2012年11月15日

将棋

口が災いの元になってか、ココ最近お昼休みに上司に付き合わされております。

相手というよりは現状サンドバックなので、夢珠ちゃんが必要なのかはいささか疑問なのですが…


で、やっぱりこの手のボードゲーム(?)は好きらしく、サンドバッグなりに楽しんでおりますお。



それで、カードゲーム脳の夢珠ちゃんがふと思ったのですが、

相手を崩すまでの過程が、コントロールデッキだとかカードゲームだった頃の某スタンなんかと良く似ているんですおね。

いや、まじめに将棋さしている方にはすごく不適切な表現になりそうですけどw

夢珠ちゃんゲーム脳だし、そもそも「あたま」おかしいので勘弁してくださいだおw


ゲーム序盤からの布石の積み重ねだとか、相手の些細なミスだとかで相手を崩していく様が特に似ているんですおね。

盤面に派手さはないものの、これぞ知的なゲームですお!って感じですお(ボコボコだけれどね!


今の某クソゲーなんて、布石の積み重ねで相手を崩すというよりは、

▲2四飛、移動後に飛車効果発動、マップ兵器(P)、飛車の前方3×3は全滅ね☆

もう本当にこんな感じ。

対戦相手不在で、ただ強カードを盤面に叩きつけているだけで、駆け引きも布石もあったものじゃない…

分かりやすいといえば分かりやすいけど、物凄く大味で知的だとか言う言葉とは真逆のそれだおねw

今はそのマップ兵器が3×3だけれど、近いうちにそれがハイメガキャノンになって、

やがてイデオンガンになるんだおね!わかっていますって、だお!



対人ゲームなんだから、駒だとかカードだとかが主役じゃダメだおね。

やっぱり対戦相手が主役じゃないとね。

と、今更ながらふと思う「あたま」のおかしい夢珠ちゃなのですおっおっおっ。
posted by 夢珠 at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | ざっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ねー、言っちゃえば超長い間生き残ってる優良ボードゲームなわけだし、プロまで存在するほど競技人口が多いんだから、面白くないわけがないですよね。

カードゲームが将棋だの麻雀だのと違うのは、相手と自分の手持ちの駒が違うってところですよね。俺は飛車を落として角2枚体制にするぜ!みたいな。
あと運要素。これを一切排除したら、それこそ将棋のが楽しい。
まあ、某ゲームみたいになっちゃうとゲームになんないけどw


負けず嫌いの夢珠さんのことだから、半年後には上司をボコしている気がするおw
Posted by 来夢 at 2012年11月19日 12:45
現状、勝てるビジョンが見えないんだけれどね!


>相手と自分の手持ちの駒が違うってところですよね。俺は飛車を落として角2枚体制にするぜ!

差し詰め某クソゲーは、「俺は歩を落として飛車10枚体制にするぜ!」みたいな感じですねw
すべてマストカウンターのかみ合わせ運ゲー。
Posted by 夢珠 at 2012年11月22日 00:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。