2010年01月07日

【デッキ案】スターカップ仕様のデッキ@

とても面白そうなフォーマットですね、スターカップさん

詳しい大会のフォーマットはデュークブログの非公認大会の項目にありますのです。

この☆システムのフォーマットって何処からどう見ても、プロレヴォのぱくr・・・

ゲフンゲフン、な、なんでもありませんお!


・・・これ考えた(?)のはまず間違いなくRDですね!



そんなわけで、大会には出られないものの・・・、

というか出られないからこそデッキ案出していこうかと思います。

ちょうど新情報なくてネタもないですしね〜





ではでは、そろそろ本題をはじめますお?

まず、この手のフォーマットで勝ちを狙いに行くのであるなら、

いちば〜んはじめにやるべきことはどこかに穴がないかを探すことです。

そうなのです。禁止カードを数枚使うことのできるフォーマットなので、

普段はお目にかかれないシナジーを使わない手はないのですお!


個人的には、選ぶべき禁止カードの基準は露骨に強いものから1つを・・・、

またはスターの評価が不相応なカードから数枚が理想なのです。

MTGのヴィンテージやレガシーのように、

まじめにビートダウン系のデッキを煮詰めて行くのはナンセンスだと思うのですお?





今回はデッキ案なので1つに絞って見ますね・・・

今回選択するカードは、☆4の《処刑人−マキュラ》です。

これ1枚で☆の枠全てを使うことになりますが、それ相応の価値は間違いなくあるカードです。

《サイバーポッド》による1kill抑止のためなのか《王家の神殿》も同じ☆4にあるみたいですが、

《王家の神殿》と同じ☆4とは思えないほどにカードパワー自体が段違いなのです。

詳しくは比較すると長くなるので割愛させてもらいますケドね・・・



《処刑人−マキュラ》さん、いいですよね〜。

彼が現役の頃にはできなかったことが今ではたくさんできるのですお。

例えば・・・、

《終末の騎士》や《ダーク・グレファー》を用いれば1積みでもとても安定して効果をプレイできます。

これが王家の神殿と異なる点の一つでもありますが、

他の多くの引かなければ意味のない☆カードとも一線を画している点なおですお。


また例えば・・・、

当時は《無謀な欲張り》は制限カードで、《八汰烏の骸》など存在しなかったのですが、

今の環境ではこれらのどちらもが無制限なのです。

《強欲な瓶》、《八汰烏の骸》、《無謀な欲張り》のフル投入すれば、

これだけで先行1ターン目にデッキが12枚も掘れてしまうというありえないことが当たり前のように・・・

即使えるこれらのドローソースそれ自体も数えるなら21枚分掘り堀できちゃうわけですねっ!


《終末の騎士》、《ダーク・グレファー》、《おろかな埋葬》を用いればとっても簡単なのれすお?


またまた、《終末の騎士》や《ダーク・グレファー》を採用するとなると、

《闇の誘惑》も自然と採用できるカタチに・・・

またまたまた、引いてしまった《処刑人−マキュラ》を墓地へ落とすための

《手札断殺》や《手札抹殺》も採用することになるのも自然の流れです・・・


こんだけ色々ドローソースが積めるとなると自然とデッキのカタチは決まってくると思いますのです。



と、いい感じに乗ってきましたが今回はここまでです。

あくまでもデッキ案だけですからね〜



この《処刑人−マキュラ》ってカード・・・、思っている以上に悪さできるのですよ?

上記のようなコンボデッキにも組み込めるのですが、

《処刑人−マキュラ》を墓地に落とした後ならば、

手札から《神の宣告》のようなカウンター罠も発動することができるので、

安心して自ターンを継続して悪さができるのですよ〜





「ぼくマキュラもっているから強いよ〜」

なるほど彼は5年も先の未来、このスターカップを見越して発言したわけだったのですね!



・・・・・・すまん、この革命軍にしかわからない身内ネタ掘り起こしたかっただけなのですおorz





最後にもうひとつ、この記事の最後に@とかついちゃっていますよね!

でも、過度の期待はしないで下さいなのですお?

どうせゴミデッキ案しか出てきませんし、そもそも気まぐれなのでAがあるかもわかりませんので・・・
ラベル:デッキレシピ
posted by 夢珠 at 00:33| 群馬 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ゆうぎおう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
期待を裏切って悪いが、今回は俺じゃないぞ

デュークさんが旧ポケカの殿堂入りルールを参考に考えたそうだ
Posted by リアルディール at 2010年01月07日 07:34
そうなのかー

枚数規制のシンボルの星といい、システムの概念といい、まんまプロレヴォだったので、てっきりRDが採用したもののだと思ってしまいましたおw
Posted by 夢珠 at 2010年01月08日 00:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。