2009年03月26日

【デッキ】アーカナイトビート(猫シンクロ)

基本的にメタる側のデッキが好きなのですが、AKBメタという物がいまいちカタチにならなかったので、対戦相手の方々がメタってくれることを期待して、自分で使ってみる事にしました。
なにか使われて厭なカードがあれば、とてもとても参考になりますしね〜

≪アーカナイトビート(猫シンクロ)/40枚≫

【モンスター/20枚】
《トラゴエディア》×2
《ダーク・アームド・ドラゴン》
《冥府の使者ゴーズ》
《サイバー・ドラゴン》
《墓守の偵察者》×3
《召喚僧サモンプリースト》×2
《レスキューキャット》×2
《X−セイバー エアベルン》×3
《クリッター》
《N・ブラック・パンサー》×2
《コアラッコ》
《ライトロード・ハンター ライコウ》

【魔法/17枚】
《大嵐》
《死者蘇生》
《洗脳−ブレインコントロール》
《ハリケーン》
《サイクロン》
《闇の誘惑》×2
《精神操作》×2
《大寒波》×3
《貪欲な壺》×2
《月の書》×3

【罠/3枚】
《激流葬》
《死のデッキ破壊ウイルス》
《ダスト・シュート》




大会で使用したのとちょっとカタチが違います。

使用した限りでは、このデッキの戦犯は《サイバー・ドラゴン》。
相手のダダイバーをおいしくフォートレスに調理できるかな?なんて考えての採用なのですが、役に立たないどころか足を引っ張っちゃってくれます。
取りあえず、《カオス・ソーサラー》を採用しないのであれば不要かなぁとか…


猫でガンガン《X−セイバー エアベルン》を引っ張ることが多いので、精神操作はピンでもよかったかもしれません。


メインデッキ、サイドデッキなど併せて、《ツイスター》、《砂塵の大竜巻》、《王宮のお触れ》がフル投入だったのですけど、これだけ積んでいれば、メタ的なデッキと当たっても大丈夫そうです。
というか、《砂塵の大竜巻》は回してみた限りでは、サイドからインする機会がありませぬねw
罠なので、《召喚僧サモンプリースト》の効果のコストにならなかったり、伏せカードを警戒するのであれば、《王宮のお触れ》と《大寒波》で事足りることが多かったので…
代わりに、《虚無魔人》や《フォッシル・ダイナ パキケファロ》などのやっかいなモンスターを処理するためのカードでも追加した方がよさげです。(《地砕き》と《地割れ》ノミだったのですよね)


《大寒波》があるので、やっぱりメタる事は困難な様子でした。
《大寒波》をカウンターするか、永続効果を持つカードを先出ししておくしか、現実的な対抗手段がないようにも思われますです。
なにか、いいメタカードはないものか………なのです。



3ターンのみであっても、不協和音が"場に残らない"タイプのカードであったならばなぁ…



あぁ、それと、《アーカナイト・マジシャン》は3枚あった方がよさげなのです。
2枚しか持っていないので、後1枚調達しようかとも思いましたが、今後このデッキを使う機会はそうそうないと思ったので、スルーを決め込んじゃいましょうw
ラベル:デッキレシピ
posted by 夢珠 at 02:41| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆうぎおう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。