2009年06月05日

千と千尋の神隠し

「ここでは仕事を持たぬものは動物にされてしまう!」


       ヽ|/
     / ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /         ヽ
   /  \,, ,,/    |
   | (●) (●)|||   |
   |  / ̄⌒ ̄ヽ U.|   ・・・・・・・・ゴクリ。
   |  | .l~ ̄~ヽ|  |
   |U ヽ  ̄~ ̄ ノ  |
   |    ̄ ̄ ̄    |





しかし、これって小学生がソープで働くお話だよねw

パヤオさんマジッぱねえっすお〜


しかし、千尋たんですらお仕事させてもらえるようにお願いできるのに、夢珠たんときたら・・・orz



あぁ〜、それにしても千尋たんはかわいいなぁ〜・・・

キキたんの次にかわいいお〜

(追記分)

Wikiみたらこんなことが書いてあったおw

----wikiより転載だお----

■監督によるとこの映画には日本の性社会への問題提起も含んでいると言う。
湯女とは温泉街などにおいての売春女のことを指す言葉である。
作中湯所に神様がやってくるが、その神様への性の奉仕は神道に置いてなんら罪悪感を持つ必要の無い健全な行為であり、むしろ素晴らしいことである、と監督は現在のヴィクトリア朝的性倫理に対しての発言をしている。


----ここまで----



あ〜、やっぱり〜って感じですけど・・・

女児ソープとは・・・ゴクリ
posted by 夢珠 at 21:40| 群馬 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | げーむ・あにめ・まんが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぱやお作品ぱないっすw

Posted by 閣下 at 2009年06月05日 22:03
カオナシの「千欲しいよ〜」の台詞には吹いたおw

でも、ストーキングして付きまとえば隣に座らせてくれるぐらいの見返りはあるんだね!
Posted by 夢珠 at 2009年06月05日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。