2014年08月10日

モダンをお安く楽しめるデッキ紹介G(青赤ストーム)

はい、またまたコンボデッキだじぇ!
モダンの黎明期から存在する定番コンボデッキ、ストームだじぇ

■赤青ストーム
土地/16枚
3《島/Island》
3《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1《山/Mountain》
4《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3《シヴの浅瀬/Shivan Reef》
2《蒸気孔/Steam Vents》

クリーチャー/4枚
4《ゴブリンの電術師/Goblin Electromancer》

その他の呪文/40枚
3《捨て身の狂乱/Desperate Ravings》
4《捨て身の儀式/Desperate Ritual》
4《魔力変/Manamorphose》
4《発熱の儀式/Pyretic Ritual》
4《思考掃き/Thought Scour》
4《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
2《ぶどう弾/Grapeshot》
3《炎の中の過去/Past in Flames》
4《血清の幻視/Serum Visions》
4《手練/Sleight of Hand》
4《紅蓮術士の昇天/Pyromancer Ascension》

サイドボード/15枚
3《血染めの月/Blood Moon》
1《防御の光網/Defense Grid》
1《残響する真実/Echoing Truth》
3《巣穴からの総出/Empty the Warrens》
4《稲妻/Lightning Bolt》
3《粉砕の嵐/Shatterstorm》

戦績:プロツアー神々の軍勢−18 or more points
使用者:Richard Hoaen
フォーマット:モダン(〜神々の軍勢)


名前はだれでも聞いたことのあるストームデッキだじぇ!
赤青の軽い呪文でストームを稼いで、フィニッシュする下の環境では定番のコンボデッキだお!

※ストーム:あなたがこの呪文を唱えたとき、このターン、この呪文より前に唱えられた呪文1つにつき、この呪文のコピーを1つスタックに置く。この呪文が対象を取る場合、あなたはそれぞれのコピーの対象を選びなおしてもよい。

フィニッシャーはお馴染みの、

 

Grapeshot / ぶどう弾 (1)(赤)
ソーサリー
クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。ぶどう弾はそれに1点のダメージを与える。
ストーム(あなたがこの呪文を唱えたとき、このターンにそれより前に唱えた呪文1つにつきそれを1回コピーする。あなたはそのコピーの新たな対象を選んでもよい。)

Empty the Warrens / 巣穴からの総出 (3)(赤)
ソーサリー
赤の1/1のゴブリン(Goblin)・クリーチャー・トークンを2体戦場に出す。
ストーム(あなたがこの呪文を唱えたとき、このターンにそれより前に唱えた呪文1つにつきそれを1回コピーする。)


ストームを稼いだ状態でキャストすると、相手に致命的なダメージを与えることが出きるじぇ!
どちらを採用するかはメタ次第だおね!
サイドボード含めると両方詰んでいることが多いおん!


ストームを稼ぐカードは、

 

Manamorphose / 魔力変 (1)(赤/緑)
インスタント
あなたのマナ・プールに、望む色の組み合わせのマナ2点を加える。
カードを1枚引く。

Pyretic Ritual / 発熱の儀式 (1)(赤)
インスタント
あなたのマナ・プールに(赤)(赤)(赤)を加える。


あたりがよく使われますおん!
少し前までは、《煮えたぎる歌/Seething Song》が使用できたのだけれど、
ストームデッキが、モダンの禁止要件にある「3ターン以内の勝利」をよく引き起こすため、
残念ながらバンされちゃったんだお・・・


その他のカードは、デッキを掘り進むカードが良く使われますおん!
マナ加速をして、次のカードを引き続けることができれば、いくらでもストーム稼げるものね!

このデッキで採用されているものは、以下のものだじぇ!

 

 

当然ながらストームを稼がないと話しにならないので、軽いものが好んで採用されるんだお!
これ以外だと《信仰無き物あさり/Faithless Looting》もよく見かけるじぇ!


また、イニストラードで得た最終兵器、



Past in Flames / 炎の中の過去 (3)(赤)
ソーサリー
あなたの墓地にある各インスタント・カードと各ソーサリー・カードは、ターン終了時までフラッシュバックを得る。そのフラッシュバック・コストはそれのマナ・コストに等しい。
フラッシュバック(4)(赤)(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)


ある程度墓地が超えた状態で打って、
そこからマナブーストカードを連打することで大量のマナを発生し、
大量にドローすることで一気に勝負を決めることができるんだお!


なお、こちらのレシピは《紅蓮術士の昇天/Pyromancer Ascension》を採用し、
青赤昇天コントロールとのハイブリッドな構成になっているじぇ
青赤昇天(参考)



Pyromancer Ascension / 紅蓮術士の昇天 (1)(赤)
エンチャント
あなたがあなたの墓地にあるカードと同じ名前を持つインスタント呪文かソーサリー呪文を1つ唱えるたび、あなたは紅蓮術士の昇天の上に探索(quest)カウンターを1個置いてもよい。
紅蓮術士の昇天の上に探索カウンターが2個以上置かれている状態であなたがインスタント呪文かソーサリー呪文を唱えるたび、あなたはその呪文をコピーしてもよい。あなたはそのコピーの新たな対象を選んでもよい。


青赤昇天はその名の通り《紅蓮術士の昇天/Pyromancer Ascension》を用いて圧倒的なアドバンテージを得て、
ボードをコントロールするタイプのデッキだじぇ!

最近のレシピは、以下を参照してくれなんだじぇ!
青赤昇天(参考)

先週行われた、PWC - 第418回in新宿/GPTシドニーにおいて、優勝を収めたデッキみたいだお・・・

これは白をタッチして、フィニッシャーを《稲妻/Lightning Bolt》と《稲妻のらせん/Lightning Helix》に絞ったものっぽいじぇ・・・

除去カードをがそのままフィニッシャーになるのであれば、
邪魔なクリーチャーなどを採用しないで良くて、スロットを圧迫しないからいいおね!

これは白タッチしてトリコカラーのものだけれど、
黒をタッチしてグリクシスカラーにしたものもちょこちょこ見かけるお・・・

青赤昇天については、青赤ストームとよく似た構成なので、
一緒にここで紹介させてもらって。これにておしまいしちゃうお!

こっちも安く組めるデッキだから、趣旨には反していないんだじぇ・・・



常時3日坊主のあたちの割には結構長続きしているんだじぇ・・・
それだけモダンが魅力的なフォーマットってことだよね、ね!
posted by 夢珠 at 21:00| Comment(1) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> ある程度墓地が超えた状態で打って、
> そこからマナブーストカードを連打することで大量のマナを発生し、
> 大量にドローすることで一気に勝負を決めることができるんだお!

この動きってどう考えてもヨーグモスの意志だよな…
Posted by 犬 at 2014年08月11日 00:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。