2015年06月29日

【デッキ】Canadian Threshold

【Canadian Threshold】
フォーマット:レガシー

土地/18枚
4《汚染された三角州/Polluted Delta》
4《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3《Tropical Island》
3《Volcanic Island》
4《不毛の大地/Wasteland》

クリーチャー/12枚
4《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4《敏捷なマングース/Nimble Mongoose》
4《タルモゴイフ/Tarmogoyf》

その他の呪文/30枚
4《渦まく知識/Brainstorm》
4《目くらまし/Daze》
4《Force of Will》
4《稲妻/Lightning Bolt》
2《呪文貫き/Spell Pierce》
2《呪文嵌め/Spell Snare》
4《もみ消し/Stifle》
2《二股の稲妻/Forked Bolt》
4《思案/Ponder》

サイドボード/15枚
1《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
1《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1《発展の代価/Price of Progress》
1《紅蓮破/Pyroblast》
1《赤霊破/Red Elemental Blast》
1《水没/Submerge》
1《外科的摘出/Surgical Extraction》
1《乱暴+転落/Rough/Tumble》
1《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
1《森の知恵/Sylvan Library》
1《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1《無のロッド/Null Rod》
1《真髄の針/Pithing Needle》



カナディアンスレッショルド!

メインボードの土地以外のカードの種類:12種
サイドボードのカードの種類:15種

メインボードは典型的なテンプレ構成だお。
これの安定感と完成度、レシピの美しさが最高なので個人的にはこれから弄りたくないお。

レガシーに存在するデッキなら、大抵のデッキに対して対等には戦えるので、
大幅にサイドボーディングする必要がないんだおね。
そのためのサイドボードがハイランダー状態なのだわん。
ゆう順普段で全部ピン積みなんじゃないのよ!

基本的には、サイドボーディングは微調整で済まして、
メインボードのバランスを崩さないように注意するわん。


カナスレのいいところはメタ特化型ってところだおね!

ピッチスペル:8枚
1マナ呪文:30枚
2マナ呪文:4枚

という、他の環境ではなかなか考えられないようなマナカーブを描くわん。
この規格外の軽さがやっぱりいいよね!

デッキパワーはそんなに高くなく、環境依存するデッキなので、
プレイングはものすんごく難しいわん。
MTGどころか、今まで触ってきた全てのTCGのデッキの中でもダントツで一番難しいくらい難しいわん。
これを綺麗に回せるようになりたいと思いつつも、
残念ながら、赤要素を奇跡コンに取られてしまったので、泣く泣く解体することに・・・

でも、一番好きなデッキなので、気が向いたらまた構築しますお!
posted by 夢珠 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421516897

この記事へのトラックバック