2014年12月13日

モダンマスターズ2015に収録される神話レアを勝手に予想するお!

あたちのすばらしい予想をとくと見よだお!

前回のモダンマスターズを参考にすると、
神話レア収録枚数:15枚
内訳:
単色:2枚ずつ
多色:2枚
無色:3枚

これを元に予想してみるじぇ!

白:
《静寂の守り手、リンヴァーラ/Linvala, Keeper of Silence》
Linvala, Keeper of Silence / 静寂の守り手、リンヴァーラ (2)(白)(白)
伝説のクリーチャー − 天使(Angel)
飛行
あなたの対戦相手がコントロールしているクリーチャーの起動型能力は起動できない。
3/4

出産の殻デッキの定番パーツ。
新規収録範囲のゼンディカーブロックのカードだし、Tire1のデッキのカードだけに、
収録可能性は高そうだじぇ・・・


《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》
Elesh Norn, Grand Cenobite / 大修道士、エリシュ・ノーン (5)(白)(白)
伝説のクリーチャー − 法務官(Praetor)
警戒
あなたがコントロールする他のクリーチャーは+2/+2の修整を受ける。
あなたの対戦相手がコントロールするクリーチャーは-2/-2の修整を受ける。
4/7

前回の神河のクソドラゴンサイクルのように、なんらかの神話レアのサイクルはあると思うんだじぇ。
今回のそれは、おそらく新たなるファイレクシアの法務官5人なんじゃないかなあと思うんだお。
ノーン様がいるからクソサイクルにならないね!


青:
《精神壊しの罠/Mindbreak Trap》
Mindbreak Trap / 精神壊しの罠 (2)(青)(青)
インスタント − 罠(Trap)
このターン、対戦相手1人が3つ以上の呪文を唱えていた場合、あなたは精神壊しの罠のマナ・コストを支払うのではなく(0)を支払ってもよい。
望む数の呪文を対象とし、それらを追放する。

「人生は迷路だ。 行き止まりの一つがこれだ。」
フレーバーかっこいい!
罠サイクルはひと通り収録しそうな気がしますお!
その中でも唯一の神話レアなこの子が来そうな感じ。
採用実績は、最近は狼狽の嵐のせいで下がってきたけれど、定番な対ストームカードですお。


《核の占い師、ジン=ギタクシアス/Jin-Gitaxias, Core Augur》
Jin-Gitaxias, Core Augur / 核の占い師、ジン=ギタクシアス (8)(青)(青)
伝説のクリーチャー − 法務官(Praetor)
瞬速
あなたの終了ステップの開始時に、カードを7枚引く。
各対戦相手の手札の最大枚数は7少なくなる。

法務官サイクル。
レガシーのリアニにちょこちょこ採用されているお・・・


黒:
《ファイレクシアの抹消者/Phyrexian Obliterator》
Phyrexian Obliterator / ファイレクシアの抹消者 (黒)(黒)(黒)(黒)
クリーチャー − ホラー(Horror)
トランプル
発生源1つがファイレクシアの抹消者にダメージを与えるたび、その発生源のコントローラーはその点数に等しい数のパーマネントを生け贄に捧げる。
5/5

モダンの黒単信心の定番パーツだお!
書いてあることは頭おかしいのに、スタンダードではそれ以上に頭のおかしい《四肢切断/Dismember》が環境にあったせいで活躍できなかったかわいそうなカードだお!
最近値段も上がってきているし、是非とも再録してほしいじぇ・・・


《囁く者、シェオルドレッド/Sheoldred, Whispering One》
Sheoldred, Whispering One / 囁く者、シェオルドレッド (5)(黒)(黒)
伝説のクリーチャー − 法務官(Praetor)
沼渡り
あなたのアップキープの開始時に、あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。
各対戦相手のアップキープの開始時に、そのプレイヤーはクリーチャーを1体生け贄に捧げる。
6/6

法務官サイクルのハズレ枠!
沼 渡 り


赤:
《隠れしウラブラスク/Urabrask the Hidden》
Urabrask the Hidden / 隠れしウラブラスク (3)(赤)(赤)
伝説のクリーチャー − 法務官(Praetor)
あなたがコントロールするクリーチャーは速攻を持つ。
あなたの対戦相手がコントロールするクリーチャーはタップ状態で戦場に出る。
4/4

法務官サイクルのハズレ枠!
そして、赤はもう1枚入りそうなカードが収録範囲にないじぇ。
収録範囲に無色のカードが多いから、多色に赤分のあるカードが入るかわりに赤の神話レアの枚数が削減なんてこともありそうだじぇ・・・
現に通常エキスパンションでは、神話レアの枚数は各色均等ではないものね・・・


緑:
《貴族の教主/Noble Hierarch》
Noble Hierarch / 貴族の教主 (緑)
クリーチャー − 人間(Human) ドルイド(Druid)
賛美(あなたがコントロールするいずれかのクリーチャーが単独で攻撃するたび、そのクリーチャーはターン終了時まで+1/+1の修整を受ける。)
(T):あなたのマナ・プールに(緑)か(白)か(青)を加える。
0/1

定番マナクリーチャーのおば賛美!
《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》や《闇の腹心/Dark Confidant》が神話レアに格上げされたように、こいつも高額レアなだけに、レアから神話レアに格上げされそうな気がするじぇ・・・


《飢餓の声、ヴォリンクレックス/Vorinclex, Voice of Hunger》
Vorinclex, Voice of Hunger / 飢餓の声、ヴォリンクレックス (6)(緑)(緑)
伝説のクリーチャー − 法務官(Praetor)
トランプル
あなたがマナを引き出す目的で土地を1つタップするたび、あなたのマナ・プールにその土地が生み出したいずれかのタイプのマナ1点を加える。
対戦相手1人がマナを引き出す目的で土地を1つタップするたび、その土地はそれのコントローラーの次のアンタップ・ステップの間にアンタップしない。
7/6

法務官サイクルのハズレ枠!


多色:
《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》
Ajani Vengeant / 復讐のアジャニ (2)(赤)(白)
プレインズウォーカー − アジャニ(Ajani)
[+1]:パーマネント1つを対象とする。それはそれのコントローラーの次のアンタップ・ステップの間にアンタップしない。
[-2]:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。復讐のアジャニはそれに3点のダメージを与え、あなたは3点のライフを得る。
[-7]:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーがコントロールするすべての土地を破壊する。
3

赤を含む多色枠兼、おそらく2枠のPW枠。
《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》とか《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》あたりも再録されそうな気もするけれど、
あたちは、ちょこちょこ採用されているこいつを押すじぇ!


無色:
《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
Emrakul, the Aeons Torn / 引き裂かれし永劫、エムラクール (15)
伝説のクリーチャー − エルドラージ(Eldrazi)
引き裂かれし永劫、エムラクールは打ち消されない。
あなたが引き裂かれし永劫、エムラクールを唱えたとき、このターンに続いて追加の1ターンを行う。
飛行、プロテクション(有色の呪文)、滅殺6
引き裂かれし永劫、エムラクールがいずれかの領域からいずれかの墓地に置かれたとき、オーナーは自分の墓地を自分のライブラリーに加えて切り直す。
15/15

収録が公式ソースにより確定!
他の2柱も再録しそうな気もするけれど、枠がないので伝説のエルドラージはこいつだけな気がするじぇ・・・
ちなみにこいつのカードナンバー3番なのね。
よって、これ以前のカードナンバーが振られているカードは2枚、
そして、アーティファクトでない無色のカードで、「E」より前のカードって大してないよね。
「A」ではじまり、アーティファクトでない《全ては塵/All Is Dust》はおそらく来るんじゃないかなあと思うじぇ・・・


《肉体と精神の剣/Sword of Body and Mind》
Sword of Body and Mind / 肉体と精神の剣 (3)
アーティファクト − 装備品(Equipment)
装備しているクリーチャーは+2/+2の修整を受けるとともにプロテクション(緑)とプロテクション(青)を持つ。
装備しているクリーチャーがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、あなたは緑の2/2の狼(Wolf)クリーチャー・トークンを1体戦場に出し、そのプレイヤーのライブラリーの一番上から10枚のカードをそのプレイヤーの墓地に置く。
装備(2)

《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》
Sword of Feast and Famine / 饗宴と飢餓の剣 (3)
アーティファクト − 装備品(Equipment)
装備しているクリーチャーは+2/+2の修整を受けるとともにプロテクション(黒)とプロテクション(緑)を持つ。
装備しているクリーチャーがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、そのプレイヤーはカードを1枚捨て、あなたはあなたがコントロールする土地をすべてアンタップする。
装備(2)

《戦争と平和の剣/Sword of War and Peace》
Sword of War and Peace / 戦争と平和の剣 (3)
アーティファクト − 装備品(Equipment)
装備しているクリーチャーは+2/+2の修整を受けるとともにプロテクション(赤)とプロテクション(白)を持つ。
装備しているクリーチャーがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、戦争と平和の剣はそのプレイヤーに、そのプレイヤーの手札にあるカードの枚数に等しい点数のダメージを与え、あなたはあなたの手札にあるカード1枚につき1点のライフを得る。
装備(2)

ミラディンの傷跡ブロックの神話レアの伝説の剣サイクル。
《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》はモダンイベントデッキで再録されたけれど、
前回のモダンマスターズで《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》と《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》を神話レアに昇格して収録したから、こいつらもサイクルとして収録する気がしますお!

―――――いらないけれどね!


《解放された者、カーン/Karn Liberated》
Karn Liberated / 解放された者、カーン (7)
プレインズウォーカー − カーン(Karn)
[+4]:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは自分の手札からカードを1枚追放する。
[-3]:パーマネント1つを対象とし、それを追放する。
[-14]:解放された者、カーンにより追放された全てのオーラ(Aura)でないパーマネント・カードを別にした状態にしたまま、ゲームを再び開始する。その後、それらの別にしたカードをあなたのコントロール下で戦場に出す。
6

2枠あるPW枠に一番来そうなのはカーンだと思うお。
新規収録範囲のカードだし、採用実績から言って他のPWの追随を許さないじぇ・・・





以上、15枚上げてみましたお。
願望も結構入っているけれど、
明らかなハズレ枠も設定されているから、意外と現実的に見えないかお?w

モダンマスターズ2015の続報が待ち遠しいじぇ!
なんとしても購入したいところだおっおっお!
posted by 夢珠 at 13:19| Comment(3) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
《饗宴と飢餓の剣》はモダンイベントデッキで再録されているし、微妙かなーと思う。あと法務官こんなに入るかなって気もする。

この中だと賛美BBAが最高額かな。賛美BBAはタルモボブと比べると、マジキチ価格ではないけど、供給数相変わらず少ないなら戦争よな…

俺はモダマスのときも買いっぱぐれたので、今回も買える気がしない。
Posted by 犬 at 2014年12月13日 17:15

こんばんわー

私はMTG始めて1ヶ月くらいですけどモダン始めようかなって思うんですけどノーマル再録どうなると思いますか?

ちなみにウルザトロン組みたいなーって思ってます!
Posted by at 2015年01月16日 04:05
前回のモダマス同様リミテッドでの大会も開かれるし、リミテッド意識したセットにはなると思うです。
だから、定番カード以外にも多数の収録カードがあるし、収録範囲が非常に広いので顧問については検討もつかないですよん。

トロンは赤緑でしたら、マナファクトや森の占術がやや高いので気になるところではありますよね
Posted by 夢珠ちゃん at 2015年01月20日 20:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。