2015年05月19日

【デッキ晒し】ダークマーベリック

【ダークマーベリック】
フォーマット:レガシー

土地/23枚
2《森/Forest》
1《平地/Plains》
2《Bayou》
1《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
1《ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle》
1《Karakas》
2《Savannha》
1《Scrubland》
4《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4《不毛の大地/Wasteland》
4《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》

クリーチャー/24枚
4《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
1《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
4《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
3《ルーンの母/Mother of Runes》
1《貴族の教主/Noble Hierarch》
2《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
1《スクリブのレインジャー/Scryb Ranger》
4《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
4《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》

その他の呪文/13枚
3《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》
3《突然の衰微/Abrupt Decay》
3《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1《森の知恵/Sylvan Library》
1《殴打頭蓋/Batterskull》
1《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》

サイドボード/15枚
1《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
2《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
1《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
1《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
1《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
4《思考囲い/Thoughtseize》
1《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
2《盲信的迫害/Zealous Persecution》
2《窒息/Choke》





解体するので自分用メモメモ。
マーベリック=一匹狼の名の通り、本来大量の1積みカードを、
クリーチャーは《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》を使って、
土地は《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》を使って、
状況に応じてシルバー・バレットするデッキって認識だけれど、ずいぶん自分好みに構築しちゃったお。
緑が入って、さらに黒をタッチしたデスタクみたいな構成になっているお!

石鍛冶4枚って時点でマベっぽくないけれど、カードパワーの暴力で勝てるからいいよね!
土地の《不毛の大地/Wasteland》4枚も過剰な気もするけれど、
ここに《市長の塔/Tower of the Magistrate》とか《Math of Ith》積むよりも、
マナブーストからマウントとって《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》で、
不毛連打モードが強いと思ったんだお!

レガシーだけれど、高額なカードは土地のみなので、
デュアルランドをショックランドなどで代用すれば、
レガシー初心者でも簡単に組めちゃってレガシー気分を満喫できる良デッキだと思うお!



――――――しょーてる?
考えたら負けだお!
考えなくても手なりで進めて負けちゃうから大丈夫、致命傷ですむよ!
posted by 夢珠 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック