2015年06月13日

PPTQ in BOOKSながしま

行く予定はなかったものの、
急遽グリーンカーテン(の元)の整備に駆り出されてしまったので、はるばる行ってきたわん。

フォーマット:モダン
参加人数:42人
使用デッキ:アブザンジャンク
形式:スイスドロー6回戦+上位8名でのシングルエリミネーション

【1回戦】
VSグリクシスコントロール
・DUEL1
1Tハンデスでカウンター落としてから、2T《復活の声/Voice of Resurgence》着地でいい感じな盤面に
ミシュランと《未練ある魂/Lingering Souls》のスピリットで殴り勝つ
・DUEL2(後手
相手土地2枚でスクリューして、そのまま勝ち


【2回戦】
VSグリクシスツイン(だった覚えが
・DUEL1
痛恨のダブマリだったものの、
1Tハンデスから、2T《復活の声/Voice of Resurgence》着地の好スタート。
コンボ成立前に殴り勝つ
・DUEL2(後手
1Tハンデス、
2T(ピーピングで《血染めの月/Blood Moon》が見えたので)《衰微の拘束/Manacles of Decay》構えて、
3T返しで《窒息/Choke》の台パン不可避な神初手。
《窒息/Choke》置いたら相手投了。


【3回戦】
VSグリクシスデルバー
・DUEL1
初手が芳しくなかったので、ワンマリスタート。
よく覚えていないけれど、相手デルバー出てこず押し切れたような覚えが・・・
・DUEL2(後手
あまりいい手札ではないものの《窒息/Choke》あったのでキープ。
《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》で覗かれてきっちりケアされてピンチ。
そのままライフレースになって、
ここで《包囲サイ/Siege Rhino》か《未練ある魂/Lingering Souls》引ければ勝ち、引けなければまけって盤面で、《包囲サイ/Siege Rhino》をトップして勝ち。


【4回戦】
VS欠片の双子
・DUEL1
ハンデス連打でコンボパーツ落としまくるものの、ラスト1ターンというところで、
揃えられて無限トークンからの即死
・DUEL2(先手
《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》、《タルモゴイフ/Tarmogoyf》、《未練ある魂/Lingering Souls》とあったので、特に考えずにキープしたのが完全に甘かった。
《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》でピーピングすると、
《欠片の双子/Splinter Twin》に加え《やっかい児/Pestermite》&《詐欺師の総督/Deceiver Exarch》が計2枚という即死ハンド。
エンチャント先落として、3Tまでに除去引けるようにお願いするか、ブラフで土地立てて置くので、コンボ始めないでねのお願いをするものの、《思考囲い/Thoughtseize》を食らって、絶望的なハンドが割れる。
そのまま、最速でコンボ決められて即死。


【5回戦】
VSバーン
・DUEL1(後手
どうしようもないというのは、まさに行為事を言うのかという感じで、為す術無く4キル。
・DUEL2(先手
サイドインの《部族養い/Feed the Clan》→《包囲サイ/Siege Rhino》でライフが潤沢に。
いい場面で《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》も刺さり勝ち。
・DUEL3(後手
プレイミス云々ではなく、本当にどうしようもなかった。
バーン早すぎて、ジャンク使っている限り、
2DUEL目のような神ハンドかつ先手でもない限り、勝てる見込みが本当に無い…


【6回戦】
勝てればワンチャンシングルエリミ残留できそうなマッチ
VSグリクシスデルバー
・DUEL1(後手
相手がなかなかデルバー検定に合格しなかったため、かなり時間に余裕ができた感じ。
《包囲サイ/Siege Rhino》着地で盤石、そのまま勝ち。
・DUEL2(後手
《復活の声/Voice of Resurgence》が刺さっているようでいまいち刺さらず。
よく覚えていないけれど、確かデルバーが相手の場に2枚いて、とりあえず殺された覚えが…
・DUEL3(先手
《思考囲い/Thoughtseize》→《復活の声/Voice of Resurgence》と滑り出しは素晴らしい物の、
《復活の声/Voice of Resurgence》が《マグマのしぶき/Magma Spray》で追放される…
相手の《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》がどうにもできず、
こちらもタシグルを立てるものの、あっさり《終止/Terminate》で負け。
相手のサイドボーディングが美味かったとしか言いようがない。


最終結果:3-3

3タテからの逆3タテ…
そのまま4タテで来ていれば、5,6戦目とIDで残留確定だったのに残念…

1回フィーチャーマッチ(?)な卓に座って、デュエルは特に酷いプレイはなかったものの、
インタビューとか何も考えておらず、それの解答が酷すぎて、大会以上に凹んでいるなう。
「今までの実績は?」→あたち「ありません(キリッ」
「今日のデッキを選択した理由は?」→あたち「初心者でも手なりでプレイできるからです(キリッ」
「ホームはどこですか?」→あたち「わんぱっく桐生店です!ぼっちできました(^q^) 」
はぁ、死にたい…


今日使ったデッキは、

【アブザンジャンク】
フォーマット:モダン

土地/25枚
1《森/Forest》
1《平地/Plains》
1《沼/Swamp》
2《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》
2《神無き祭殿/Godless Shrine》
1《湿地の干潟/Marsh Flats》
2《草むした墓/Overgrown Tomb》
2《活発な野生林/Stirring Wildwood》
1《寺院の庭/Temple Garden》
1《樹上の村/Treetop Village》
1《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
4《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
2《森林の墓地/Woodland Cemetery》

クリーチャー/13枚
4《包囲サイ/Siege Rhino》
4《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
2《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
3《復活の声/Voice of Resurgence》

その他の呪文/22枚
3《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
4《未練ある魂/Lingering Souls》
1《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
3《思考囲い/Thoughtseize》
3《突然の衰微/Abrupt Decay》
1《残忍な切断/Murderous Cut》
1《殺戮の契約/Slaughter Pact》
2《流刑への道/Path to Exile》
3《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor》

サイドボード/15枚
1《ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa》
3《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》
1《最後のトロール、スラーン/Thrun, the Last Troll》
3《部族養い/Feed the Clan》
1《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
1《盲信的迫害/Zealous Persecution》
2《窒息/Choke》
2《石のような静寂/Stony Silence》
1《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》



札束デッキでーす、いえーい!
とりあえず、調整などせずに、昨日組んだデッキだわん、調整は本番で!
随分といらないカードがはっきりと見えていたので、要調整だね。

具体的には、
メインボードでは、
1《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor》
は、今日使った感じではでいらないと思うわ。

《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》はレガシーと使用感がぜんぜん違うのね。
《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》から2T着地でマウントとって〜、
って使い方にはならないから、どうしても重く感じてしまう。
ミラーとかならまた違ってくるとは思うんだけれどね。
後手だと、双子相手などでは3Tに置くことなんてできないので、
これを除去にカウントしてしまうと、どうしても除去が足りなく感じるわ。

《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor》は、
バーンなどの前のめりなデッキ相手に+能力が役に立つかと思ったものの、
あまりにも早く、クロックはチャンプブロックに回さざるをえない状況が多くて、
とてもじゃないけれど、悠長に盤石な状態で4Tを迎えられる様子ではなかったわ。

逆にメインボードで欲しいと感じたのは、
《流刑への道/Path to Exile》
《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
このあたりだわん。

本来有利つきそうな欠片の双子やグリクシスデルバーにやられているのは、
《流刑への道/Path to Exile》のような範囲の広い除去が足りないと感じたわ。
土地与えるのが環境的には厳しいと思いつつも、最低でももう1枚は追加したいね。

《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》については、
やっぱりしぶといクロックはコントロールにも強く、計4点ゲインできればバーン耐性もかなり上がると思うお。
しかし、3マナ域は渋滞中なんだよね…
リリアナと《未練ある魂/Lingering Souls》を1枚ずつ抜いて、2枚くらい仕込んでおこうかしら。

《漁る軟泥/Scavenging Ooze》も欲しいんだけれど、
環境にコントロールが多いので、《復活の声/Voice of Resurgence》でいいと思うわ。
欲しくなるのを見越した上で、声を採用したのだから、ここは突っぱねたいと思う。
ライフゲインや除外は環境に適しているもののバーン相手にしていた時や、
グリクシス相手にしていた時も、《漁る軟泥/Scavenging Ooze》ならどうにかなっていた場面というのはなかったしね。

それとマナ基盤だけれど、やっぱり、《湿地の干潟/Marsh Flats》もうちょい欲しいわ。
1枚しか持っていないんだよね…
さすがに再録される可能性もあるので今更買うきになれないんだよなあ…
それと、ハイブリッドランドの《黄昏のぬかるみ/Twilight Mire》も欲しい。
色事故等は特になかったものの、もうちょいマナ基盤を見直したいわ。

サイドボードについては、
《最後のトロール、スラーン/Thrun, the Last Troll》が完全にお荷物だったわ。
対コントロールにと思って採用したものの、
《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》を抜けないんじゃ、話にならないじゃない!
まず、ここは別の何かにチェンジ決定!
とりあえず、暫定的には双子にもタシグルにも刺さる《天界の粛清/Celestial Purge》にしておくわ。

それと、《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》は使いにくすぎた。
《タルモゴイフ/Tarmogoyf》も小さくなっちゃうので、
《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》の方が確実にイイね。




ここ最近えらく久しぶりに、
それこそ5年とかそれ以上っぷりに真面目にTCGしているけれど、たまにはガチるのもいいね!
ピリピリはしているものの、これはこれでおもしろいと思うわ。

おーい、RD。
バーン相手に後で調整させてくれだわん。
ジャンクかジャンド使っていきたいと思っているんだけれど、
どちらにせよバーンが鬼門なので、ちょっと練習&調整しておきたいところ。
posted by 夢珠 at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ええで
ええけど土日の6時以降とかしか付き合えんで
Posted by リアルディール at 2015年06月14日 12:44
わぁい
来月行こう、FNMの景品が《流刑への道/Path to Exile》《血清の幻視/Serum Visions》ととてもいいのでどこか行って、その時にでも付き合ってくれると助かるわん
Posted by 夢珠ちゃん at 2015年06月15日 01:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/420636752

この記事へのトラックバック