2015年06月08日

【デッキ晒し】欠片の双子(グリクシスツイン)

【欠片の双子(グリクシスツイン)】
フォーマット:モダン

土地/23枚
3《島/Island》
1《山/Mountain》
1《沼/Swamp》
1《血の墓所/Blood Crypt》
1《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1《僻地の灯台/Desolate Lighthouse》
2《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
4《汚染された三角州/Polluted Delta》
3《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2《蒸気孔/Steam Vents》
2《硫黄の滝/Sulfur Falls》
1《地盤の際/Tectonic Edge》
1《湿った墓/Watery Grave》

クリーチャー/12枚
4《詐欺師の総督/Deceiver Exarch》
2《やっかい児/Pestermite》
3《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
1《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》

その他の呪文/25枚
4《血清の幻視/Serum Visions》
2《謎めいた命令/Cryptic Command》
4《稲妻/Lightning Bolt》
3《コラガンの命令/Kolaghan's Command》
4《差し戻し/Remand》
2《呪文嵌め/Spell Snare》
2《終止/Terminate》
4《欠片の双子/Splinter Twin》

サイドボード/15枚
1《嵐の神、ケラノス/Keranos, God of Storms》
1《誘惑蒔き/Sower of Temptation》
2《神々の憤怒/Anger of the Gods》
1《引き裂く流弾/Rending Volley》
1《焙り焼き/Roast》
2《払拭/Dispel》
1《否認/Negate》
1《思考を築く者、ジェイス/Jace, Architect of Thought》
1《殴打頭蓋/Batterskull》
2《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
1《ヴィダルケンの枷/Vedalken Shackles》





1日目よりは成績良かったものの、懸念していたアブザンジャンクにとうとう当たり惨敗を期したお。
やっぱりコンボデッキの性質上、単体では役に立たないカードが入っている分、
ハンデスには滅法弱かったお…
それと、ヴィダルケンの枷は誘惑蒔きが届かなかったために、仕方なく入っている感じだお…
妥協するくらいなら別のもの入れておいたほうがよかったね!

それと、1日目は比較的余裕を持って戦えていたバーンについても、
3色デッキの宿命故かLP17スタート多くなっちゃって、どうしてもキツイおね…
でも、苦手としていたコントロール相手に結果的には勝ち越すことができたので、その点はよかったわん。

次回以降はアブザンジャンクでも組んで大会行こうかなあ…

欠片の双子というか、コンボデッキはやっぱりあまり得意ではないのかもしれないお…
コンボスタートのタイミングが感じられないのと、
妨害されて、ミスった時のことを考えると、なかなかコンボスタートに踏み切れないわ。
100%の安全が担保されていないと、性格的にコンボスタートに行けないので、
その結果どうしても遅れてしまって、取られてしまっている試合が多すぎるお…
posted by 夢珠 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック