2012年06月26日

ぽけもんB

ゆめたまちゃんの地底探検回だお!

いっさい、攻略は見ずにやっているので右往左往しまくりですw



ダークコンドル(笑)の毒針のワンパンで無理やりプラズマ号から降ろされちゃったので、

仕方なくチェレン様を追いかけるために6番道路にむかったゆめたまちゃん。


無事チェレン様に追いつき「なみのり」の秘伝マシンを貰ったものの、

覚えられるポケモンがいないというまさかの事態。

仕方なく先に向かおうとすると、とってもかわいいマリルちゃんと遭遇。

丁度よかったのでとっ捕まえてなみのりを覚えさせましたお。



いやあ、マリルちゃんかわいいですね。

特にあのまんまるなお腹!

かわいすぎて、ネネちゃんのママみたいにボコボコ殴りたい衝動に駆られちゃいますおw


ココ最近は、保育園児だとかふたごちゃんみたいなかわいいキャラクターともご無沙汰だったので、ようやく一呼吸おけますね。

そうそう、唐突ですがポケモンのふたごちゃんをモンスターボールでまとめて誘拐して、3人でえっちなことしたいですお!

みんなもそう思うよね〜?

ふたごちゃん<保育園児<<<塾帰り

とりあえず、今のところはこんな感じですね!



で、なみのり要員を向かいいれるのに伴い、

ヒウンの下水道に水路があったことを思い出したのでひとまず探索するためにヒウンまでバックすることに…

ダウジングマシンで色々拾えるけどろくなものがありませんでした。

下水道を抜けた先にはDQNの溜まり場となんかアイテムがあっただけなので残念。

てっきり、古代の抜け道の反対側があるのだと思いましたお…


で、仕方なく本編再開しようとそらをとぶを選択したところ、古代の抜け穴反対側があったのですね!

単純なものほど見落としやすいとはまさにこのことですお。

あっ、マリルちゃんマリルちゃん「かいりき」もお願いね★


まさか古代の抜け穴から古代の城に繋がっているとは思いませんでしたおw

しっかりと、古代の抜け穴の説明書きに繋がっているって書いてあるのにね!

ゆめたまちゃんったらふたごちゃんにお熱で、他の事に盲目なんだから〜


古代の城にいたウルガモスとか言うポケモンが強すぎて吹きましたおw

こっちのLVなんて高くても20代後半なのに、LV35ですってよ!

バランスブレーカーもいいところだと思いましたけれど、

調べてみたら前作でも結構重要なポジションのポケモンなんですってね!

確かにバランスも重要ですけど、

ゆめたまちゃん的には世界観だとか設定だとかをより重視してもらいたいのでこれでいいと思います。

よくRPGやTCGでも伝説の○○とかあるけど、それが弱いのとか本当に勘弁なので…

本当に世界感は大切にしてもらいたいものですお。

ろくに設定付けもされていないよく分からない蟲が最強だとかいう、某TCGみたいなのは本当に勘弁ですおw


帰りに下水道から上がれるところでそらをとぼうとしたらイーブイさん出てきましたお。

こんなところにいたんですね!



ちなみに、ゆめたまちゃんのメンバーはと言うと、

チャオブー
ルカリオ
ゾロア
ロゼリア
ウルガモス
マリル←肉壁と移動担当

いまのところこんな感じですお。


ルカリオの進化のタイミングが謎でしたおw

ゾロアさんLV20後半なんですけど、進化はまだまだ先ですかお?

それとも、何か特殊な条件あったりするのかお?


今日は、電気石の洞穴のまえでレポート書いておしまいなのれす!



いやあ、今日はプレイ時間短かったものの面白かったですお。

最近のRPGなんかよりもよっぽど冒険していますよね。

無理に3Dにしてリアリティを求める必要はないなとあらためて思いますお。



レトロゲーにもいえることだけれど、主人公が全く喋らないのを筆頭に、

主人公のキャラクター性が徹底的に排除されているのがやっぱりいいのだと思いますお。

ちなみにゆめたまちゃん的には使用するポケモンも相当がちじゃない限りはみんな違うから、

キャラクター性の排除という点ではレトロゲー以上だと思いますお。

主人公像が深く設定されていないが故に、

各々が各々の主人公像を思い描いてイッシュ地方の街やダンジョンといった舞台装置にはめ込められる。

主人公が無個性、無色であるがため各々が好きそのイメージを設定し染め上げて色をつけて舞台にあがれる。

で、人なんていい加減だから、各々が描いた主人公像なんてゲームを進めていくうちに行く先々で変わっちゃうんですよねw

でも、だからこそ行く先々で都合よく主人公像を設定して、その街やダンジョンに溶け込めるんですお。

こういうのは主人公のキャラクター性が排除されているが故の賜物だと思いますお。

おんなのこの主人公はいっぱい選ばれているけど、ゆめたまちゃんは一人しかいないのですお。(こんなのが沢山いたら日本はおわりだおね!)

主人公が無個性であるが故に個性で満ち満ちているお。すばらしきかなポケモンの世界。




なんだか、よく分からないけど終了だお。

ゆめたまちゃんの周りの人はみんな1を言えば10を理解できる人ばかりだから、

云わんとしていることはきっと伝わってくれるはずだお。

でわでわ、ノシノシ
posted by 夢珠 at 23:23| Comment(3) | TrackBack(0) | げーむ・あにめ・まんが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リオル→ルカリオは懐き、ゾロア→ゾロアークはLv30で進化だった筈…

ウルガモスは本来Lv59で進化ですからね〜。前作ではクリア後の同じ場所にLv70でいましたwLv59で壊れ技覚えるんで大事に育ててあげて下さい。


>>伝説の○○
ファイアーエムブレム初期の頃のファルシオンが余りにも弱すぎて、これ本当に伝説の神剣かよって思ったことがあります。
Posted by NOVA at 2012年06月27日 00:08
確かに最近のベラベラしゃべる主人公が出てくるゲームよりストーリーが頭に入ってくる気がする
やっぱ主人公=自分ってのは感情移入するのにこれ以上ないですよね。
そうだからこそ、今回の「前作と同じ名前にすると支障が出る」仕様は疑問が残るわ…
まあ、登場人物が前作主人公の名前を呼んでくれるのは嬉しいんだけど。
Posted by 来夢 at 2012年06月27日 13:07
最近のポケモンはなつきで進化したりするのですね。
どこかでなつきの現在値とかわかるんですかねー
Posted by 夢珠 at 2012年06月29日 22:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。