2013年04月20日

レア封入率についてA

情報いただいたので、最近急激にユーザーを伸ばしているヴァンガード様についても、

レアカードの封入率を検証してみますお。

NOVAさん情報ありがとうなのです。


■レアカードの定義について
RR
RRR

とりあえず、所謂レアカードに該当するものはこの2種と認識したので、これについて行きますお。

■単純な封入率について
RR:1/6(30パック/1boxに5枚)
RRR:1/10(30パック/1boxに3枚)

■レアカードの種類について
RR:12種
RRR:8種

■「ある特定」のレアカードを引く確率
RR:72パック中1枚/1.38%
RRR:80パック中1枚/1.25%

■特定のレアカードを引くのに必要な投資額の期待値
封竜解放:駿河屋にて、3550円が最安値
3555円/1box=118.5円/1パック

RR:8532円
RRR:9480円





ここまでのまとめ、

ポケモンカード>>ヴァンガード>>遊戯王、mtg

最もレアなカードのRRRを狙って当てるのが難しいとのコメントを貰ったけれど、

遊戯王のスーパーレアよりも簡単に当たるようです。


ある特定のカードを当てようとすると、現段階では神話レアが頭一つ抜けて当てずらく、それを擁するmtg、

それと、レアリティの数が多く(これだけ上で定義したレアに当たるものが3つ)、

現段階で当てにくさ2、3番目を擁する遊戯王のふたつが仲良く暫定トップで金食い虫。


補足だけれど、ポケモンカードのSRやURは、その枠限定のカードじゃなく、

必ずしも必要じゃない、通常のレア枠にあるカードの特殊加工枠なため、ここでは独自の枠を設けておりませんお。

じゃあ、遊戯王のレリーフみたいに、通常のレア枠に入れて計算するべきなんじゃ?

とか言われると弱いんですけれど、

通常のレア枠にもあるカード、通常のレア枠にない再録カードがあるわけで、それを考慮すると非常に計算が難しくなっちゃうんですよね。

そもそも、それぞれがどういう比率で入っているかに触れてなかったので分かりませんし…



あとは、エリー君のゼクス待ち。

鬼畜封入と名高いFOWも気になる所ですけれど、またそれは次回にしちゃいましょうw
posted by 夢珠 at 23:35| Comment(3) | TrackBack(0) | そのたかーどげーむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すいません、改めて調べたらRRは12種類でした(;´Д`)
遊戯王のスーパーよりは当たりやすかったんすね。3/9と3/8だから当然と言えば当然ですが…

因みに封竜解放は駿河屋という通販サイトにて、1箱\3555で3箱予約してます。送料無料ラインもかなり低くいし、通販でパックを箱買いする時はいつもここ使ってます。
Posted by NOVA at 2013年04月21日 00:58
お値段もあわせて修正しました。
駿河屋さんって、発売日に届けてくれます?
Posted by 夢珠 at 2013年04月22日 08:23
発売日にはちゃんと届いてますね。他のTCGやら同人誌やらえっちな雑誌やら、中古での掘り出し物も多いのでかなりオススメな通販サイトですよ。中々見付からなかった、あのJuicyもここで買いましたしw
Posted by NOVA at 2013年04月22日 16:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。