2015年07月11日

[7月11日]大会れぽ(プレリリース)

まだ予約間に合うようなので、行ってきたお!

フォーマット:シールド
使用デッキ:白緑のよくわからないの
参加人数:16人?
大会形式:スイスドロー3回戦+上位4人でのシングルエリミネーション

肝心要のお弁当箱は、くじ引きの結果リリアナボックス・・・
黒自体は悪くないものの、5パックの中からエレボスの巨人が2枚も出るというわけのわからない状況に・・・



わーい、お弁当箱の色と同じ色の親和レアカードが2枚もだぶった〜(白目
とてもではないものの、単色が組めそうなプールではなく、
タッチでの運用は試しに回してみたところ、事故りまくるので、黒を諦めて白緑に移行・・・

白緑になった決め手としては、

 

この2枚のボムの存在だわん。

悲劇的な傲慢は、最悪でも私の一番強いクリーチャーと、
相手の一番弱いクリーチャーのみに戦場をリセットでき、
アドバンテージも大量に獲得できるわかりやすいカードだわん。

ジョラーガの祈祷はオーバーラン系統のカードで、
《狩られる者の逆襲/Revenge of the Hunted》を彷彿とさせる能力だわん。
クリーチャーを展開して、にらみ合いになった後にぶっ放せば、平気で3〜4アド叩き出すわ。
アンコモンであるのにもかかわらず、いわゆるボムカードだと思っているお。
しかも、私のカードプールに2枚あったので、これを活かせるデッキにしたかったのだわん。

その他のカードは、基本的には勝ちパターンが存在するデッキなので、
《エルフの幻想家/Elvish Visionary》等のアドバンテージを失なわずに展開できる軽いクリーチャをーを中心に、
高名持ちの2~3マナクリーチャーを大量に選択したわん。

ついでに、ファッティもリミテ番長の某蜘蛛や高名6持ちの実質バニラとか優秀なものもいたので、
デッキパワーをあげるために採用、
意外なところでは、



こいつが以外にも強力だったわん。
アーティファクトクリーチャーもプレイアブルなものが多く、
飛行機会が跋扈している環境だし、危険な置物もあるので、
大概の場面で能力を有効活用できるわん。

そんな訳で、デッキくみくみして、試合開始だお〜

1回戦
VS赤青のソプターいっぱい出てくるの
チャンドラ父母が超強い。盤面の制圧力が半端じゃないけれど、
こちらの展開も早く、ジョラーガの祈祷で一気に盤面傾いて勝ちだわん
2戦目も、悲劇的な傲慢で、相手の場飛行機械のみという感じで綺麗に決まったわん
○○

2回戦
VS緑白黒
1戦目は、ジョラーガの祈祷はで相手の場がすっきりに・・・
2戦目は、迅速な報いが魔光を達成していると思い込んでいたら、
達成しておらずインスタントタイミングで打てずに、ライフ責められてしぼんぬ。
3戦目は、よく覚えてない!
○×○

3回戦
ID
-

シングルエリミのこれたわん( ・`ω・´)

シングルエリミ1回戦
VS4色
1戦目は、完全にキープ過ったわん。
緑ソース無しで開始して、緑のカード引きまくるというひどい目に・・・
2戦目は、逆に相手が事故
3戦目は、土地5+悲劇的な傲慢という極端な手札だったものの、相手展開早いので、
悲劇的な傲慢までに死んでなければ捲れるだろうという感じで初めて、
予想通り、リセットで3アドくらい取ってGGだったわん
×○○

決勝
VS赤青
1回戦の相手と同じデッキタイプだわん。
1戦目は、ジョラーガの祈祷でアドはあんまりとれていないものの、相手の生物全滅させて勝ち
2戦目も、ジョラーガの祈祷で4体くらい相手の生物踏み潰して勝ち
○○


わーい、優勝だお〜

リリアナお弁当のカードはまったく生かせなかったものの、
爆弾カードいっぱい引けたので、なんだかんだ行ってデッキパワーは結構高かったわん。
最初のところでは上げていないものの、
迅速な報い×2
天界のほとばしり×1
と除去も潤沢だったわ!

とりあえず、ジョラーガの祈祷がアンコモンとは思えないほど強い!
元祖オーバーランもリミテ番長だったけれど、こいつもなかなかの性能だと思うわ!

以上、大会お疲れ様でしたお〜


後そういえば、高校の時の部活の先輩に当たる人がいたかも?
基本的に上下のつながり殆ど無い人なので、名前分からない人なんだおね!
10年以上前だけれど、妖精伝承だったかのプロモ貰った覚えがあるわん・・・
なんだか部室で見かけたことがある気がして、ちら見しまくってしまったおw
posted by 夢珠 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422196513

この記事へのトラックバック