2010年06月22日

環境のインフレが行き着く果て

来夢たんのブログ見ていたら、

GWがもう既に自分の知らないところまでインフレしていてびっくりしたお。


どこの誰とかは言わないけど、

新しい強力なカードが発表されて「これで遊戯王の可能性が広がった(キリッ」とか

いっているけど大きな間違いだからね!



パワーカードを上回るパワーカードで抑えていく環境の行き着く果てってのは極めて単純。

パワーカードを上回るパワーカードで抑えてっていうのは、まさに今の遊戯王だよね。


パワーカードをどんどん出す環境のインフレっていうのはつまるところ、

パックなんかに収録されているカードが、

すぐ下の夢球たんの考えたオリカにだんだんと近づいていっているっていうことだからね!


《環境のインフレが行き着いた果て》
速攻魔法カード
このカードの発動は無効化されない。
このカードの発動に成功した時、魔法・罠・効果モンスターの効果は発動できない。
このカードはデッキに4枚以上入れることができる。
手札とデッキと墓地にあるこのカードは相手のカードの効果を受けない。
このカードの発動に成功した時、相手はデュエルに敗北する。





ほらほら、可能性なんて微塵も感じられないでしょ?

2回目になるけど環境のインフレっていうのは、

トーナメントシーンで使われているカードが↑のカードに近づいていくことそのものだと思うんだ。

強力なカードほど↑のカードに近いってことね。


確かにある強力なカードの登場によって可能性が広がることもあるとは思うんだ。

でも、その可能性の広がりっていうのはきわめて限定的で、

あるデッキにおいてのみの可能性を広下手いるだけにしか過ぎないことが多いはずです。


その反面、そのあるか強力なカードの登場のせいで

トーナメントシーンから消えざるを得なかったデッキが沢山あるのはご周知ですよね。





あたち的には、強力なカードの登場を望む声が大きいことがよくわかりません。

そんなにカードゲームの寿命を縮めたいのですかお?

スタン落ちのないカードゲームでの過剰な環境なインフレの先には衰退以外の何もありませんお?



環境を壊すほどの強力なカードを望む声が大きいのが大問題だよね!

なんでこんなにも馬鹿ばっかなのかお!?





ああ〜、ブログ放置していて閲覧者減っちゃったから言いたいこといえていいよね!

実はこの1年間結構気を使って更新していたのですよ?
posted by 夢珠 at 22:03| 群馬 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ゆうぎおう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この凄く基本的で当たり前なこと、遊戯王プレイヤーはいつになったら理解できるんだろうね?

そもそも今の若いプレイヤーは、そういうのをプレイヤーが考えるべきものだと思ってないからアレだけどね。
「遊戯王はプレイヤーが育てたカードゲーム」なんて言われてたのが懐かしい…

バカに気を遣って言いたいことも言えないんじゃ意味ないぜ!!
Posted by デューク at 2010年06月22日 22:41
荒れるのは嫌なんだおw

インフレしすぎたカードゲームって、ほとんど例外なく日と離れて言っていいるしね。

しばらくは大丈夫だと思うけど、対策もなしにこのままのペースでインフレさせすぎるとさすがにまずいお
Posted by 夢珠 at 2010年06月23日 00:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。