2009年10月02日

児童ポルノ規制反対のオタクは認知障害だった! 都青少年問題協議会で判明

 「規制に反対するヲタクは認知障害者」(東京都青少年問題協議会)

ttp://d.hatena.ne.jp/killtheassholes/20091002

■大葉ナナコ
バースコーディネーター/有限会社バースセンス研究所代表取締役、一般社団法人日本誕生学協会 代表理事、へルスカウンセリング学会会員。官公省庁の委員や、大学や学会での調査研究にも従事。21歳大学生から7歳小学2年まで2男3女の母。

酷い漫画の愛好者達はある障害を持っているという認識を主流化していくことは出来ないものか。

何とか法規制しようとしている人達に対し、漫画家達が凄い数の抗議メールを送ってきたのは、どう考えても暴力だ。

法規制の根拠を示す必要も無いぐらいの暴力だ。

性同一性障害と同じく持って生まれた嗜好だという事で、子供に対する性暴力漫画を好む人達を放免とするのであれば、彼らは認知障害を起しているという見方を主流化する必要があるのではないか。

認知障害があり、暴力的だという事が分かっていれば、証拠が無いのに法規制出来るのかという議論で論破出来る。

そうした対策を考えていきたい。







( ^q^)あぁぁあああぅうう、あうあぅぁあ〜、き、きせいはゆるさないのれす!



夢珠たんのお友だちってみんな障害者だったのか!?

え、障害者手帳くれるのかお・・・?

くれるなら、貰いに行っちゃうお〜
posted by 夢珠 at 20:28| 群馬 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | ニュース・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
( ^q^)あぅあうぁ〜
生保くだちひ
Posted by 来夢 at 2009年10月04日 15:00
なんと!願ってもないチャンスの予感!!
Posted by デューク at 2009年10月04日 22:22
>>来夢さん

貰ってきてくださいw


>>デュークさん

ニートでもロリコンなら生きていけるみたいですね!
Posted by 夢珠 at 2009年10月05日 01:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。