2014年08月07日

モダンをお安く楽しめるデッキ紹介D(死せる生)

圧倒的コンボデッキの割合・・・!

今回デッキは、《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》を除けばとんでもなく安価で、
しかも安定して強いデッキだじぇ!
デッキレシピは、wikiからひっぱたので《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》が入っているけれど、
コンボパーツというよりはユーティリティーとして入っているので、今回はこいつは無視してくれだじぇ!
wikiからでなければ《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》の入っていないレシピも沢山あるんだけれど、
転載が禁止されていたりするので、勘弁してくれだお!

■死せる生(Living End)
土地/19枚
4 黒割れの崖/Blackcleave Cliffs
1 血の墓所/Blood Crypt
3 銅線の地溝/Copperline Gorge
1 ドライアドの東屋/Dryad Arbor
1 森/Forest
1 神無き祭殿/Godless Shrine
1 山/Mountain
1 草むした墓/Overgrown Tomb
1 踏み鳴らされる地/Stomping Ground
1 沼/Swamp
4 新緑の地下墓地/Verdant Catacombs

クリーチャー/27枚
2 なだれ乗り/Avalanche Riders
4 死の一撃のミノタウルス/Deadshot Minotaur
4 大爆発の魔道士/Fulminator Mage
4 ジャングルの織り手/Jungle Weaver
4 巨怪なオサムシ/Monstrous Carabid
3 青ざめた出家蜘蛛/Pale Recluse
4 通りの悪霊/Street Wraith
2 よじれた嫌悪者/Twisted Abomination

その他の呪文/14枚
3 内にいる獣/Beast Within
4 悪魔の戦慄/Demonic Dread
3 死せる生/Living End
4 暴力的な突発/Violent Outburst

サイドボード/15枚
1 内にいる獣/Beast Within
2 骨までの齧りつき/Gnaw to the Bone
4 鋳塊かじり/Ingot Chewer
4 虚空の力線/Leyline of the Void
4 叫び大口/Shriekmaw

戦績:グランプリポートランド13 第11位(1日目全勝)
使用者:Michael Simon
フォーマット:モダン(〜ドラゴンの迷路)


犬さんが先日コメントであげていた死せる生だお!
キーカードは、たったの1枚、これだけだじぇ↓



Living End / 死せる生
〔黒〕 ソーサリー
待機3 ― (2)(黒)(黒)(このカードをあなたの手札から唱えるのではなく、(2)(黒)(黒)を支払うとともにそれを時間(time)カウンターが3個置かれた状態で追放する。あなたのアップキープの開始時に、時間カウンターを1個取り除く。最後の1個を取り除いたとき、それをそのマナ・コストを支払うことなく唱える。)
各プレイヤーは自分の墓地にあるすべてのクリーチャー・カードを追放する。その後自分がコントロールするすべてのクリーチャーを生け贄に捧げる。その後自分がこれにより追放したすべてのカードを戦場に出す。


こいつを使って空いたの場のクリーチャーを殲滅しつつ、
自分の墓地のクリーチャを大量召喚して、一気に数の暴力を持って勝負を決めるんだじぇ!

しかし、これ単体では《生ける屍/Living Death》の下位互換ではないものの、
通常の手段でキャストすると4ターン目から待機3なので、実際に起動されるのは7ターン目。
しかもその間、相手プレイヤーにこの呪文に対する猶予を与えてしまうので、イマイチ使い勝手が悪いんだじぇ・・・

そこで・・・、

 

Demonic Dread / 悪魔の戦慄 (1)(黒)(赤)
ソーサリー
続唱(あなたがこの呪文を唱えたとき、あなたのライブラリーの一番上のカードを、コストがより低い土地でないカードが追放されるまで追放する。あなたはそれをそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。追放されたカードを一番下に無作為の順番で置く。)
クリーチャー1体を対象とする。このターン、それではブロックできない。

Violent Outburst / 暴力的な突発 (1)(赤)(緑)
インスタント
続唱(あなたがこの呪文を唱えたとき、あなたのライブラリーの一番上のカードを、コストがより低い土地でないカードが追放されるまで追放する。あなたはそれをそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。追放されたカードを一番下に無作為の順番で置く。)
あなたがコントロールするクリーチャーは、ターン終了時まで+1/+0の修整を受ける。


やらかしてしまったと名高い「続唱」の登場ですお!
続唱:あなたがこの呪文を唱えたとき、あなたのライブラリーの一番上のカードを、点数で見たマナ・コストがその呪文より低い土地でないカードが追放されるまで追放する。あなたはそのカードをそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。その後、これにより追放されたすべてのカードを、あなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。

上記の2種の呪文を唱えた時に誘発する続唱で、対象となる呪文は・・・、
なんと、《死せる生/Living End》のみ。
《死せる生/Living End》の点数で見たマナコストは0で、
このデッキには、《死せる生/Living End》以外の点数で見たマナコストが2以下のカードは入っていないのですお!
そんなデッキで、点数で見たマナコスト3の呪文から続唱が起動されると、
約束された坊主めくりとなって、必ず《死せる生/Living End》がキャストされるのですお!

この方法でキャストすれば、マナコストも待機も踏み倒せるので、奇襲性も抜群なんですおね!

しかし、下準備としてクリーチャーを墓地に送る必要があるので、

 

Deadshot Minotaur / 死の一撃のミノタウルス (3)(赤)(緑)
クリーチャー − ミノタウルス(Minotaur)
死の一撃のミノタウルスが戦場に出たとき、飛行を持つクリーチャー1体を対象とする。死の一撃のミノタウルスはそれに3点のダメージを与える。
サイクリング(赤/緑)((赤/緑),このカードを捨てる:カードを1枚引く。)
3/4

Street Wraith / 通りの悪霊 (3)(黒)(黒)
クリーチャー − レイス(Wraith)
沼渡り
サイクリング ― 2点のライフを支払う。(2点のライフを支払う,このカードを捨てる:カードを1枚引く。)
3/4


このような、点数で見たマナコストが4以上でサイクリングを持ったクリーチャーを大量投入するんだお!

クリーチャーの大半はサイクリング持ちのクリーチャーで、
上記レシピでは《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》と《なだれ乗り/Avalanche Riders》》だけがサイクリングを持っていないクリーチャーだじぇ。

参考までにテキストは、

Fulminator Mage / 大爆発の魔道士 (1)(黒/赤)(黒/赤)
クリーチャー − エレメンタル(Elemental) シャーマン(Shaman)
大爆発の魔道士を生け贄に捧げる:基本でない土地1つを対象とし、それを破壊する。
2/2

Avalanche Riders / なだれ乗り (3)(赤)
クリーチャー − 人間(Human) ノーマッド(Nomad)
速攻
エコー(3)(赤)(あなたのアップキープの開始時に、これが直前のあなたのアップキープの開始時よりも後にあなたのコントロール下になっていた場合、そのエコー・コストを支払わないかぎりそれを生け贄に捧げる。)
なだれ乗りが戦場に出たとき、土地1つを対象とし、それを破壊する。
2/2


こんな感じだじぇ!
おのおの勝手に墓地に落ちる(落とせる)ようなクリーチャーなんだじぇ。

高額な《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》を採用しないのであれば、
サイドに入っている、《鋳塊かじり/Ingot Chewer》や《叫び大口/Shriekmaw》をめいんにすればいいと思いますお!

Ingot Chewer / 鋳塊かじり (4)(赤)
クリーチャー − エレメンタル(Elemental)
鋳塊かじりが戦場に出たとき、アーティファクト1つを対象とし、それを破壊する。
想起(赤)(あなたはこの呪文を、その想起コストを支払うことで唱えてもよい。そうした場合、戦場に出たときにこれを生け贄に捧げる。)
3/3

Shriekmaw / 叫び大口 (4)(黒)
クリーチャー − エレメンタル(Elemental)
畏怖(このクリーチャーは、黒でもアーティファクトでもないクリーチャーによってはブロックされない。)
叫び大口が戦場に出たとき、アーティファクトでも黒でもないクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。
想起(1)(黒)(あなたはこの呪文を、その想起コストを支払うことで唱えてもよい。そうした場合、戦場に出たときにこれを生け贄に捧げる。)
3/2


想起持ちのクリーチャーはマナコストが大きく、
想起で唱えれば、通常の呪文のように直ちに墓地に送られるので、ものすごく相性が良いんだじぇ!

ランデスに拘るのであれば、《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》の代わりに、
《なだれ乗り/Avalanche Riders》の枚数を増やすなどすれば対応可能だお!


デッキ自体の動きは比較的簡単で、
漫画のデュエルマスターズの1巻で黒城くんがやっていたような戦法を再現することができるじぇ!

《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》を妥協すれば驚くほど安価で組めて強力なデッキなので、
安価にコンボデッキを使いたいのなら、ぜひとも手にとってもらいたいところなんだお!



というわけで、今回はおしまいだじぇ!
次回は、各フォーマット通して安価デッキ定番のあいつを紹介するんだじぇ!
posted by 夢珠 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。