2005年08月08日

れぽーと

ちょっと行ってきましたよ。

雰囲気は明るく良いけど、なれなれしいやつ大杉・・・
それがちょっと気に触りましたが、結構良いところだと思います。

1回戦:前々回優勝者

いきなり辛い相手だと思いきや〜・・・


1戦目:
ブレインジャッカーが入っている!?
裸のブレイカーをペンギンソルジャーで戻す〜!?

負けませんね・・・

2戦目:
初手で壺と悪魔使われたが、全然危機感無し。
数ターン後には巻き返しました。

こちらのツクヨミに自立行動ユニットだそうです。

で、あっさり勝利と・・・


2回戦:Yナーミ

お触れアンデッドとネタは分かっているので警戒。

1戦目:
初手壺使われ、さらにセイマジで回収されも一回使われる・・・

辛いと思ったが、なんか知りませんが勝っていました・・・

2戦目:
モンスター引かずにライフがぴんち!

開闢出されて破壊輪されて死亡・・・

3戦目:
こちらの場、老魔術師+幻想召還士、相手の場、ピラタ+ヴァンロ+同族で相手が強制転移発動。
ピラタ供与してきたんで、こちらは幻想召還士をプレゼント。
ピラタ殴られ2体目のヴァンロ出されるが、老魔術師で同族破壊して凌ぐ。

返しのターンで、女戦士で幻想に殴りヴァンロを生け贄に捧げさせて1体処理、2体目は女戦士で〜と思いましたがブレイカーにやられる・・・

最終的には開闢で勝利


3回戦:葛城さん

1戦目:
相手の場モンスターしかいなかったので、開闢→除外→変異+同族でラッシュ

2戦目:護封剣貼ってセイマジゲースタート。
壺を5回くらい使って勝利。


4回戦:噂の侍

1戦目:
1キル・・・orz

ここで、俺が余りに巻き戻しや長考が多かったので3分ルールを指摘。
彼のお友達がそんなのあるのと?とジャッジにならないジャッジを呼ぶ。

そしたら、どんなに長考してもいいのさーだってよ。
ルールくらいシビアに行って下さい。

2戦目:
瞬殺。

つか、愚かな埋葬を使って、サイポを落とし、あっ間違えたとか言ってデッキを切り直してから巻き戻して再びサイポ選択。
なんで、愚かな埋葬使う前にデッキをカットするのか?
なんで巻き戻すのか?

1回目の愚かな埋葬の時点でおそらくめぼしいカードを積み込みやすいデッキのボトムに送って、巻き戻しを要求しそこでデッキをカット。
そして、再びサイポを選択しデッキをカットさせずに進行させようとする。

カット要求ちゃんとさっせてもらいました。

しかも、伏せカードやらを間違えたので戻して良いですか?とか墓地の愚かな埋葬を巻き戻したりがやたらと多くもしかしたらほかにも何かやっているかもしれません。

つか、積み込みしたいのなら、もう少し器用にやって下さい。
あなたの手つきは、積み込みしていますと自己申告しているしているようなものです。

3戦目:
相手は怪しげな(下手くそ)手つきでデッキをカット。
そのままさりげなく、こちらにカットさせずにゲームを始めようとしているので、俺は相手にカットの機会を与えないように、デッキゾーンにおいたのを確認待たずになかばひったくる感じに手に取りカットを始める。

トップの6枚の中に絶対にサイポを送ったはずなので、まずトップ6枚をボトムに送りデッキをトントンと整えるふりをしてボトムを確認。
・・・・・・手札抹殺・・・

まずいカードなんで、下の方に送る。

で〜、再びトップの6枚のうち、手札抹殺を取り除いたのをボトムに・・・
さっきの方法でボトムを確認・・・

・・・・・・サイバーポット・・・

ほらね、あった。

そこで適当にデッキの上半分だけカットしてゲームスタート。

むろん、圧勝。


実際、俺のやった行為は不正行為で罰則対象だけど、この手の相手とやるときは仕方ないと思う。
仮に、なんか指摘しても知らぬ存ぜぬで逃げおおせるし、1回カットしちゃえば何も証拠は残らないし・・・

逆にこちらのも指摘されても逃げられるしね・・・


前回こいつはこの積み込みで優勝しているので、ますます腹が立った。
不器用なんで、積み込んでいるのは一目瞭然なのに、ここの常連はなんでそんなのに気づかないのですか!?

いかさましている奴は、逆に仕込まれても文句は言えないと思う・・・

次回とか、先行取れるんなら、相手のデッキのカットを拒否って初手に異次元の指名者でサイバーポットって言ってあげると言いかもね・・・

つかさ、メタポ入っているのに月の書が無いってどういうこと?
あなた、サイポを積み込むって言っているようなものですよ!
まあ、サイポを積もれるんならいいんじゃねん・・・


決勝戦:

ちょっとやかましい人

1戦目:
初手で、壺+悪魔、しかも俺の壺が落とされる・・・

なんか、サウサクとリリーでパンチって言っているんですけど〜・・・

粘ったんだけど、モン除去を大量に引かれ死亡。

2戦目:
普通にやれば負けませんね・・・

3戦目:
マーフィーの法則+傲慢により負け

相手が今までの行動が余りに初心者だったので、完全に見下していました・・・

そんな慢心に神様が天罰をお与えになったのですね・・・

注意すれば何ともないに、そんなことに気づかないのでは負けて当然。

以後、謙虚に頑張りたいと思います・・・



次に、皆さん行くときはたぶんあのメンツなら油断しなければ負けることは無いと思います。

侍のサマにだけ注意して下さい。


ああ、面白いところなのにしばらく俺はでられないや・・・残念!

posted by 夢珠 at 08:29| Comment(2) | TrackBack(0) | ゆうぎおう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
残念…デュークさんの日記先に読んだから、夢珠さんが優勝だと思ったのになあ

サマ師相手ならサマやってもいいんじゃねん? と思うのはアカギとかカイジ読んだからですか?
Posted by 来夢 at 2005年08月08日 11:19
イカサマもバレなきゃ立派な戦術かね?逆に言えば、相手のイカサマは見抜けなければダメってことだよね。
大会ってのは楽しいに越したことはないけど、基本は勝ちに行く場所なんだからこの理論は間違ってないんじゃないかしら?
もちろんフェアプレイで勝てないから勝つためにイカサマをするような奴は大会に参加する資格はありませんけどね。
侍がこれに懲りてイカサマ卒業すればいいんですけどねぇ…まぁないよね。
Posted by デューク at 2005年08月08日 23:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。