2005年07月05日

本当は恐い家庭の医学

なんか、チャンネル回していたら、薬の飲み方SPなるものをやっていたおり、将来携わるだろう仕事であるから見てみた。

医薬品は科学物質なんだから飲み合わせがいけないなんてのは、結構常識だというのは私の誤りだったのですね。
薬剤師は今は不足していますし、まだ知識が浸透するまでは必要とされそうです。

一番はじめの抗議が、薬=毒物って言う内容でやたらと印象に残っているのですよね。

実は、毒薬や劇薬、処方薬ってのは、中毒になるまでの量が違うだけで根本的にはなんら変わらないのですよね。
実は消費期限も合ったりします…


ゲストの回答すげーな。
5つも飲み合わせかよ?
これから、その辺をだんだんと覚えさせられていくんだな?

しかも、だされている問題がごくごく普通の範囲で溶ける気がするのは気のせいなんでしょうか?

水無しなんかで飲み続けていたら粘膜溶かされちゃうんだろうな?
確か、実例があった気がする…

posted by 夢珠 at 21:42| Comment(1) | TrackBack(0) | ざっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
案外知らないもんなんだよね、常識って
じゃあ常識じゃないじゃない、と。


常識無いのって恐いね
Posted by 来夢 at 2005年07月06日 02:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。