2015年05月28日

よく構築済み○個で強いデッキになるとか言うけれどさ………

TCG的にそれって面白いのかお?
少なくともずぶの初心者に勧めるのはどうなのだろうかお…?

確かにTCGの面白い要素の一つに、相手を見つけて対戦をするって要素があり、それそのものの面白さを否定することは難しいと思いますお?
でも、それと同等、人によってはそれ以上の面白い要素として、作りたいデッキを構築するためにカードを蒐集する過程があると思うんだお。
全くのTCG初心者に、この過程の部分をスキップさせてデッキだけ与えてしまって、TCGの良さを余すこと無く伝えることができるのか?と思いませんかお?

ソーシャルゲーム等はあまりにも露骨すぎるけれど、○○を手に入れたらゲームクリア等と言われるように、
その特定のキャラクターを集めて、あるPT等を構成するための過程がものすごく重視されていると思いますお。
また、ドミニオン等のテーブルゲームもやったことはある人はわかると思うけれど、高コストの勝利点カードに届くようなデッキを構築し終えて、得点を買い始め勝ちに行くところよりも、その高コストの勝利点カードを購入できるように、サプライにあるカードを収集して、強いデッキを構築する過程の方が面白いと思いますお。

ここで、話を戻して、記事のタイトルについて考えると、この方法はやっぱりTCGの面白い部分を一部分しか伝えられず、TCGのコアユーザーを増やす方法としては片手落ちだと思いますお。
この方法で増えるのは、構築済み数個でデッキを組んで、それで少し遊んで辞めていくコミュニティに定着しないライトユーザーが大半だと思いますお。
デッキ構築の指針としてはいいけれど、今はインターネットもあるのだから、自分である程度調べて大変であっても少しずつカードを集めて、自分の好きなデッキを作るのがいいと思うんだおね。
あっさり組めちゃったら、愛着なんてわきませんお?
少しくらいは苦労して時間をかけないと、愛着のわくデッキはなかなか作れないと思いますお!

と、ふとよく聞く「よく構築済み○個で強いデッキになる」に反論してみたお!
ちなみにあたちは、そんなデッキでTCGは絶対にやりたくないお!
言い方は悪いけれど、この手のデッキはだれでもすぐに組める「ユニクロデッキ」とあたちは呼んでいるお。
なんだったら「しまむらデッキ」でもいいお。
自分なりの工夫も自分らしさも全くない、無個性で無価値なデッキだと思っているお!
デザイナーズデッキも、
運営に「このカードはこうやって使え」と押し付けられている感じがして大概だと思うけれど、
構築済みの組み合わせはその上をいく思考停止デッキだと思うわん。

パーツ取りだとか言われることもあるけれど、
あたちは構築済みについては、それでいいと思うわん。
そもそも、複数購入することが前提じゃない、
1個買って戦える、文字通りの構築済みデッキがどれほどあるかは甚だ疑問だおね!

とりあえず、初心者には構築済みデッキはあたちはおすすめしないようにするわん!
posted by 夢珠 at 00:05| Comment(3) | TrackBack(0) | そのたかーどげーむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>この方法で増えるのは、構築済み数個でデッキを組んで、それで少し遊んで辞めていくコミュニティに定着しないライトユーザーが大半だと思いますお。

まさにこれ
TCGの面白さの一部しか知らないで辞めていく人間の多いこと…
この記事には全面的に同意せざるを得ないですね
手前のデッキを手前が苦労してカード集めて手前で考えて組むからこそのTCGだと俺も思います
まぁ元々そういう人はそういう人なんで、それ以上の面白さを提示したところでそこに興味を持たないと思いますけどね
現実としては思考停止ゲーの方が人集まるんですよねぇ…
悲しいかな、TCGという文化は終わった(変わった?)のだと思いますよ…
Posted by デューク at 2015年06月07日 23:22
>CGの面白さの一部しか知らないで辞めていく人間の多いこと…
>手前のデッキを手前が苦労してカード集めて手前で考えて組むからこそのTCGだと俺も思います

とっつきやすさというのも大切だとは思うけれど、今の構築済み数個でお手軽って方法とは、これらって相反しちゃっているんだよね。
メーカー側ももうちょっとプレイヤーが定着するような販売方法を模索してもらいたいところだわん。
Posted by 夢珠ちゃん at 2015年06月09日 00:03
僕は構築済みぐらいしか買わないよ
君が何言ったって絶対僕は構築済みを買うからね
Posted by 僕 at 2015年12月16日 21:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック