2014年02月03日

まじっく2月の定期禁止制限改訂


■スタンダード
変更なし
 
■レガシー
変更なし
 
■ヴィンテージ
変更なし
 
■モダン
・禁止
《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
・禁止解除
《野生のナカティル/Wild Nacatl》
《苦花/Bitterblossom》
 
 
 
 
まことしやかに囁かれていた噂の通り、苦花が解禁されましたお。
 
カードショップの在庫は、ほとんど全滅・・・
 
数日前まで1500円程度のカードが、今や諭吉をリリースしても買えるか怪しいカードとなってしましたお・・・
 
これ、カードゲームじゃないですお!
 
もう株というか、遊べる金券って認識の方が良いのかもしれませんお?
 
少しでも使いたいと思ったカードはすぐに買う!これ鉄則ね!
 
少し放置すると、手が届かないくらいに高騰しちゃいますお?
 
 
死儀礼のシャーマンについても、面白いですおね。
 
スタンダードではリーガルであるのに、モダンでは禁止。
 
カードプールが広がることで凶悪なカードに化けるカードの典型的な例だと思いますお。
 
フェッチランドがすべての根源なだおね!
 
あ、どこぞのクソゲーみたいに制限とかそういうのはありませんお!
 
ヴィンテージ以外のフォーマットでは、0枚or4枚のどちらかのみですお?
 
そうでないと、某クソゲーみたいに制限カード引きゲーの運ゲーになっちゃうじゃないですかお!
 
運要素を取っ払うために、0枚以外の枚数の制限は設けないようなことを言っていましたおね!
 
 
野生のナカティルについてはどうなんだろうね?
 
実質1マナ3/3のバニラみたいなものだけれど、問題なしという判断なのじゃろうか?
 
でも、これだけでZooが復権するとは思えないんだよなあ・・・
 
 
 
そういえば、苦花が禁止解除される噂についてなのですけれど、
 
噂の噂みたいな話にっちゃうのですが、
 
なんでも、例のモダンのイベントデッキが青黒フェアリーなんじゃないかという情報が出回っていたんですよね。
 
で、そのモダンのイベントデッキの収録カードの内容が漏れていて、
 
そのリストの中に苦花があったと言うお話しなのですお!
 
5月発売の構築済みに、禁止カードが収録はずも無く、じゃあ、その前のタイミングで苦花が解除されるだろう。
 
ってのが、どうやら発端らしいのですお・・・
 
詳しくは分かりませんけれどね・・・
 
 
しかし、青黒フェアリーって考えると意外としっくり来るんだよなあ。
 
モダンマスターズに収録していない、
 
血清の幻視や差し戻しと言った高額なコモン・アンコモンを再録する、またとないチャンスなのですもの。
 
これに苦花やヴェンディリオン三人衆をぶち込んでおけば、値段相当のものになるでしょうお。
 
あとフェッチランドとショックランド1枚ずつとかやると、いかにも構築済みって感じがしませんかお?
 
最初は貴族の教主が再録されていないから、それを再録するためにメリーラポットあたりのデッキになるんじゃないかな?
 
と、あたちは思っていたんですおね。
 
このデッキって、シルバーバレット的な戦術を取るため、
 
ピン積みのカードがいっぱいでなんとも構築済みっぽいデッキになるんですお・・・
 
でも、青黒フェアリーとどっちがしっくり来るかと言われると、やっぱり前者のほうがしっくり来るんですおね・・・
 
ん、ということは1700円で買ったこの苦花は、1諭吉で売り払っちゃった方ががいいってことかにゃ?
 
どうせしばらくはモダンには手を出さないし、高騰しているタイミングで売り払うほうが利口な気がするんだよなあ・・・
posted by 夢珠 at 19:46| Comment(5) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マジで1諭吉になってるのな…びっくりしたわ。レガシーで使う予定ないなら、今が売りどきだと思う。そのお金でデュアルランドがガイア揺籃の地でも買うのがいいと思うんだ。

万が一、再録版がイラスト違いでレベッカ女史じゃなくなったりしたら発狂モノだから、俺は絶対売らないが。
Posted by 犬 at 2014年02月04日 02:00
マジックは再録禁止カード(笑)があったり、箱に出荷制限かけたりと、運営からして投資を推奨しているよね。
大きめの大会があるたびにメタがガラリと変わって、それにつられてメタの中心のカードの値段が乱高下するのも投機的だし。というか、これは本当に投機家がいそうな気がする。
まぁその姿勢も含めてマジックのカードが紙束にならない理由かもしれないけど。
Posted by 来夢 at 2014年02月04日 08:16
>>犬さん犬さん

既存の苦花との差異をつけるために、イラストは変えかねないのが怖いよね!
でも、レベッカ女史にはあまり興味ないので、あたち的には売っぱらいでいいおw
JohnAvonとかだったら、絶対に手放さないけれどね!


>>来夢さん来夢さん

再録禁止カードは絶対になくしてはならない(戒め

諭吉さんを筆頭に、日本銀行券の原価って数十円なんですって。
それなのに、千円だの一万円だのの価値が有るのは、公権によって保証がされているからだおね。

一方、カードの価値っていうものは、その希少性に基づいているものだと思うんですお。
TCのビックリマンカードやプロ野球カード(?)なんかにもとんでもない価値のものがあるみたいだけれど、それらもやっぱりその希少性によって現在の価値が担保されているんだおね。
だから、再録禁止カードという、現在の価値を担保するための希少性の保証は、TCGにおいては必須だと思うんだおね。

これによる問題点っていうのは、新規ユーザーやライトユーザーの取り込みが難しいということがあげられると思うけれど、あたち的には大いに結構!
新規もライトもある特定のコミュニティーを存続させるためには、不要だと思っていますもの。
それどころか、あたちにとってそいつらは忌むべき存在ですお。

あたちの好きだった任天堂や遊戯王は、こいつらによって壊滅させられたも同然ですもの。

例えば、今任天堂は技術力がないとかよく耳にするけれど(あたち自身も良く言うけれど)、実際のところ技術力無くないんですよ。
意外と知られていないけれど、ゲームキューブなんかは同世代のハードの中では最高性能なのですお?
PS2なんて目じゃなかったのですお?

でも、wii以降、ゲーム自体をよく理解していないような新規ライト層が、健康グッズや脳トレなどの真新しさにひかれて沢山流入してきたよね。
そうなれば、そういった層を意識した商材の提供を進めるにきまっているわけじゃないですかお。普通の企業は利益を追求するわけですからね。

でも、そういった層が望んでいたものって、元々任天堂が持っていた技術だとかモノ作りだとかとは真逆のものだったんだおね。
そして、そういった層の望むものの提供を続けて、元々あった理念や方針などからブレにブレたのが、今の任天堂じゃないのかな?とあたちは常々思うのですお。

最近のだと、神トラ2なんかはまさにそんな感じ。
初代神トラを何周もプレイして、その作品の繊細さを知っているからこそ感じられる、神トラ2のレベルの低さ。やっていて悲しくなるレベルのゴミクズ。

遊戯王もそれとほとんど同じ経緯をたどったよね。
新規プレイヤーやライトユーザーの流入、そういった層の意見の採用、そしてよりお手軽に、簡単なゲームバランスにしていった結果が、いまの成れの果て・・・

繰り返しになるけれど、あたち的には自分の好きな作品群をめちゃくちゃにされたから、ライトユーザーや新規プレイヤーは忌むべき存在。

だからこそ、再録禁止カードのような既存のユーザーを大切にする措置には非常に共感できるの。
希少とはいえ、集められないわけじゃないんだから、お金払えば買えるものなのだからね。
本当にやりたかったり欲しかったりすれば、多少高くても買うのだから。うん、あたちみたいにね!
ましてや、カードゲームなんてもともとマイナーな趣味なんだから、そんなコアな層でひっそりとやればいいものだと思うの。

逆に、今まで売り出していたものもあっさりと全て使用禁止にするような某クソゲーみたいな措置は絶対に許せない。
既存のユーザーのおかげで成り立っていた商売なのに、それを蔑ろにするような方針をとるメーカーは絶対に許せない。
だから、今回の革命軍杯の日程などについても、あえて名乗りを上げなかったの。
正直もうどうでもいいの、こんなゴミクズ。

よくカードゲームのフィクション作品において、デッキやカードは命の次に大事だとか命よりも大事だとか言うよね。
さすがにそこまではバカバカしくて言う気にはならないけれど、あたちが10数年にわたって収集したカードは、まぎれもなくあたちの財産なの。
金銭的な意味でも思い出的な意味でもね。
だからこそ、そんなゴミみたいな方針を示したメーカーの作品には手を付けたくないの。


話しそれたけれど、そんなわけで再録禁止カードには大賛成!
でも、ゲームはプレイしない、コレクターでもない。
そんな投機目的の層は死ねばいいと思う。
Posted by 夢珠ちゃん at 2014年02月04日 19:40
確かにMTGみたいに既存プレイヤーががっちり居るコミュニティーだと、再録禁止ってのは有効だと思う。
というか、普通はこれをやると作品ごとポシャって価値を守りたいハズの再録禁止カードごと紙束になっちゃうところだけど、ちゃんと価値を落とさず成り立たせてるってのがすごいよね。これは再録禁止とは関係ないところで運営ががんばってる結果だわ。
遊戯王でも海外の運営は日本よりきちんと仕事してる感があるけど、こういうルール作りは外人の方が向いてるのかな。

うん。やっぱりMTGの資産ゲーはハードル高かったな。
見事に初心者除けにひっかかったクチなので、有効に働いてると思いますw
コミュニティーを破壊する人間だけを殺す機械とかがあれば必要なくなるんだろうけどね。難しいね。
Posted by 来夢 at 2014年02月06日 23:31
何度も話しているようにデッキ構築にかかる必要なコストは遊戯王のほうが高いくらいんだけれどね。
資産ゲーってのはあくまでも下の環境の話だよね、スタンやるなら遊戯王のほうがよっぽどお金かかる。

ただ、遊戯王の場合はデッキの形が若干いい加減でも、構築<<<運な部分があるから、ブン回せるようなデッキだとトップデッキ相手が相手でも勝てちゃうのが大きいのかな?
最低限戦えるデッキを作るためのコストって点で言えば、確かにお金はかかるかもしれないね。
Posted by 夢珠 at 2014年02月09日 10:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。