2009年05月30日

STARDUST OVERDRIVE 収録カードB

ソースはWJ・・・?

地縛神 Wiraqocha Rasca
☆10/闇属性/鳥獣族
ATK 100/DEF 100
「地縛神」と名のついたモンスターはフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。
フィールド上に表側表示でフィールド魔法カードが存在しない場合このカードを破壊する。
相手はこのカードを攻撃対象に選択する事はできない。
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。
このカードが召喚に成功した時、このカード以外の自分フィールド上のカードを3枚までデッキに戻し、戻した数だけ相手の手札をランダムに捨て、このカードの攻撃力を捨てた数×1000ポイントアップする。




なんて読むんだろうか・・・?

ウィラコチャ・ラスカ・・・?



今更なんだけど、この地縛神のアルファベットのところって何語なんかね?

物凄く独特な発音が多いくて、聞きなれない単語だらけです。

ナスカの地上絵的に、南アメリカの言語なのでしょうかね?

でも、今の南アメリカって公用語はスペイン語やポルトガル語ばかりですけど、なんかそういう感じじゃないんだよなぁ・・・

ナスカの地上絵的に旧インカ帝国言語とかだったりするのかな?




それにしても、カードのほうはなんとも微妙なデザインでありますお・・・

ハンデスは強いけど、実質1:1交換だし、それを前提にした攻撃力と守備力はなんともいただけないですお・・・


最近の毎回毎回地縛神がウルトラレア枠を圧迫する様が、GXの時のヒーローを彷彿とさせます。

そんなに数出したって、需要はなかなか少ないですよっと・・・

でも、サポートカードがちらほらとで出すので、今後未来があるジャンルなのかもしれませんね〜
posted by 夢珠 at 22:01| 群馬 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | そのたかーどげーむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by エリー at 2009年05月30日 22:26
すみません、失敗ました。
地縛神の名前の部分はインカ帝国の公用語であるケチュア語らしいですよ。
Posted by エリー at 2009年05月30日 22:27
ケチュア語とか聞いた覚えもない単語が出てきちゃいましたおw

やっぱり昔の言語だったのか〜
Posted by 夢珠 at 2009年05月31日 23:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。