/Polluted Delta》
4《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
4《Voncanic Island》
1《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》

クリーチャー/12枚
4《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》

その他の呪文/31枚
4《渦まく知識/Brainstorm》
4《目くらまし/Daze》
4《Force of Will》
4《稲妻/Lightning Bolt》
1《Chain Lightning》
2《二股の稲妻/Forked Bolt》
4《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4《思案/Ponder》
4《宝船の巡航/Treasure Cruise》

サイドボード/15枚
2《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1《無のロッド/Null Rod》
2《真髄の針/Pithing Needle》
2《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
2《血染めの月/Blood Moon》
2《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
3《紅蓮破/Pyroblast》
1《粉々/Smash to Smithereens》


 

早速やらかしてくれましたお!
《宝船の巡航/Treasure Cruise》は、ワンチャンやらかすような気もしたけれど、まさか4枚ガン積みとは・・・

デッキ自体は、カナディアンスレッショルドから、緑要素、つまり《タルモゴイフ/Tarmogoyf》と《敏捷なマングース/Nimble Mongoose》を抜いた感じだお。
この2枚を採用しないことで、墓地は自由に消費できる様になり、探査をフル活用できるようになった模様。

《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》は、同じくSCGのモダンのバーンにも採用されており、デッキによっては、今後《ゴブリンの先達/Goblin Guide》よりも優先度が上がりそう。
構築次第では毎ターン2/3以上が約束されており、デメリット能力もなくなっているという、まさにマジキチカード。
クロックパーミッションやバーンのように、毎ターン呪文を唱えるようなデッキなに持って来いだお!

そして、《宝船の巡航/Treasure Cruise》は、あのパワー9の《Ancestral Recall》の調整版だお。
しかし、マナコストをアホみたいに大きくして調整したのに、コスト軽減能力を有しているせいで、本家《Ancestral Recall》同様の働きをしているじぇ・・・
コスト大きくする方向で調整したのに、なんでコスト軽減能力付けたんだお・・・
例によって、クロックパーミッションのような毎ターン呪文を使うデッキであれば、探査コストですぐに唱えることができちゃうね!
うん、まさに《Ancestral Recall》だね!




その他では《時を越えた探索/Dig Through Time》がレガシーのスニークショーを筆頭に、レガシーやモダンのコンボデッキで採用されている模様。
こいつも、今後はコンボデッキの標準装備になるかもね!

だから、コストを重くしても軽減能力があるんじゃ・・・
そしてこいつも、サーチカードかお・・・

やっぱり探査はちょっとやってしまった感があるじぇ・・・
とりあえず、今後の環境に期待だっお!


スタンダードでは、

SCG OPEN in New Jersey
フォーマット:スタンダード(〜タルキール覇王譚)
デッキ名:Jeskai Tempo
成績:1st Place

土地/24枚
2《島/Island》
3《山/Mountain》
2《平地/Plains》
3《戦場の鍛冶場/Battlefield Forge》
2《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1《神秘の僧院/Mystic Monastery》
3《シヴの浅瀬/Shivan Reef》
4《天啓の神殿/Temple of Epiphany》
4《凱旋の神殿/Temple of Triumph》

クリーチャー/11枚
4《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》
4《カマキリの乗り手/Mantis Rider》
3《道の探求者/Seeker of the Way》

その他の呪文/25枚
1《紅蓮の達人チャンドラ/Chandra, Pyromaster》
2《龍語りのサルカン/Sarkhan, the Dragonspeaker》
2《払拭の光/Banishing Light》
2《時を越えた探索/Dig Through Time》
4《ジェスカイの魔除け/Jeskai Charm》
4《稲妻の一撃/Lightning Strike》
4《マグマの噴流/Magma Jet》
2《蒸気占い/Steam Augury》
4《かき立てる炎/Stoke the Flames》

サイドボード/15枚
2《灰雲のフェニックス/Ashcloud Phoenix》
3《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
2《マグマのしぶき/Magma Spray》
2《否認/Negate》
1《悟った達人、ナーセット/Narset, Enlightened Master》
1《嵐の神、ケラノス/Keranos, God of Storms》
1《龍語りのサルカン/Sarkhan, the Dragonspeaker》
2《神々の憤怒/Anger of the Gods》
1《啓蒙の神殿/Temple of Enlightenment》


ネタ要員だと思われたジェスカイクランがまさかのトップを飾りましたお。
配信見ていた限りだと、やっぱり《カマキリの乗り手/Mantis Rider》は狂っていた。
3マナ・3/3・飛行・速攻・警戒というのは、ほんとうに雑に強いおね!
《かき立てる炎/Stoke the Flames》の召集とのシナジーがすばらしいじぇ・・・

そして、《ジェスカイの魔除け/Jeskai Charm》・・・
これはなんていうか酷いカードだじぇ・・・
甘えたプレイングしていると、トップバウンスモードがさながら《Time Walk》のように機能して、あっという間に《カマキリの乗り手/Mantis Rider》にぶっ殺されるじぇ・・・

バーンカードが非常に多く、テンポデッキにしてはかなり前のめりだけれど、サイドの《嵐の神、ケラノス/Keranos, God of Storms》や《悟った達人、ナーセット/Narset, Enlightened Master》を加える事で、重コントロールにスイッチ出来る構成なのね!
《悟った達人、ナーセット/Narset, Enlightened Master》は重すぎて産廃かと思っていたけれど、コントロールを確立するまでもなく、というかコントロールを確立するために叩きつけていい札みたいね。
機能しだしたらもう止まらなかったじぇ・・・

既存のトリコカラーとは、若干動きが異なる感じで面白そうだったお!
しかし、このデッキ線が細いけれど、実際にこれで勝てるのだろうかお?
緑単信心の《高木の巨人/Arbor Colossus》とかで止まってしまいそうだけれど、どうなんだろうね・・・
でも、ここまで緑単信心をなぎ倒して優勝しているくらいだから、回答はあるんだろうだお。

とりあえず、カードはひと通りあるので、似たようなデッキを作ってみるお!


ついでに、もういっこ!

SCG OPEN in Indianapolis
フォーマット:スタンダード(〜タルキール覇王譚)
デッキ名:Abzan Midrange
成績:1st Place

土地/24枚
2《森/Forest》
2《平地/Plains》
2《沼/Swamp》
4《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
4《砂草原の城塞/Sandsteppe Citadel》
4《疾病の神殿/Temple of Malady》
2《豊潤の神殿/Temple of Plenty》
3《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》

クリーチャー/25枚
1《灰燼の乗り手/Ashen Rider》
4《エルフの神秘家/Elvish Mystic》
3《女王スズメバチ/Hornet Queen》
2《死滅都市の悪鬼/Necropolis Fiend》
4《サテュロスの道探し/Satyr Wayfinder》
4《包囲サイ/Siege Rhino》
4《森の女人像/Sylvan Caryatid》
3《ニクスの織り手/Nyx Weaver》

その他の呪文/11枚
1《奈落の総ざらい/Empty the Pits》
4《残忍な切断/Murderous Cut》
2《エレボスの鞭/Whip of Erebos》
4《神々との融和/Commune with the Gods》

サイドボード/15枚
1《死滅都市の悪鬼/Necropolis Fiend》
1《再利用の賢者/Reclamation Sage》
1《毅然たる大天使/Resolute Archangel》
2《払拭の光/Banishing Light》
1《胆汁病/Bile Blight》
4《英雄の破滅/Hero's Downfall》
2《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun's Champion》
3《思考囲い/Thoughtseize》


こっちは、インディアナポリスでの優勝デッキだお。
インディアナポリスの1位、2位はともにアブザンカラーのミッドレンジみたいね!

でも、1位のデッキはリアニメイト、2位のデッキは素直なミッドレンジで形がぜんぜん違うね!
《包囲サイ/Siege Rhino》はどっちにも入っているね!流石というか、案の定だね!

《墓忍び/Tombstalker》ではなく《死滅都市の悪鬼/Necropolis Fiend》が公開されてがっかりだったけれど、見ていた限りじゃ《死滅都市の悪鬼/Necropolis Fiend》もかなりぶっ飛んだカードだったお。
盤面の制圧力という点では、あきらかに《死滅都市の悪鬼/Necropolis Fiend》に軍配が上がるね!
3ターン目とかに着地され、消化試合になっちゃうお・・・

・・・こいつも探査ね!はいはい、探査探査!

《エレボスの鞭/Whip of Erebos》からの《包囲サイ/Siege Rhino》の動きがマジキチだお!
CIPのドレインと絆魂ぱんちでライフ差14点もつく!
アグロデッキは、おまえもうおしまいバイバイね!

リアニメイトに特化せずに、マナランプから大型クリーチャーを出せる構成は、イニストラード−ラヴニカへの回帰期のドランリアニメイトさながらね!



全体眺めた雑感は「大きく環境が動いたね」これに尽きるお!
旧スタンダードのデッキでは緑単信心やモンスターズが残っていて、使用者もかなり多いみたいだけれど、
どちらの大会でもタルキール覇王譚のカードをふんだんに採用した3色のデッキが制した模様。
まだ出たばかりでろくに調整なんてできていないのに、スゴイね!
やっぱりタルキール覇王譚、純粋にカードパワー高いおね!

そういえば、フェッチランド。
デッキレシピ眺めていたら、スタンダードでは4枚採用はしないのが主流なのね。
どのデッキも2~3枚程度の採用に抑えるのね!
コピー厨じゃなくても、土地の配分はプロのを参考にするのがオススメだじぇ!


数週間後のプロツアーでどんなとんでもデッキが出てくるかが今から楽しみだお!
かなり環境が動いた見ただから、早くタルキール環境で遊びたいじぇ!

犬コバさま、帰還はよ!
posted by 夢珠 at 21:32| Comment(2) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月10日

きんせんかんかくがぶろーくん!

・パズドラで間違えて石使って1回だけコンティニュー → ものすごい凹む

・今月のMTG出費10諭吉コース → なんとも思わない

こ、これはまずいお・・・

少しタガが外れかかっているのかもしれない・・・

す、少し財布の紐を引き締めないとね・・・(震え声



しかし、タルキール覇王譚。
フェッチ以降微妙なカードが続くなあ、
と、思っていたら先週末くらいからのラッシュがスゴイね。

下の環境で使えそうなカードという観点からは、
モダンレベルならちょこちょこある程度で、レガシーレベルは殆ど無いけれど、
スタン基準で考えると、強力なカード多いですおね。

某猿(3マナ4/4に加え、マナ払えば、速攻・手札にバウンス・パンプ)とか
某デーモン(4マナ5/4飛行に加え、クリーチャーサクれば。絆魂・警戒・速攻)とか
某カマキリ(3マナ3/3飛行・警戒・速攻)とかすさまじいスペックだと思いますお。
部族によらない《墓所這い/Gravecrawler》もどきもいいしね。

テーロスよりは間違いなくインフレしていて、
ゲームバランス的には期待できるかもしれないじぇ・・・

レガシーレベルのカードとしては、頑固な否認に期待しているじぇ。
通常状態では1マナで1マナ要求の下位互換《呪文貫き/Spell Pierce》だけれど、
条件達成で1マナ否認になるのは、もう本当にスゴイじぇ・・・
カナスレとかチメリカみたいなクロパ使っていると、
後半《呪文貫き/Spell Pierce》じゃ、《剣を鍬に/Swords to Plowshares》のような軽量除去さばけずに腐っちゃうのがほんとうに痛いんだよね。
下の環境なら、条件達成には《タルモゴイフ/Tarmogoyf》立てるだけでいいから、
すごく敷居が低いと思うの。

先週中盤までは4箱いったのちょっと後悔したけれど、
いまでは全然問題なしだじぇ!

そもそも、レガシーみたいな下の環境で使えるカード=フェッチランド5種入っている時点で、神セットなんですよね。
ラヴニカへの回帰では、《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》や《突然の衰微/Abrupt Decay》程度だし、
比較的極端なパワーカードの多いイニストラードでも、
《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft》、《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》、《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》程度ですお。

本来、5枚もレガシー水準のカードが入っている時点で、とんでもないセットなんだじぇ。
高望みしすぎだじぇ、おまいら・・・
posted by 夢珠 at 23:58| Comment(3) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

タルキール覇王譚@

イニストラードブロックの後半から復帰して、ラヴニカへの回帰、テーロスと続けてきたけれど、
今回のセットのわくわく感は復帰してから一番だじぇ!











まずは、ONSフェッチ全種再録だじぇ・・・
イラストは相変わらず美しいじぇ・・・

《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》は特に好みw
氷雪地形も持って来られそうねw

そういえば、全部のイラストにドラゴンの骨らしきものが描かれているのね。
今回タイムトラベルするみたいだから、
第2か第3エキスパンションで過去に戻って、在りし日のこのドラゴンたちが登場するのであろうか・・・




ソリンさん久しぶりに再登場!
吸血鬼トークンのフランちゃんがアップし始めたじぇ!

しかし、あんまり強くない気がするお・・・




サルカンさんも久々に再登場!
うん、こっちは超強いね・・・

+能力が、4/4・速攻・飛行・破壊不能のドラゴンに変身ってどういうことなんだじぇ・・・
小-は、クリーチャーに4点ダメージ・・・
同じ5マナの某テーロスの4/4・速攻・飛行・プロ白のストームブレスさんがかわいそうだろ、やめてさしあげろ!

すごいね。
5マナ4/4・速攻・飛行・破壊不能ってだけで半端じゃ無いのに、
それに加えて、盤面に触れる能力とは恐れ入る・・・

つよい(確信




タップインなものの、2マナ2/1条件付きで、ハンデス強制・・・
コモンでこの性能か・・・
赤黒アグロがローテーション後も残りそうなだけに、すぐに内定先が見つかりそうな1枚だね




みんな大好き魔除けさん。
今回は楔3色の魔除けサイクルみたいだじぇ。

これは、
・究極の価格
・帰化
・2ドロー、1ディスカード
のいずれから選択・・・

つよい(確信




キーワード能力として、未来予知でごくわずかに登場した探査がキーワード能力化!

・探査
定義
探査/Delveは、「この呪文の総コストにある不特定マナ1点につき、あなたはそのマナを支払うのではなく、あなたの墓地にあるカードを1枚追放してもよい。」を意味する。

墓忍びさんのように、超絶コスパの超生物が出てきそう・・・
コスト踏み倒し・軽減系はまずいっすよWotCさん・・・




Nexusは、直訳すると連結と買って意味だけれど、
《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》のように生息地的な意味でも使うみたいだお・・・

とすると、ウギンの生息地・・・?
これは・・・

タイムトラベルして生前のウギンとか登場しちゃうの?
あるいは、ウギンの生死については、ボーラス談「私が殺した」だけで、
公式でも生死不明なニュアンスで公表しているだけに、実は生きている的なサプライズが・・・

まだ第1エキスパンションすらでていないのに、第2、第3が気になるじぇ・・・

カードの能力自体はスタンじゃ問題なさそうだけれど、
下の環境のMUDとかで《カルドーサの鍛冶場主/Kuldotha Forgemaster》当たりと悪さしそうな気も・・・

一応、エムラクールに追加ターンを与えず、滅殺後こちらが追加ターンを得られるように、
エムラクールをすごく意識したデザインになっているのね・・・

でも、これじゃ多分エムラクール様止まらないお・・・





と、タルキール覇王譚のスポイラーは初日からフルスロットルだじぇ!

発売まで待ち遠しすぎる。
ここまで楽しみなセットは、TCG歴通しても滅多にないじぇ・・・

ニクスへの旅、M15は、
ドラフト以外では、片手で数えられるほどにしかパックを剥いていないので、
今回は思い切って4箱行きましたお。
たまには地元のショップにお金落とさないとだしね!
posted by 夢珠 at 19:03| Comment(1) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

ルールの間違いあれこれ

先日のコバケンとのモダンデュエル中に、ルールの間違いがちょこちょこ有ったので、
訂正と補足と解説をしていくじぇ!

■《呪文滑り/Spellskite》の対象変更能力について
Spellskite / 呪文滑り (2)
アーティファクト クリーチャー − ホラー(Horror)
(青/Φ):呪文1つか能力1つを対象とし、それの対象を呪文滑りに変更する。((青/Φ)は(青)でも2点のライフでも支払うことができる。)
0/4

●ルール
・対象を変更できるのは、その呪文や能力の対象として呪文滑りが適正であるものだけである。プレイヤーしか対象に取れないものや、アーティファクト・クリーチャーを対象に取れないものなどは変更できない。
例えば、対戦相手の装備品の装備先をこのクリーチャーに変更することはできない。
・呪文や能力の対象を変更できるかどうかにかかわらず、起動すること自体はできる。対象を取らないものや既に呪文滑りを対象にしているものであっても可能。その場合、解決時には何もしない。
能力の解決時に呪文滑りを対象にできない状況(例えば呪文滑りがプロテクションや呪禁を得たなど)になっていた場合も同様に何もしない。
・複数の対象を取る能力の場合、そのうちの1つだけを呪文滑りに変更する。対象の数を変更することはできないし、複数の対象を「呪文滑り1体に集中」ということもできない。


>対象を変更できるのは、その呪文や能力の対象として呪文滑りが適正であるものだけである。プレイヤーしか対象に取れないものや、アーティファクト・クリーチャーを対象に取れないものなどは変更できない。

対象が適正でないといけないお!って説明したのに、相手の《修復の天使/Restoration Angel》の能力が何故か《呪文滑り/Spellskite》に滑らされていた件について・・・
あたちの《呪文滑り/Spellskite》ちゅええ!

>複数の対象を取る能力の場合、そのうちの1つだけを呪文滑りに変更する。対象の数を変更することはできないし、複数の対象を「呪文滑り1体に集中」ということもできない。

これは普通にしらなかったお!
《静穏の天使/Angel of Serenity》のように最大3つの対象を取る場合、そのうちの1つしか対象を変更することが出来ないのね。
なお、補足だけれど、複数の対象を取る能力の場合、予めそのうちの1つの対象を《呪文滑り/Spellskite》にしておけば、他のものを対象にしたものについては、《呪文滑り/Spellskite》では一切干渉できない模様。


■フラッシュバックされた呪文を対象に《差し戻し/Remand》を唱えた場合の処理について
Remand / 差し戻し (1)(青)
インスタント
呪文1つを対象とし、それを打ち消す。その呪文がこれにより打ち消された場合、それをそのプレイヤーの墓地に置く代わりにオーナーの手札に加える。
カードを1枚引く。

□フラッシュバック
●定義
フラッシュバック [コスト]/Flashback [コスト]は以下の2つの能力からなる。
・このカードのマナ・コストを支払うのではなく[コスト]を支払うことで、あなたはあなたの墓地にあるこのカードを唱えてもよい。
・フラッシュバック・コストが支払われている場合、このカードがスタックから離れる場合、他の場所に移動させる代わりに追放する。

●ルール
・記憶の欠落/Memory Lapseなどで打ち消しても、結果的に追放される。記憶の欠落の置換が先に適用されてカードの行き先を墓地からライブラリーの上に変更するが、依然として「追放領域以外に移動する」ことに変わりないため、次に適用されるフラッシュバックの置換で行き先が追放領域に変更される。
(勘違いされることがあるが、「フラッシュバックで追放するのは自己置換効果であり、記憶の欠落など通常の置換効果より先に適用されるから」という理由ではない。これには二重の誤りがある。フラッシュバックの置換は自己置換効果ではないし、逆に記憶の欠落などの置換は自己置換効果である。よって実際には必ずフラッシュバックの置換が後に適用される。)


Memory Lapse / 記憶の欠落 (1)(青)
インスタント
呪文1つを対象とし、それを打ち消す。その呪文がこれにより打ち消された場合、それをそのプレイヤーの墓地に置く代わりに、オーナーのライブラリーの一番上に置く。

>フラッシュバック・コストが支払われている場合、このカードがスタックから離れる場合、他の場所に移動させる代わりに追放する。

はい。《差し戻し/Remand》でフラッシュバックされた呪文を打ち消すと、追放されるようですお!
どこぞのTCみたいにテキストは同じでも、
カードによって挙動は異なりますってことはないから、これで間違いないじぇ!

>勘違いされることがあるが、「フラッシュバックで追放するのは自己置換効果であり、記憶の欠落など通常の置換効果より先に適用されるから」という理由ではない。これには二重の誤りがある。フラッシュバックの置換は自己置換効果ではないし、逆に記憶の欠落などの置換は自己置換効果である。よって実際には必ずフラッシュバックの置換が後に適用される。

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・?

!?

わけわからんちん・・・


■《ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph》がコピーしたクリーチャーの死亡誘発能力は誘発するか否かについて
Phyrexian Metamorph / ファイレクシアの変形者 (3)(青/Φ)
アーティファクト クリーチャー − 多相の戦士(Shapeshifter)
((青/Φ)は(青)でも2点のライフでも支払うことができる。)
あなたは「ファイレクシアの変形者は、これが他のタイプに加えてアーティファクトであることを除き、戦場に出ているいずれかのクリーチャーかアーティファクトのコピーとして戦場に出る」ことを選んでもよい。
0/0

□死亡誘発
死亡誘発(Death Trigger)は戦場から墓地に置かれたとき誘発する誘発型能力。
●ルール
・死亡誘発は「戦場を離れたときの能力」なため、通常の誘発と違いイベントが起こる前の状況から能力が誘発するかどうか決まる。(CR:603.6d)具体的には以下の様な例が起こる。
・死亡誘発のコントローラーは、クリーチャーが死亡したときにクリーチャーをコントロールしていたプレイヤーになる。オーナーに限らない。
・自分以外のクリーチャーの死亡で誘発する死亡誘発は、それを持っているクリーチャーと他のクリーチャーが同時に死亡した時も誘発する。
・クローン/Cloneなどで死亡誘発を持っているクリーチャーをコピーしていた場合、その死亡誘発は誘発する。
・蛙変化/Turn to Frogで能力を失っていた場合、そのクリーチャー自身が持っていた死亡誘発は誘発しない。
・トークンが死亡しても死亡誘発は誘発する。


>クローン/Cloneなどで死亡誘発を持っているクリーチャーをコピーしていた場合、その死亡誘発は誘発する。

おつおつ。
そのまんまのが例示が有ったね!
これについては、間違いなくてよかったお!
でも、他の項目も間違えやすそうなものが多いので、一緒に載っけておくお!
posted by 夢珠 at 18:57| Comment(1) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

モダンをお安く楽しめるデッキ紹介G(青赤ストーム)

はい、またまたコンボデッキだじぇ!
モダンの黎明期から存在する定番コンボデッキ、ストームだじぇ

■赤青ストーム
土地/16枚
3《島/Island》
3《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1《山/Mountain》
4《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3《シヴの浅瀬/Shivan Reef》
2《蒸気孔/Steam Vents》

クリーチャー/4枚
4《ゴブリンの電術師/Goblin Electromancer》

その他の呪文/40枚
3《捨て身の狂乱/Desperate Ravings》
4《捨て身の儀式/Desperate Ritual》
4《魔力変/Manamorphose》
4《発熱の儀式/Pyretic Ritual》
4《思考掃き/Thought Scour》
4《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
2《ぶどう弾/Grapeshot》
3《炎の中の過去/Past in Flames》
4《血清の幻視/Serum Visions》
4《手練/Sleight of Hand》
4《紅蓮術士の昇天/Pyromancer Ascension》

サイドボード/15枚
3《血染めの月/Blood Moon》
1《防御の光網/Defense Grid》
1《残響する真実/Echoing Truth》
3《巣穴からの総出/Empty the Warrens》
4《稲妻/Lightning Bolt》
3《粉砕の嵐/Shatterstorm》

戦績:プロツアー神々の軍勢−18 or more points
使用者:Richard Hoaen
フォーマット:モダン(〜神々の軍勢)


名前はだれでも聞いたことのあるストームデッキだじぇ!
赤青の軽い呪文でストームを稼いで、フィニッシュする下の環境では定番のコンボデッキだお!

※ストーム:あなたがこの呪文を唱えたとき、このターン、この呪文より前に唱えられた呪文1つにつき、この呪文のコピーを1つスタックに置く。この呪文が対象を取る場合、あなたはそれぞれのコピーの対象を選びなおしてもよい。

フィニッシャーはお馴染みの、

 

Grapeshot / ぶどう弾 (1)(赤)
ソーサリー
クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。ぶどう弾はそれに1点のダメージを与える。
ストーム(あなたがこの呪文を唱えたとき、このターンにそれより前に唱えた呪文1つにつきそれを1回コピーする。あなたはそのコピーの新たな対象を選んでもよい。)

Empty the Warrens / 巣穴からの総出 (3)(赤)
ソーサリー
赤の1/1のゴブリン(Goblin)・クリーチャー・トークンを2体戦場に出す。
ストーム(あなたがこの呪文を唱えたとき、このターンにそれより前に唱えた呪文1つにつきそれを1回コピーする。)


ストームを稼いだ状態でキャストすると、相手に致命的なダメージを与えることが出きるじぇ!
どちらを採用するかはメタ次第だおね!
サイドボード含めると両方詰んでいることが多いおん!


ストームを稼ぐカードは、

 

Manamorphose / 魔力変 (1)(赤/緑)
インスタント
あなたのマナ・プールに、望む色の組み合わせのマナ2点を加える。
カードを1枚引く。

Pyretic Ritual / 発熱の儀式 (1)(赤)
インスタント
あなたのマナ・プールに(赤)(赤)(赤)を加える。


あたりがよく使われますおん!
少し前までは、《煮えたぎる歌/Seething Song》が使用できたのだけれど、
ストームデッキが、モダンの禁止要件にある「3ターン以内の勝利」をよく引き起こすため、
残念ながらバンされちゃったんだお・・・


その他のカードは、デッキを掘り進むカードが良く使われますおん!
マナ加速をして、次のカードを引き続けることができれば、いくらでもストーム稼げるものね!

このデッキで採用されているものは、以下のものだじぇ!

 

 

当然ながらストームを稼がないと話しにならないので、軽いものが好んで採用されるんだお!
これ以外だと《信仰無き物あさり/Faithless Looting》もよく見かけるじぇ!


また、イニストラードで得た最終兵器、



Past in Flames / 炎の中の過去 (3)(赤)
ソーサリー
あなたの墓地にある各インスタント・カードと各ソーサリー・カードは、ターン終了時までフラッシュバックを得る。そのフラッシュバック・コストはそれのマナ・コストに等しい。
フラッシュバック(4)(赤)(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)


ある程度墓地が超えた状態で打って、
そこからマナブーストカードを連打することで大量のマナを発生し、
大量にドローすることで一気に勝負を決めることができるんだお!


なお、こちらのレシピは《紅蓮術士の昇天/Pyromancer Ascension》を採用し、
青赤昇天コントロールとのハイブリッドな構成になっているじぇ
青赤昇天(参考)



Pyromancer Ascension / 紅蓮術士の昇天 (1)(赤)
エンチャント
あなたがあなたの墓地にあるカードと同じ名前を持つインスタント呪文かソーサリー呪文を1つ唱えるたび、あなたは紅蓮術士の昇天の上に探索(quest)カウンターを1個置いてもよい。
紅蓮術士の昇天の上に探索カウンターが2個以上置かれている状態であなたがインスタント呪文かソーサリー呪文を唱えるたび、あなたはその呪文をコピーしてもよい。あなたはそのコピーの新たな対象を選んでもよい。


青赤昇天はその名の通り《紅蓮術士の昇天/Pyromancer Ascension》を用いて圧倒的なアドバンテージを得て、
ボードをコントロールするタイプのデッキだじぇ!

最近のレシピは、以下を参照してくれなんだじぇ!
青赤昇天(参考)

先週行われた、PWC - 第418回in新宿/GPTシドニーにおいて、優勝を収めたデッキみたいだお・・・

これは白をタッチして、フィニッシャーを《稲妻/Lightning Bolt》と《稲妻のらせん/Lightning Helix》に絞ったものっぽいじぇ・・・

除去カードをがそのままフィニッシャーになるのであれば、
邪魔なクリーチャーなどを採用しないで良くて、スロットを圧迫しないからいいおね!

これは白タッチしてトリコカラーのものだけれど、
黒をタッチしてグリクシスカラーにしたものもちょこちょこ見かけるお・・・

青赤昇天については、青赤ストームとよく似た構成なので、
一緒にここで紹介させてもらって。これにておしまいしちゃうお!

こっちも安く組めるデッキだから、趣旨には反していないんだじぇ・・・



常時3日坊主のあたちの割には結構長続きしているんだじぇ・・・
それだけモダンが魅力的なフォーマットってことだよね、ね!
posted by 夢珠 at 21:00| Comment(1) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

モダンをお安く楽しめるデッキ紹介F(白黒トークン)

やっぱりイベントデッキをちょい改良するだけで完成する白黒トークンを紹介するじぇ!
イベントデッキの完成度が高いせいで、殆ど改良点がないんだじぇ!

■白黒トークン
土地/24枚
2 悪臭の荒野/Fetid Heath
2 神無き祭殿/Godless Shrine
4 孤立した礼拝堂/Isolated Chapel
4 湿地の干潟/Marsh Flats
1 変わり谷/Mutavault
6 平地/Plains
1 沼/Swamp
4 風立ての高地/Windbrisk Heights

クリーチャー/10枚
2 オーリオックのチャンピオン/Auriok Champion
2 雲山羊のレインジャー/Cloudgoat Ranger
2 刃砦の英雄/Hero of Bladehold
4 潮の虚ろの漕ぎ手/Tidehollow Sculler

その他の呪文/26枚
2 清浄の名誉/Honor of the Pure
2 無形の美徳/Intangible Virtue
4 未練ある魂/Lingering Souls
4 流刑への道/Path to Exile
4 急報/Raise the Alarm
4 幽体の行列/Spectral Procession
3 思考囲い/Thoughtseize
3 盲信的迫害/Zealous Persecution

サイドボード/15枚
2 オーリオックのチャンピオン/Auriok Champion
2 エイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensor
2 四肢切断/Dismember
2 墓掘りの檻/Grafdigger's Cage
2 戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War's Wage
1 金輪際/Nevermore
2 石のような静寂/Stony Silence
1 機を見た援軍/Timely Reinforcements
1 盲信的迫害/Zealous Persecution

戦績:グランプリ横浜12−優勝
使用者:宮島淳一
フォーマット:モダン(〜アヴァシンの帰還)


少し古いレシピだけれど、トークンに関してはあまり変化はないんでこれでいいと思うじぇ!

基本的な動きは説明不要だけれど、

 

Lingering Souls / 未練ある魂 (2)(白)
ソーサリー
飛行を持つ白の1/1のスピリット(Spirit)・クリーチャー・トークンを2体戦場に出す。
フラッシュバック(1)(黒)(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)

Spectral Procession / 幽体の行列 (2/白)(2/白)(2/白)
ソーサリー
((2/白)は任意の2マナか(白)で支払うことができる。このカードの点数で見たマナ・コストは6である。)
飛行を持つ白の1/1のスピリット(Spirit)・クリーチャー・トークンを3体戦場に出す。


等でトークンを出して、

 

Intangible Virtue / 無形の美徳 (1)(白)
エンチャント
あなたがコントロールするクリーチャー・トークンは+1/+1の修整を受けるとともに警戒を持つ。

Honor of the Pure / 清浄の名誉 (1)(白)
エンチャント
あなたがコントロールする白のクリーチャーは+1/+1の修整を受ける。


で強化して殴る → You win Game!

シンプルなデッキだじぇ!

比較的古くからあるアーキタイプだけれど、頭角を現し始めたのは、
闇の隆盛で《未練ある魂/Lingering Souls》を得てからなんだじぇ!
さすがはパワーカード、りんが☆りんぐ☆そうるちゃん!

黒を濃くして、《苦花/Bitterblossom》や《イニストラードの君主、ソリン/Sorin, Lord of Innistrad》を採用する形もあるので、
そこら辺はおこのみでいいと思うんだじぇ!
せっかくだから《イニストラードの君主、ソリン/Sorin, Lord of Innistrad》採用して、
吸血鬼トークン(フラドール☆スカーレットちゃん)を使いたいじぇ!

最近は、《群れネズミ/Pack Rat》などを入れた方も出てきているので、
まだまだ発展しそうなデッキなんだじぇ!

モダンのイベントデッキを買っているのなら、
買い足すものは《刃砦の英雄/Hero of Bladehold》くらいで住むんだじぇ!
とってもお買い得で強い良デッキなんだお!



そろそろこのシリーズ飽きてきたじぇ・・・
次はあるかな・・・
posted by 夢珠 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

モダンをお安く楽しめるデッキ紹介E(バーン)

前回予告したとおりに、定番中の定番バーンデッキですお!
各フォーマットを通して、安価なデッキの代名詞みたいなデッキだけれど、
最近は《ゴブリンの先達/Goblin Guide》が高騰してきているので、昔ほどお手軽感はないよね・・・

■バーン
土地/21枚
4《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
4《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
4《乾燥台地/Arid Mesa》
4《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1《湿地の干潟/Marsh Flats》
1《血の墓所/Blood Crypt》
3《山/Mountain》

クリーチャー/11枚
4《ゴブリンの先達/Goblin Guide》
4《大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revel》
3《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》

その他の呪文/28枚
4《稲妻/Lightning Bolt》
2《欠片の飛来/Shard Volley》
2《焼尽の猛火/Searing Blaze》
4《ボロスの魔除け/Boros Charm》
4《頭蓋割り/Skullcrack》
4《裂け目の稲妻/Rift Bolt》
4《夜の衝突/Bump in the Night》
4《溶岩の撃ち込み/Lava Spike》

サイドボード/15枚
2《焼尽の猛火/Searing Blaze》
3《損耗/Tear》
2《ラクドスの魔除け/Rakdos Charm》
2《焼却/Combust》
2《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
1《戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War's Wage》
1《呪文滑り/Spellskite》
1《血糊の雨/Rain of Gore》
1《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》

戦績:グランプリボストン-ウースター14 1日目全勝(9-0)
使用者:Denys Miasoutov
フォーマット:モダン(〜M15)


単色じゃ面白く無いから、多色のものをチョイスしてみましたお!
青単トロンと同じ大会で、同じく全勝で初日を突破しているデッキですお!
グランプリボストンは、つい1週間前に開催された参加人数は2500人ほどの大きな大会だったんですお!

メジャーなデッキなので特に紹介するところはないけれど、



Eidolon of the Great Revel / 大歓楽の幻霊 (赤)(赤)
クリーチャー エンチャント − スピリット(Spirit)
プレイヤーが点数で見たマナ・コストが3点以下の呪文を1つ唱えるたび、大歓楽の幻霊はそのプレイヤーに2点のダメージを与える。
2/2

ニクスへの旅の数少ない優良カード《大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revel》が4積みされていますお。
あ、持っていない人は急いで自分の分は確保した方がいいじぇ?
モダンどころかレガシーのバーンの必須パーツになりつつあり、
ローテーション後のスタンにおいてもバーンデッキの活躍が見込まれているから、
しばらくするととんでもない値段になりそうだじぇ・・・

もう一度言うお、持っていなかったら今すぐ買い揃えるのをおすすめするじぇ?
スタンでちょっと活躍しただけの《地獄乗り/Hellrider》があの上がり用だったんだじぇ・・・
環境初期の手探り帰還はバーンデッキが活躍するのはほぼ間違いないんだし、
ニクスへの旅が塩パックだったから約束された高騰だとおもいますお!

それ以外のカードは説明不要の定番のものばかりだね!




Searing Blaze / 焼尽の猛火 (赤)(赤)
インスタント
プレイヤー1人と、そのプレイヤーがコントロールしているクリーチャー1体を対象とする。焼尽の猛火はそのプレイヤーに1点、そのクリーチャーに1点のダメージを与える。
上陸 ― このターン、土地があなたのコントロール下で戦場に出ている場合、代わりに焼尽の猛火はそのプレイヤーに3点、そのクリーチャーに3点のダメージを与える。

定番カードだけれど、こいつ好きw
やっぱりゼンディカーブロックって何かおかしいと思わせる1枚だじぇ・・・



今回はこれで終了だじぇ!
次回は例によってコンボデッキの紹介だお!
コンボ→その他→コンボ→その他
のローテーション中だお・・・
コンボデッキ多すぎぃ・・・
posted by 夢珠 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

モダンをお安く楽しめるデッキ紹介D(死せる生)

圧倒的コンボデッキの割合・・・!

今回デッキは、《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》を除けばとんでもなく安価で、
しかも安定して強いデッキだじぇ!
デッキレシピは、wikiからひっぱたので《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》が入っているけれど、
コンボパーツというよりはユーティリティーとして入っているので、今回はこいつは無視してくれだじぇ!
wikiからでなければ《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》の入っていないレシピも沢山あるんだけれど、
転載が禁止されていたりするので、勘弁してくれだお!

■死せる生(Living End)
土地/19枚
4 黒割れの崖/Blackcleave Cliffs
1 血の墓所/Blood Crypt
3 銅線の地溝/Copperline Gorge
1 ドライアドの東屋/Dryad Arbor
1 森/Forest
1 神無き祭殿/Godless Shrine
1 山/Mountain
1 草むした墓/Overgrown Tomb
1 踏み鳴らされる地/Stomping Ground
1 沼/Swamp
4 新緑の地下墓地/Verdant Catacombs

クリーチャー/27枚
2 なだれ乗り/Avalanche Riders
4 死の一撃のミノタウルス/Deadshot Minotaur
4 大爆発の魔道士/Fulminator Mage
4 ジャングルの織り手/Jungle Weaver
4 巨怪なオサムシ/Monstrous Carabid
3 青ざめた出家蜘蛛/Pale Recluse
4 通りの悪霊/Street Wraith
2 よじれた嫌悪者/Twisted Abomination

その他の呪文/14枚
3 内にいる獣/Beast Within
4 悪魔の戦慄/Demonic Dread
3 死せる生/Living End
4 暴力的な突発/Violent Outburst

サイドボード/15枚
1 内にいる獣/Beast Within
2 骨までの齧りつき/Gnaw to the Bone
4 鋳塊かじり/Ingot Chewer
4 虚空の力線/Leyline of the Void
4 叫び大口/Shriekmaw

戦績:グランプリポートランド13 第11位(1日目全勝)
使用者:Michael Simon
フォーマット:モダン(〜ドラゴンの迷路)


犬さんが先日コメントであげていた死せる生だお!
キーカードは、たったの1枚、これだけだじぇ↓



Living End / 死せる生
〔黒〕 ソーサリー
待機3 ― (2)(黒)(黒)(このカードをあなたの手札から唱えるのではなく、(2)(黒)(黒)を支払うとともにそれを時間(time)カウンターが3個置かれた状態で追放する。あなたのアップキープの開始時に、時間カウンターを1個取り除く。最後の1個を取り除いたとき、それをそのマナ・コストを支払うことなく唱える。)
各プレイヤーは自分の墓地にあるすべてのクリーチャー・カードを追放する。その後自分がコントロールするすべてのクリーチャーを生け贄に捧げる。その後自分がこれにより追放したすべてのカードを戦場に出す。


こいつを使って空いたの場のクリーチャーを殲滅しつつ、
自分の墓地のクリーチャを大量召喚して、一気に数の暴力を持って勝負を決めるんだじぇ!

しかし、これ単体では《生ける屍/Living Death》の下位互換ではないものの、
通常の手段でキャストすると4ターン目から待機3なので、実際に起動されるのは7ターン目。
しかもその間、相手プレイヤーにこの呪文に対する猶予を与えてしまうので、イマイチ使い勝手が悪いんだじぇ・・・

そこで・・・、

 

Demonic Dread / 悪魔の戦慄 (1)(黒)(赤)
ソーサリー
続唱(あなたがこの呪文を唱えたとき、あなたのライブラリーの一番上のカードを、コストがより低い土地でないカードが追放されるまで追放する。あなたはそれをそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。追放されたカードを一番下に無作為の順番で置く。)
クリーチャー1体を対象とする。このターン、それではブロックできない。

Violent Outburst / 暴力的な突発 (1)(赤)(緑)
インスタント
続唱(あなたがこの呪文を唱えたとき、あなたのライブラリーの一番上のカードを、コストがより低い土地でないカードが追放されるまで追放する。あなたはそれをそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。追放されたカードを一番下に無作為の順番で置く。)
あなたがコントロールするクリーチャーは、ターン終了時まで+1/+0の修整を受ける。


やらかしてしまったと名高い「続唱」の登場ですお!
続唱:あなたがこの呪文を唱えたとき、あなたのライブラリーの一番上のカードを、点数で見たマナ・コストがその呪文より低い土地でないカードが追放されるまで追放する。あなたはそのカードをそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。その後、これにより追放されたすべてのカードを、あなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。

上記の2種の呪文を唱えた時に誘発する続唱で、対象となる呪文は・・・、
なんと、《死せる生/Living End》のみ。
《死せる生/Living End》の点数で見たマナコストは0で、
このデッキには、《死せる生/Living End》以外の点数で見たマナコストが2以下のカードは入っていないのですお!
そんなデッキで、点数で見たマナコスト3の呪文から続唱が起動されると、
約束された坊主めくりとなって、必ず《死せる生/Living End》がキャストされるのですお!

この方法でキャストすれば、マナコストも待機も踏み倒せるので、奇襲性も抜群なんですおね!

しかし、下準備としてクリーチャーを墓地に送る必要があるので、

 

Deadshot Minotaur / 死の一撃のミノタウルス (3)(赤)(緑)
クリーチャー − ミノタウルス(Minotaur)
死の一撃のミノタウルスが戦場に出たとき、飛行を持つクリーチャー1体を対象とする。死の一撃のミノタウルスはそれに3点のダメージを与える。
サイクリング(赤/緑)((赤/緑),このカードを捨てる:カードを1枚引く。)
3/4

Street Wraith / 通りの悪霊 (3)(黒)(黒)
クリーチャー − レイス(Wraith)
沼渡り
サイクリング ― 2点のライフを支払う。(2点のライフを支払う,このカードを捨てる:カードを1枚引く。)
3/4


このような、点数で見たマナコストが4以上でサイクリングを持ったクリーチャーを大量投入するんだお!

クリーチャーの大半はサイクリング持ちのクリーチャーで、
上記レシピでは《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》と《なだれ乗り/Avalanche Riders》》だけがサイクリングを持っていないクリーチャーだじぇ。

参考までにテキストは、

Fulminator Mage / 大爆発の魔道士 (1)(黒/赤)(黒/赤)
クリーチャー − エレメンタル(Elemental) シャーマン(Shaman)
大爆発の魔道士を生け贄に捧げる:基本でない土地1つを対象とし、それを破壊する。
2/2

Avalanche Riders / なだれ乗り (3)(赤)
クリーチャー − 人間(Human) ノーマッド(Nomad)
速攻
エコー(3)(赤)(あなたのアップキープの開始時に、これが直前のあなたのアップキープの開始時よりも後にあなたのコントロール下になっていた場合、そのエコー・コストを支払わないかぎりそれを生け贄に捧げる。)
なだれ乗りが戦場に出たとき、土地1つを対象とし、それを破壊する。
2/2


こんな感じだじぇ!
おのおの勝手に墓地に落ちる(落とせる)ようなクリーチャーなんだじぇ。

高額な《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》を採用しないのであれば、
サイドに入っている、《鋳塊かじり/Ingot Chewer》や《叫び大口/Shriekmaw》をめいんにすればいいと思いますお!

Ingot Chewer / 鋳塊かじり (4)(赤)
クリーチャー − エレメンタル(Elemental)
鋳塊かじりが戦場に出たとき、アーティファクト1つを対象とし、それを破壊する。
想起(赤)(あなたはこの呪文を、その想起コストを支払うことで唱えてもよい。そうした場合、戦場に出たときにこれを生け贄に捧げる。)
3/3

Shriekmaw / 叫び大口 (4)(黒)
クリーチャー − エレメンタル(Elemental)
畏怖(このクリーチャーは、黒でもアーティファクトでもないクリーチャーによってはブロックされない。)
叫び大口が戦場に出たとき、アーティファクトでも黒でもないクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。
想起(1)(黒)(あなたはこの呪文を、その想起コストを支払うことで唱えてもよい。そうした場合、戦場に出たときにこれを生け贄に捧げる。)
3/2


想起持ちのクリーチャーはマナコストが大きく、
想起で唱えれば、通常の呪文のように直ちに墓地に送られるので、ものすごく相性が良いんだじぇ!

ランデスに拘るのであれば、《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》の代わりに、
《なだれ乗り/Avalanche Riders》の枚数を増やすなどすれば対応可能だお!


デッキ自体の動きは比較的簡単で、
漫画のデュエルマスターズの1巻で黒城くんがやっていたような戦法を再現することができるじぇ!

《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》を妥協すれば驚くほど安価で組めて強力なデッキなので、
安価にコンボデッキを使いたいのなら、ぜひとも手にとってもらいたいところなんだお!



というわけで、今回はおしまいだじぇ!
次回は、各フォーマット通して安価デッキ定番のあいつを紹介するんだじぇ!
posted by 夢珠 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モダンをお安く楽しめるデッキ紹介C(青単トロン)

今回は青単トロンだお!
コントロールデッキは高いってイメージを払拭させるデッキだじぇ!

■青単トロン
土地/23枚
1 雲の宮殿、朧宮/Oboro, Palace in the Clouds
1 アカデミーの廃墟/Academy Ruins
4 ウルザの鉱山/Urza's Mine
4 ウルザの魔力炉/Urza's Power Plant
4 ウルザの塔/Urza's Tower
1 地盤の際/Tectonic Edge
8 島/Island

クリーチャー/6枚
2 宝物の魔道士/Treasure Mage
1 真面目な身代わり/Solemn Simulacrum
1 白金の天使/Platinum Angel
1 隔離するタイタン/Sundering Titan
1 ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine

その他の呪文/31枚
2 加工/Fabricate
4 知識の渇望/Thirst for Knowledge
2 四肢切断/Dismember
4 卑下/Condescend
4 差し戻し/Remand
3 撤廃/Repeal
2 ディミーアの印鑑/Dimir Signet
2 威圧のタリスマン/Talisman of Dominance
4 探検の地図/Expedition Map
1 殴打頭蓋/Batterskull
2 精神隷属器/Mindslaver
1 忘却石/Oblivion Stone

サイドボード/15枚
1 四肢切断/Dismember
1 殴打頭蓋/Batterskull
1 忘却石/Oblivion Stone
1 ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine
1 撤廃/Repeal
2 否認/Negate
3 押しつぶし/Squelch
2 呪文嵌め/Spell Snare
2 ハーキルの召還術/Hurkyl's Recall
1 呪文貫き/Spell Pierce

グランプリボストン-ウースター14 1日目全勝(9-0)
使用者:Samuele Estratti
フォーマット:モダン(〜M15)


モダンの一大派閥、トロンデッキから青単トロンを紹介するお!

トロンデッキの基本的な動きは、



 

Urza's Tower / ウルザの塔
土地 − ウルザの(Urza's) 塔(Tower)
(T):あなたのマナ・プールに(1)を加える。あなたがウルザの(Urza's)・鉱山(Mine)とウルザの・魔力炉(Power-Plant)をコントロールしている場合、代わりにあなたのマナ・プールに(3)を加える。

Urza's Mine / ウルザの鉱山
土地 − ウルザの(Urza's) 鉱山(Mine)
(T):あなたのマナ・プールに(1)を加える。あなたがウルザの(Urza's)・魔力炉(Power-Plant)とウルザの・塔(Tower)をコントロールしている場合、代わりにあなたのマナ・プールに(2)を加える。

Urza's Power Plant / ウルザの魔力炉
土地 − ウルザの(Urza's) 魔力炉(Power-Plant)
(T):あなたのマナ・プールに(1)を加える。あなたがウルザの(Urza's)・鉱山(Mine)とウルザの・塔(Tower)をコントロールしている場合、代わりにあなたのマナ・プールに(2)を加える。


上記3種類のウルザランドを揃えて、
高マナ域のパワーカードをバシーンバシーンするデッキだよっ!
緑を含むトロンの場合は、《森の占術/Sylvan Scrying》や《古きものの活性/Ancient Stirrings》等で土地をサーチするけれど、
青単トロンの場合は、直接土地をサーチできるカードが《探検の地図/Expedition Map》くらいしかないので、
ボードをコントロールしながら緑含むトロンに比べてゆっくりとウルザランドを揃えるよ!

フィニッシャーはこのレシピでは、



Wurmcoil Engine / ワームとぐろエンジン (6)
アーティファクト クリーチャー − ワーム(Wurm)
接死、絆魂
ワームとぐろエンジンが死亡したとき、接死を持つ無色の3/3のワーム(Wurm)・アーティファクト・クリーチャー・トークンを1体と、絆魂を持つ無色の3/3のワーム・アーティファクト・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。
6/6




Platinum Angel / 白金の天使 (7)
アーティファクト クリーチャー − 天使(Angel)
飛行
あなたはゲームに敗北することはなく、あなたの対戦相手はゲームに勝利することはない。
4/4




Sundering Titan / 隔離するタイタン (8)
アーティファクト クリーチャー − ゴーレム(Golem)
隔離するタイタンが戦場に出たか戦場を離れたとき、基本土地タイプ1種につきそのタイプの土地を1つ選ぶ。その後それらの土地を破壊する。
7/10


 

Mindslaver / 精神隷属器 (6)
伝説のアーティファクト
(4),(T),精神隷属器を生け贄に捧げる:プレイヤー1人を対象とする。あなたはそのプレイヤーの次のターンの間、そのプレイヤーをコントロールする。(あなたはそのプレイヤーが見ることのできるすべてのカードを見て、そのプレイヤーのすべての決定を行う。)

Academy Ruins / アカデミーの廃墟
伝説の土地
(T):あなたのマナ・プールに(1)を加える。
(1)(青),(T):あなたの墓地にあるアーティファクト・カード1枚を対象とし、それをあなたのライブラリーの一番上に置く。


これらが使われているお!

あたちのお気に入りは何と言っても、
《精神隷属器/Mindslaver》+《アカデミーの廃墟/Academy Ruins》のコンボだお!
12マナ出せる状態であれば、相手プレイヤーを永久にコントロールすることが出来るんだじぇ!
どちらかと言うと、サクリ台を持っていたり、
除去が豊富なコントロールに対して選ばれるフィニッシャーだじぇ。

除去の薄いデッキに対しては、《白金の天使/Platinum Angel》で積ませられるし、
足の早いデッキに対しては、《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》が刺さりまくるじぇ!

これらのフィニッシャーはピン積みだけれど、

 

Treasure Mage / 宝物の魔道士 (2)(青)
クリーチャー − 人間(Human) ウィザード(Wizard)
宝物の魔道士が戦場に出たとき、あなたはあなたのライブラリーから、点数で見たマナ・コストが6以上のアーティファクト・カードを1枚探し、それを公開してあなたの手札に加えてもよい。そうした場合、あなたのライブラリーを切り直す。
2/2

Fabricate / 加工 (2)(青)
ソーサリー
あなたのライブラリーからアーティファクト・カードを1枚探し、それを公開し、あなたの手札に加える。その後あなたのライブラリーを切り直す。


これらのカードで相手に最も刺さるものをシルバー・バレットすることが出きるじぇ!


カウンターやボードコントロール用のカードは、

 

Condescend / 卑下 (X)(青)
インスタント
呪文1つを対象とし、それをそれのコントローラーが(X)を支払わないかぎり、打ち消す。占術2を行う。(あなたのライブラリーの一番上から2枚のカードを見て、そのうちの望む枚数のカードを望む順番であなたのライブラリーの一番下に置き、残りを望む順番で一番上に置く。)

Repeal / 撤廃 (X)(青)
インスタント
点数で見たマナ・コストがXである、土地でないパーマネント1つを対象とし、それをオーナーの手札に戻す。
カードを1枚引く。


等のように、膨大なマナを背景に打ち消すとともに、序盤のデッキの回転率を上げられるものが採用される傾向にあるお。


このタイプは、全体的に安定性を重視するためか、フィニッシャーが比較的低マナ域のものが中心だけれど、
《ウギンの目/Eye of Ugin》を採用してエルドラージを叩きつけるタイプも有るなど、
例によって構築の幅は非常に広いデッキなんだじぇ。


今回紹介したのは青単トロンだけれど、
他にも、青白トロン、緑単トロン、赤緑トロン等メジャーなものから、
黒単トロン、イゼットロン等などマイナーなものまで、非常に多くの亜種が存在するアーキタイプだじぇ。


やけに念入りに解説しているのは、つい先日青単トロンを作ったからなんだじぇ・・・
レガシーの12ポストを解体して、モダンの青単トロンにしましたおっおっお!

今回の「モダンをお安く楽しめるデッキ紹介」シリーズは、
M10+イニスト+ショックランドのマナ基盤で安く組めるものを中心に紹介しているけれど、
このウルザトロンは、それすら不要の超絶安価デッキなのですお!
ウルザランドは一見すると高そうだけれど、どれでも1枚100円で買えますおん!

そういえば、ウルザランド新枠のほうが高いけれどなんでなんだろうね!
旧枠は100円でどの絵柄も投げ売りだけれど、新枠は300円位するじゃないですかお?
たしかに、《ウルザの塔/Urza's Tower》のウルザとカーンが塔を背にして立っているイラストはいいと思いますお。
しかし、旧枠のイラストには到底かなわないと思うんだよなあ・・・

旧枠は、塔、鉱山、魔力炉にそれぞれ4種類ずつイラストがあって、どれも素敵だお・・・
油絵の絵画的な美しさがあるんだお・・・
あたちは、一番安い旧枠のクロニクル版を全12種を1枚ずつデッキに入れたけれど、そういうことする人少ないのかしら?
基本土地のイラストや土地に限らず、言語はおろかエキスパンションシンボルさえも統一しているけれど、
ウルザランドや《Hymn to Tourach》は4種類あるから1枚ずつ入れたくなっちゃうんだよなあw



今回はこれでおしまいだじぇ。
次は、またコンボデッキの予定なんだじぇ!
posted by 夢珠 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

モダンをお安く楽しめるデッキ紹介B(風景の変容)

暑くてゲームやる気も起きないので、連投だお!
前回の予告の通り、再びコンボデッキの紹介なんだじぇ!

■風景の変容(スケープシフト又はヴァラクート)
土地/28枚
2《森/Forest》
1《島/Island》
4《霧深い雨林/Misty Rainforest》
7《山/Mountain》
3《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1《蒸気孔/Steam Vents》
4《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
4《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》
2《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》

クリーチャー/8枚
4《原始のタイタン/Primeval Titan》
4《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》

その他の呪文/24枚
2《イゼットの魔除け/Izzet Charm》
3《神々の憤怒/Anger of the Gods》
4《探検/Explore》
4《風景の変容/Scapeshift》
4《明日への探索/Search for Tomorrow》
4《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition》
3《虹色の前兆/Prismatic Omen》

サイドボード/15枚
1《神々の憤怒/Anger of the Gods》
1《焼却/Combust》
2《稲妻/Lightning Bolt》
4《自然の要求/Nature's Claim》
2《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
1《粉砕の嵐/Shatterstorm》
4《白鳥の歌/Swan Song》

戦績:プロツアー神々の軍勢−18 or more points
使用者:Eric Froehlich
フォーマット:モダン(〜神々の軍勢)


18点以上がすごいのかどうかよくわからないけれど、
公式のTOP MODERN DECKSってコーナーに有ったから弱いってことはないと思うじぇ!

風景の変容は一般的には、赤緑又は赤緑青で組まれることが多いデッキで、
青が入る場合には、《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》や《謎めいた命令/Cryptic Command》が採用され札束になることもあるけれど、
今回はお安く楽しむのがメインなので、高額カードがあんまり入っていないレシピを拾ってきたお!


基本コンボは、

 

Valakut, the Molten Pinnacle / 溶鉄の尖峰、ヴァラクート
土地
溶鉄の尖峰、ヴァラクートはタップ状態で戦場に出る。
山(Mountain)が1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたが他に少なくとも5つの山をコントロールしている場合、クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。あなたは「溶鉄の尖峰、ヴァラクートはそれに3点のダメージを与える」ことを選んでもよい。
(T):あなたのマナ・プールに(赤)を加える。

Scapeshift / 風景の変容 (2)(緑)(緑)
ソーサリー
好きな数の土地を生け贄に捧げる。あなたのライブラリーから、最大で同じ数までの土地カードを探し、それらをタップ状態で戦場に出し、その後あなたのライブラリーを切り直す。


土地が7枚以上枚並んだ状態で、《風景の変容/Scapeshift》をプレイして、
《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》と《山/Mountain》を人が死ぬようにサーチしてゲームセットっていう分かりやすいものだじぇ!

土地を並べるために、各種土地サーチカード、例えば、

 

 

このへんがよく使われるじぇ!

あくまでも副砲って感じではあるけれど、《原始のタイタン/Primeval Titan》 は、
《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》が場に出ていれば、12点クロックになるので、
《風景の変容/Scapeshift》が無くともあっという間に人が死んじまうんだじぇ・・・

モダンで定番のコンボデッキだけれど、定番だけあって、ややカードが高めなのが問題だお・・・
特にキーカードの《風景の変容/Scapeshift》が絶賛値上がり中なので、
組むのであればお早めになんだお・・・


ちなみにレガシーでも活躍するコンボデッキで、
ちょっと形は変わるけれど、おもしろそなレシピを見つけてきたので、リンク貼り付けるじぇ!
風景の変容(レガシー版)
こちらのレシピは3色目を青から黒に変えて、
マジキチマナブーストカード《老練の探険者/Veteran Explorer》を採用し、
高マナ域のパワーカードを叩きつけるNic-Fitとのハイブリッドデッキだお!

《燃え立つ願い/Burning Wish》をフルで採用して、遺憾なくウィッシュボードを活用できるし、
《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》でシルバーバレットもできるので、ものすごく柔軟性がありそうだじぇ・・・



今回はこれでおしまいなんだじぇ!
次は、お安いコントロールデッキを紹介するんだじぇ!
posted by 夢珠 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モダンをお安く楽しめるデッキ紹介A(ZOO)

第二弾は、大正義ビートダウンのZooだお!
前回が比較的新しいデッキだったので、今回は黎明期から存在する由緒正しいデッキだじぇ!

モダンのアグロ系デッキに採用されるクリーチャーってものすごい選択肢があるけれど、
ナヤカラーで、《野生のナカティル/Wild Nacatl》や《密林の猿人/Kird Ape》等が採用されていれば、アーキタイプはZOOってイメージがあるお!

■ZOO
土地/18枚
1《森/Forest》
1《山/Mountain》
4《乾燥台地/Arid Mesa》
2《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
4《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
2《寺院の庭/Temple Garden》
4《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》

クリーチャー/30枚
4《炎樹族の使者/Burning-Tree Emissary》
4《ドライアドの闘士/Dryad Militant》
4《ゴーア族の暴行者/Rampager》
4《ゴブリンの先達/Goblin Guide》
4《密林の猿人/Kird Ape》
4《稲妻のやっかいもの/Lightning Mauler》
2《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
4《野生のナカティル/Wild Nacatl》

その他の呪文/12枚
4《ボロスの魔除け/Boros Charm》
4《稲妻/Lightning Bolt》
4《稲妻のらせん/Lightning Helix》

サイドボード/15枚
2《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
3《ロクソドンの強打者/Loxodon Smiter》
2《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
2《天界の粛清/Celestial Purge》
3《破壊的な享楽/Destructive Revelry》
2《流刑への道/Path to Exile》
1《破壊放題/Shattering Spree》

戦績:8/03 SCG Premier IQ Dallas, US−12位
使用者:Joel Contreras
フォーマット:モダン(〜M15)

《ゴブリンの先達/Goblin Guide》が絶賛高騰中だけれど、
全体的には比較的安価なアーキタイプだじぇ!

デッキレシピはグランプリやプロツアーから引用って書いたけれど、
スターシティーゲームスも数百〜数千人規模の大会だから、引用しちまうお!
3日前の大会でタイムリーだしね!
wikiのサンプルレシピは、《野生のナカティル/Wild Nacatl》解禁前のものしかなかったので、
いくらなんでもちょっと古いじぇ・・・


ZOOの定番クリーチャーって言うと、まずはこのあたり、

 

Wild Nacatl / 野生のナカティル (緑)
クリーチャー − 猫(Cat) 戦士(Warrior)
野生のナカティルは、あなたが山(Mountain)をコントロールしているかぎり+1/+1の修整を受ける。
野生のナカティルは、あなたが平地(Plains)をコントロールしているかぎり+1/+1の修整を受ける。
1/1

Kird Ape / 密林の猿人 (赤)
クリーチャー − 類人猿(Ape)
密林の猿人は、あなたが森(Forest)をコントロールしているかぎり+1/+2の修整を受ける。
1/1


見ての通り、1マナの優秀なクロックを叩きつけて、即効ゲームを終わらすデッキだお・・・
1マナ3/3の超生物《野生のナカティル/Wild Nacatl》を始め、前のめりなクリーチャーが目白押しだじぇ!

なんだか、この人のレシピは比較的最近のクリーチャーが多く採用されていて、妙な既視感があるねw
イニストラード−ラヴニカへの回帰期のナヤブリッツを、ものすごく精錬した感じだねw

このレシピは2マナまでしか伸ばさないような構成だけれど、3マナまで伸ばす構成も一般的で、
その場合は、《ロクソドンの強打者/Loxodon Smiter》や《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》等が、
採用されることが多いみたいだじぇ・・・

採用されるクリーチャーには、ものすごく個人差があって、
このレシピで採用されているもの以外では、比較的よく見かけるものは、

●1マナ:
《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
《壌土のライオン/Loam Lion》
《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》
《苛立たしい小悪魔/Vexing Devil》

●2マナ:
《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
《タルモゴイフ/Tarmogoyf》

●3マナ:
《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
《ロクソドンの強打者/Loxodon Smiter》

などがあるじぇ!

中には《部族の炎/Tribal Flames》をタッチして、青を足して、
《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》や《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft》を採用するレシピも有ったり(トライバルズー)、
5マナまで伸ばして、《雷口のヘルカイト/Thundermaw Hellkite》もあったりと、
ものすごく個人の好みが出るデッキだじぇ。

また、除去カードに関しては、赤と白が使えるため、
《稲妻/Lightning Bolt》や《流刑への道/Path to Exile》や《稲妻のらせん/Lightning Helix》といった優良な除去カードも難なく採用できるのがいいおね。

色の多い前のめりなデッキを使いたいなら、
拡張性もあるし、さらに下の環境でもアーキタイプが存在しているから、ZOOはオススメなんだじぇ!



次は、コンボ→ビートダウンってきたからコントロール・・・
と、思いきや、コンボデッキが比較的多いので、またコンボデッキに戻るんだじぇ!
posted by 夢珠 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

モダンをお安く楽しめるデッキ紹介@(アドグレイス)

モダンは高いってイメージばかりが先行しているから、それを払拭するコーナーを始めるお!
人に勧める以上、ちょっとはテコ入れしないとダメだよね!
うん、お察しの通りきっと三日坊主だじぇ!

まあ、それでもヴァンガードやゼクス、ポケモンカードみたいなゲームに比べれば高いんだけれどね!
あたちがかつてプレイしていた、ガンダムウォーや遊戯王よりも
ちょっと安いかなあ程度のデッキを中心に紹介していきますおっおっお!

でも、あまりにも安いと単色のビートダウンだけになっちゃって、
それだけだと面白くないし、妥協して弱いんじゃ面白くないので、
数百人〜数千人規模のグランプリやプロツアーで上位の結果を残していて、
かつ予算は1から作って1新渡戸〜3諭吉程度のデッキを幅広く紹介していくじぇ!

フェッチランド?
あたちも、ショックランド+M10+イニストランドのマナベースなんだから、
そこは自分の手持ちの土地で頑張ろうじぇ!

今回は、お安いデッキなんてどうせ単色のビートダウンだけだろ?って意見が多そうだから、
最初はまさかのコンボデッキから紹介するお!

あ、デッキレシピは引用できるものはするけれど、
Happymtgみたいに転載禁止しているところはリンク貼り付けるので、各々で見てきてね!

■アドグレイス(モダン)
土地/22枚
3 沸騰する小湖/Scalding Tarn
2 湿地の干潟/Marsh Flats
2 湿った墓/Watery Grave
2 金属海の沿岸/Seachrome Coast
2 闇滑りの岸/Darkslick Shores
2 宝石鉱山/Gemstone Mine
1 霧深い雨林/Misty Rainforest
1 神無き祭殿/Godless Shrine
1 神聖なる泉/Hallowed Fountain
1 すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All
1 宝石の洞窟/Gemstone Caverns
1 平地/Plains
2 島/Island
1 沼/Swamp

クリーチャー/4枚
4 猿人の指導霊/Simian Spirit Guide

その他の呪文/34枚
4 むかつき/Ad Nauseam
4 天使の嗜み/Angel's Grace
4 睡蓮の花/Lotus Bloom
4 血清の幻視/Serum Visions
4 五元のプリズム/Pentad Prism
3 否定の契約/Pact of Negation
2 神秘の指導/Mystical Teachings
2 手練/Sleight of Hand
2 深遠の覗き見/Peer Through Depths
2 ファイレクシアの非生/Phyrexian Unlife
1 殺戮の契約/Slaughter Pact
1 大霊堂の戦利品/Spoils of the Vault
1 稲妻の嵐/Lightning Storm

サイドボード/15枚
4 神聖の力線/Leyline of Sanctity
2 沈黙/Silence
2 思考囲い/Thoughtseize
1 残響する真実/Echoing Truth
1 強き者の優位/Favor of the Mighty
1 万の眠り/Gigadrowse
1 蔓延/Infest
1 流刑への道/Path to Exile
1 貴族階級の嘲笑/Patrician's Scorn
1 鋼の妨害/Steel Sabotage

戦績:グランプリブリスベン13 第31位
使用者:Matthew Hare
フォーマット:モダン(〜テーロスブロック)

メインボードの最高額カードは、否定の契約が1000円くらいする程度だじぇ・・・

基本的な動きは、



 

Ad Nauseam / むかつき (3)(黒)(黒)
インスタント
あなたのライブラリーの一番上のカードを公開し、そのカードをあなたの手札に加える。あなたはそれの点数で見たマナ・コストに等しい点数のライフを失う。あなたはこの手順を望む回数繰り返してもよい。

Angel's Grace / 天使の嗜み (白)
インスタント
刹那(この呪文がスタックにあるかぎり、プレイヤーは呪文を唱えられず、マナ能力でない起動型能力を起動できない。)
このターン、あなたはゲームに敗北することはなく、あなたの対戦相手はゲームに勝利することはない。ターン終了時まで、あなたのライフの総量を1点未満に減少させるダメージは、代わりにあなたのライフの総量が1点になるまで減少させる。

Phyrexian Unlife / ファイレクシアの非生 (2)(白)
エンチャント
あなたはライフが0点以下であることによりゲームに敗北しない。
あなたのライフが0点以下であるかぎり、あなたに与えられるすべてのダメージは、それの発生源が感染を持つかのように与えられる。(ダメージはあなたに毒(poison)カウンターの形で与えられる。)


《天使の嗜み/Angel's Grace》を唱えるか《ファイレクシアの非生/Phyrexian Unlife》を貼って、
プレイヤーがゾンビ化している状態で、《むかつき/Ad Nauseam》をプレイ。
そうするとカードをドローするたびにライフを失って、それこそライフマイナスになっちゃうのだけれど、
敗北条件を満たすことがなくなってしまうため、
ライブラリーの続く限り、いくらでもカードを引くことが出来てしまうんですお。


ライブラリーを引ききったら、《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》等から赤マナを出して、
《稲妻の嵐/Lightning Storm》を叩き込んででゲームセットだお!

 

Simian Spirit Guide / 猿人の指導霊 (2)(赤)
クリーチャー − 類人猿(Ape) スピリット(Spirit)
あなたの手札にある猿人の指導霊を追放する:あなたのマナ・プールに(赤)を加える。
2/2

Lightning Storm / 稲妻の嵐 (1)(赤)(赤)
インスタント
クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。稲妻の嵐はそれに、稲妻の嵐の上に置かれている蓄積(charge)カウンターの数に3を加えた点数のダメージを与える。
土地カードを1枚捨てる:稲妻の嵐の上に蓄積カウンターを2個置く。あなたはその新しい対象を選んでもよい。この能力は、稲妻の嵐がスタックにあるときにのみ、いずれのプレイヤーも起動できる。


《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》は序盤のマナ加速にも使えるイケメンだお・・・
ライブラリーを引き切るので、土地は手札にいっぱいなので、
《稲妻の嵐/Lightning Storm》で土地を9枚切るのくらい朝飯前なんだじぇ!


コンボデッキの宿命、カウンターなどの妨害札に対しては、

 

Pact of Negation / 否定の契約 (0)
〔青〕 インスタント
呪文1つを対象とし、それを打ち消す。
あなたの次のアップキープの開始時に(3)(青)(青)を支払う。そうしない場合、あなたはこのゲームに敗北する。

Boseiju, Who Shelters All / すべてを護るもの、母聖樹
伝説の土地
すべてを護るもの、母聖樹はタップ状態で戦場に出る。
(T),2点のライフを支払う:あなたのマナ・プールに(1)を加える。このマナがインスタント呪文かソーサリー呪文のために使われた場合、その呪文は呪文や能力によって打ち消されない。


このへんで対応するじぇ!
《否定の契約/Pact of Negation》すごく好きなカードなんよねえ・・・
次のお前のターンね"えがら"!って感じが凄く好きw


その他のパーツは、キーカードを引き当てるドロー・サーチカードと、
マナブースト用のカードが中心だお・・・

このコンボデッキの特徴は、キーカードが全てインスタントタイミングで打てることだおね!
(《ファイレクシアの非生/Phyrexian Unlife》は予め貼っておく必要があるけれど・・・)
相手のターンであっても、タップアウトするなど相手に隙があるようなら一瞬の間に勝負を決められるのはすごくかっこいいじぇ・・・

コンボパーツである、《天使の嗜み/Angel's Grace》や《ファイレクシアの非生/Phyrexian Unlife》が時間稼ぎのカードとして有用なのも○だじぇ!


モダンのコンボデッキというと欠片の双子が有名だけれど、
あれはコンボパーツの片割れがクリーチャーであるため、妨害されやすいのが弱点なんだよね・・・
しかし、クリーチャーであるがゆえ、テンポデッキとして動いて殴り殺すことも出来るんだけれどね!

一方、こっちのアドグレイスは、専らコンボに特化している形のデッキだじぇ!
要するに得意不得意が大きいんだじぇ・・・
しかし、グランプリでも好成績を収めているし、使用者も結構いるから、意外と未来がありそうなデッキだじぇ・・・



ちなみに・・・、「アド」ってつくから察しの良い方はデッキの動き分かっちゃったと思うけれど、
ええ、そうですお、レガシーのアドストームと動きは似ていますお・・・
レガシーのアドストームは、《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond》や
《暗黒の儀式/Dark Ritual》でアホみたいな速度で、それこそ1ターン目にさえ殺しに来るけれど、
モダンでは妨害がない場合であっても3ターン以内に決着が付くようなデッキは容認されない傾向にあるので、
マナブースト系のカードは使用できないものが多いのよねえ・・・


しかし、アグロ系のデッキも比較的ゆっくりしているので、コンボデッキにチャンスは有るんだじぇ!
というか、チャンスが有るというよりは、レガシーよりもカウンターもハンデスも弱いから、
全体的にコンボデッキが強い環境であると思いますまる。
これの他でも、欠片の双子とかメリーラポッドとかアミュレットとかスケープシフトとか・・・





おお、スゴイ!
久しぶりにまともな記事になったじぇ!
これは第2回に期待だね!
posted by 夢珠 at 20:57| Comment(2) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

モダンからレガシーに参入する上で必要になってくるカード

前回記事補足の自分用メモだじぇ!
主にTier1のデッキから、
旧枠のカードとモダンで禁止になっているカードを中心にチョイスだおっおっお!

再録禁止:★
モダン禁止指定:☆


・《議会の採決/Council's Judgment》
・《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》☆
・《剣を鍬に/Swords to Plowshares》


・《Force of Will》
・《祖先の幻視/Ancestral Vision》☆
・《渦まく知識/Brainstorm》
・《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》☆
・《思案/Ponder》☆
・《実物提示教育/Show and Tell》
・《もみ消し/Stifle》
・《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》


・《Hymn to Tourach》
・《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
・《グリセルブランド/Griselbrand》


・《火炎破/Fireblast》
・《騙し討ち/Sneak Attack》


・《垣間見る自然/Glimpse of Nature》☆
・《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》☆
・《自然の秩序/Natural Order》

多色
・《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》☆
・《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》☆


・《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》☆
・《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》☆

土地
・デュアルランド(10種類)★
・オンスロートのフェッチランド(5種類)※デッキを構築する上で欲しいんだけれど手を出すの危険なんで自重するじぇ
・《Karakas》
・《The Tabernacle at Pendrell Vale》★
・《裏切り者の都/City of Traitors》★
・《暗黒の深部/Dark Depths》☆
・《ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle》★
・《不毛の大地/Wasteland》



こんなところだじぇ!
補足あったらよろしくおねがいしますだお。

とりあえず、デュアルランドは安定だとして、
最近エルフも強いし再録禁止だから、《ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle》も狙い目かもね!

初期投資が少ないという点では、《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》いいかもしれない・・・
モダンでは、ミラディンの5種の剣は禁止になっていないし、
素で《殴打頭蓋/Batterskull》を採用しているデッキもザラだから、
モダンからレガシーに移行するための敷居が低いため、飛びつく人がすごく多そう・・・
そもそも、同じ2マナ四天王の《闇の腹心/Dark Confidant》や《タルモゴイフ/Tarmogoyf》と比べると、
安いというか、不当に安すぎるくらいだものなあ・・・
モダンイベントデッキで、《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》再録もあって更に敷居は低いし、
若干値段も落ち着いてきたし、今が最後の購入のチャンスかもしれない・・・

《裏切り者の都/City of Traitors》とか《The Tabernacle at Pendrell Vale》は、
個人的にはすごく欲しいんだけれど、
早い段階での高騰が約束されているデュアルランド抑えておいたほうが丸いのは確実なんだよなあ・・・


ここで、突拍子のない1年後の予言をしてみるじぇ。
モダンからレガシーに以降する人が出始める
     ↓
デュアルランド等の優良カードの高騰
     ↓
仕方ない、お金のかからないデッキを組むか・・・
     ↓
比較的安いエルフデッキの
《自然の秩序/Natural Order》
《垣間見る自然/Glimpse of Nature》
《ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle》
のさらなる高騰
     ↓
更に安いデッキを探すか・・・
     ↓
さらに安価なバーンデッキの、
《ゴブリンの先達/Goblin Guide》
《稲妻/Lightning Bolt》
のさらなる高騰

《ゴブリンの先達/Goblin Guide》5k
《稲妻/Lightning Bolt》1k
国内でのモダンのグランプリが告知されてからのモダンのカードの高騰具合を見ていると、
このくらい普通にありそうで、今から戦慄しちゃいそうだじぇ・・・

まあ、あたちはいつもどおりうまく立ちまわるよん。
ちゃんと立ち回れる人にとっては、チャンス以外の何物でもないものね!
posted by 夢珠 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。