2015年06月29日

【デッキ】Canadian Threshold

【Canadian Threshold】
フォーマット:レガシー

土地/18枚
4《汚染された三角州/Polluted Delta》
4《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3《Tropical Island》
3《Volcanic Island》
4《不毛の大地/Wasteland》

クリーチャー/12枚
4《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4《敏捷なマングース/Nimble Mongoose》
4《タルモゴイフ/Tarmogoyf》

その他の呪文/30枚
4《渦まく知識/Brainstorm》
4《目くらまし/Daze》
4《Force of Will》
4《稲妻/Lightning Bolt》
2《呪文貫き/Spell Pierce》
2《呪文嵌め/Spell Snare》
4《もみ消し/Stifle》
2《二股の稲妻/Forked Bolt》
4《思案/Ponder》

サイドボード/15枚
1《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
1《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1《発展の代価/Price of Progress》
1《紅蓮破/Pyroblast》
1《赤霊破/Red Elemental Blast》
1《水没/Submerge》
1《外科的摘出/Surgical Extraction》
1《乱暴+転落/Rough/Tumble》
1《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
1《森の知恵/Sylvan Library》
1《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
1《無のロッド/Null Rod》
1《真髄の針/Pithing Needle》



カナディアンスレッショルド!

メインボードの土地以外のカードの種類:12種
サイドボードのカードの種類:15種

メインボードは典型的なテンプレ構成だお。
これの安定感と完成度、レシピの美しさが最高なので個人的にはこれから弄りたくないお。

レガシーに存在するデッキなら、大抵のデッキに対して対等には戦えるので、
大幅にサイドボーディングする必要がないんだおね。
そのためのサイドボードがハイランダー状態なのだわん。
ゆう順普段で全部ピン積みなんじゃないのよ!

基本的には、サイドボーディングは微調整で済まして、
メインボードのバランスを崩さないように注意するわん。


カナスレのいいところはメタ特化型ってところだおね!

ピッチスペル:8枚
1マナ呪文:30枚
2マナ呪文:4枚

という、他の環境ではなかなか考えられないようなマナカーブを描くわん。
この規格外の軽さがやっぱりいいよね!

デッキパワーはそんなに高くなく、環境依存するデッキなので、
プレイングはものすんごく難しいわん。
MTGどころか、今まで触ってきた全てのTCGのデッキの中でもダントツで一番難しいくらい難しいわん。
これを綺麗に回せるようになりたいと思いつつも、
残念ながら、赤要素を奇跡コンに取られてしまったので、泣く泣く解体することに・・・

でも、一番好きなデッキなので、気が向いたらまた構築しますお!
posted by 夢珠 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

親和のススメだお!

前回の記事で取り上げた《一日のやり直し/Day's Undoing》の影響は少なからずあると思うんだお?
真にこれを打ち込んだものが実際に強い弱いは置いておいて、
大きな大会で上位に入賞しようものなら、関連パーツは間違いなく暴騰するわ。

そんな意味では、比較的お安く親和デッキを組むのならきっと今回がラストチャンス!
興味のある人は、ボーナスも出たことだし、すぐにでも購入をした方がいいと思うわ。
個人的に、モダン参入するのにあたってこれ以上にコストパフォーマンスの良いデッキはないと思うお?

とりあえずは、までにレシピを・・・

【親和】
フォーマット:モダン
戦績:GP Charlotte(参加者2870人):ベスト4

土地/16枚
4《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》
4《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》
2《空僻地/Glimmervoid》
4《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》
1《島/Island》
1《山/Mountain

クリーチャー/28枚
4《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》
2《刻まれた勇者/Etched Champion》
2《エーテリウムの達人/Master of Etherium》
2《メムナイト/Memnite》
4《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》
4《信号の邪魔者/Signal Pest》
2《呪文滑り/Spellskite》
4《鋼の監視者/Steel Overseer》
4《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》

その他の呪文/16枚
4《感電破/Galvanic Blast》
4《頭蓋囲い/Cranial Plating》
4《オパールのモックス/Mox Opal》
4《バネ葉の太鼓/Springleaf Drum》

サイドボード/15枚
2《刻まれた勇者/Etched Champion》
1《呪文滑り/Spellskite》
3《古えの遺恨/Ancient Grudge》
3《思考囲い/Thoughtseize》
2《鞭打ち炎/Whipflare》
1《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
3《倦怠の宝珠/Torpor Orb》


じゃん☆
最近良く見かける、親和を持つカードをメインに添えないRobotsと呼ばれる形だお!

なんといっても特筆すべきは、モダン環境でトップメタの一角であるのにもかかわらず、
比較的お安く構築できることだおね!

サイドボードまで含めて高額カードは、
2《空僻地/Glimmervoid》
4《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》
4《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》
3《呪文滑り/Spellskite》
4《オパールのモックス/Mox Opal》
3《思考囲い/Thoughtseize》

このくらいだわん。
4《オパールのモックス/Mox Opal》で丁度2諭吉くらいリリースすることになり、
概算では、全て揃えるのに5諭吉くらいかかるものの、
《タルモゴイフ/Tarmogoyf》や《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》を
揃えるのよりもはるかに安くデッキそのものを構築することができるわ。

5諭吉という値段がどう捉えられるかは微妙なところだけれど、
ローテーションのないフォーマットで、ガッチガチのトップメタを組めるということを考えれば、
決して高い買い物ではないと思うわ。
環境の変化が非常に早い国産TCGでさえ、1デッキにこれくらいかかることはザラだものね!

ビートダウン最強だとかメインボード最強とうたわれるだけあって、その速度は本当に異常だと思うわん。
最速3Tキルさえ狙え、ぶん回りでなくとも2〜3T目くらいから、
10点以上のクロックを刻み始める常軌を逸した速度だわん。

また、一見すると対応力は無さそうだけれども、
《空僻地/Glimmervoid》や《バネ葉の太鼓/Springleaf Drum》のお陰で、
実質5色デッキに近いカードを採用することができるお。
特に、サイドボードのカードは環境に合わせてよりどりみどりなので、
少しの調整で様々な環境に適応することができるわん。

そして、さらにおすすめしたい点は、
このデッキ少しの調整でモダンどころかレガシーでも戦えるデッキになるわん。

とりあえずレシピを・・・

【親和】
フォーマット:レガシー
GP Strasbourg(参加人数1365):5-0

土地/15枚
3《古えの居住地/Ancient Den》
4《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》
4《教議会の座席/Seat of the Synod》
4《囁きの大霊堂/Vault of Whispers》

クリーチャー/26枚
4《刻まれた勇者/Etched Champion》
4《金属ガエル/Frogmite》
4《エーテリウムの達人/Master of Etherium》
4《メムナイト/Memnite》
2《マイアの処罰者/Myr Enforcer》
4《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》
4《信号の邪魔者/Signal Pest》

その他の呪文/19枚
4《物読み/Thoughtcast》
4《頭蓋囲い/Cranial Plating》
4《オパールのモックス/Mox Opal》
4《バネ葉の太鼓/Springleaf Drum》
3《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》

サイドボード/15枚
3《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
2《非業の死/Perish》
2《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2《真髄の針/Pithing Needle》
1《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
4《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
1《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》


少し古いものだけれど、特に最近のものと大きな変更はないから持ってきたわ。
レガシーのほうが、モダンよりも高そうなイメージが有るけれど、
レガシーではモダンで禁止されている5種類のアーティファクトランドが使えるため、
こちらのほうが土地代がはるかに安上がりになるわん。
よって、モダンの親和を組むのよりも1〜2諭吉安いという逆転現象が起こるわん。

レガシーであれば、まさに文字通りエターナル環境なので、
永遠に同じデッキで遊ぶことができるお!
レガシーへの移行のしやすさも魅力ね!
むしろ、周りにレガシーをやれる環境があるのなら、まずは3〜4諭吉でレガシーの親和を組んで、
のちのち足りないパーツを足してモダンに逆に移行するというのも手だと思うわ。


ボーナスも入る時期なので、下の環境に手を出してみたい人!
まずは親和から入ってみるのはいかがですかお?
スタンダードもいいけれど、やっぱりモダンならでは、レガシーならではの良さも有ると思いますお?
参入しやすいデッキとしては、バーンもあるけれど、
バーンはどちらかと言うとスタンダードのデッキの延長線上というか、代わり映えがあまりしないので、
下の環境、エターナルらしい、デッキということで親和を紹介してみたわん。

今ならなんと5万円ポッキリ☆
ボーナスもでる(でた)ばかりだし、
まともな社会人なら痛くも痒くもない金額だわん!
今は下の環境も賑わっているし、
下の環境らしいをデッキを作って参入する数少ないチャンスだと思うので、
興味のある人は是非とも参入してみてくださいだお!
posted by 夢珠 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

おおっと、ここでマローくんの社長室エントリーだぁ!!!


Day's Undoing(2)(青)
ソーサリー
各プレイヤーは、自分の墓地と手札を自分のライブラリーに加えて切り直す。その後、カードを7枚引く。
あなたのターンである場合、ターンを終了する。

( ゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …!?

遠い昔、黎明期に似たようなカードがあったような気が・・・


Timetwister (2)(青)
ソーサリー
各プレイヤーは、自分の墓地と手札を自分のライブラリーに加えて切り直す。その後、カードを7枚引く。

( ^ω^)・・・

あれ?
パワー9・・・?

調整点は、

>あなたのターンである場合、ターンを終了する。

この一文を追加しただけ・・・?


えっ・・・?
あれっ・・・?
この手のカードって、自分だけ展開したりして、手札を減らしてから使うようなデザインだから、
>あなたのターンである場合、ターンを終了する。
こんな一文あろうがなかろうが、
一般的には、戦闘を終えて、第2メインで展開した後に打つようなものなのでは・・・

やばい(確信)
ま、マローくん社長室行こう!そして、お暇をもらおう!
posted by 夢珠 at 18:59| Comment(2) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

ボナスの時期だお!

さらば諭吉!の時期だお!
以下購入予定品だお!

1《Underground Sea》:35000円
3枚は持っているものの、Team AmericaやBUGアグロを組もうとするとやっぱり4枚欲しくなるわん。
1Tデルバーor死儀礼→2Tヒムを滞り無く行けるのはコイツだけ!

1《タルモゴイフ/Tarmogoyf》:20000円
モダン用とレガシー用で2セット持っておきたいわん。

1《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》:14000円
4枚積むデッキは限られているので、とりあえず手持ちのレガシーとモダンのデッキで競合しない分だけ…

2《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
こちらも複数枚積むデッキは限られているので、競合しないように購入しておくわん。
そういえば、最近知ったのだけれど、ヴェンディリオン三人衆って、
ヴィーサ/Veesa
エンドリ/Endry
イリオナ/Iliona
の3人でヴェンディリオン三人衆なんだってね〜

合計:85000円
あら、今回は本当におとなしめね(精神錯乱)
マジックオリジンも、今のところ塩分高そうだし、出費が抑えられそうだわん(紙っペラ5枚で85000円)
posted by 夢珠 at 22:42| Comment(1) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

ジャンクとジャンド

名前は似ているし、デッキ構成も比較的似ているよ!
とりあえず、叩き台はこんな感じで〜

【アブザンジャンク】
フォーマット:モダン

土地/25枚
1《森/Forest》
1《平地/Plains》
1《沼/Swamp》
2《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》
2《神無き祭殿/Godless Shrine》
2《湿地の干潟/Marsh Flats》
1《草むした墓/Overgrown Tomb》
2《活発な野生林/Stirring Wildwood》
1《寺院の庭/Temple Garden》
1《樹上の村/Treetop Village》
1《黄昏のぬかるみ/Twilight Mire》
1《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
4《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1《森林の墓地/Woodland Cemetery》

クリーチャー/15枚
2《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
4《包囲サイ/Siege Rhino》
4《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
2《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
3《復活の声/Voice of Resurgence》

その他の呪文/20枚
4《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
3《未練ある魂/Lingering Souls》
1《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
2《思考囲い/Thoughtseize》
3《突然の衰微/Abrupt Decay》
1《四肢切断/Dismember》
1《残忍な切断/Murderous Cut》
3《流刑への道/Path to Exile》
2《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》

サイドボード/15枚
1《ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa》
3《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》
1《天界の粛清/Celestial Purge》
3《部族養い/Feed the Clan》
1《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
1《盲信的迫害/Zealous Persecution》
2《窒息/Choke》
2《石のような静寂/Stony Silence》
1《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》



【ジャンド】
フォーマット:モダン

土地/24枚
1《森/Forest》
2《沼/Swamp》
4《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
1《血の墓所/Blood Crypt》
3《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1《草むした墓/Overgrown Tomb》
3《怒り狂う山峡/Raging Ravine》
1《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
1《樹上の村/Treetop Village》
1《黄昏のぬかるみ/Twilight Mire》
4《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》

クリーチャー/14枚
4《闇の腹心/Dark Confidant》
2《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells》
3《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
4《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
1《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》

その他の呪文/22枚
4《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
2《思考囲い/Thoughtseize》
2《突然の衰微/Abrupt Decay》
2《コラガンの命令/Kolaghan's Command》
4《稲妻/Lightning Bolt》
3《終止/Terminate》
4《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》

サイドボード/15枚
3《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》
2《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
1《オリヴィア・ヴォルダーレン/Olivia Voldaren》
1《殺戮遊戯/Slaughter Games》
1《古えの遺恨/Ancient Grudge》
2《部族養い/Feed the Clan》
1《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
1《ジャンドの魔除け/Jund Charm》
2《窒息/Choke》
1《死の支配の呪い/Curse of Death's Hold》



どっちも札束…
諭吉での殴り合いだわん!

ジャンドだと、《コラガンの命令/Kolaghan's Command》が取れる分、
厳しいのには変わりないものの、アブザンよりはVS親和のマッチアップが絶望的じゃなさそう…
代わりに、VSバーンについては輪をかけて辛そうだわん。

VS欠片の双子についても、
インスタントタイミングの除去が非常に多いから、アブザン以上に戦いやすそうね!
双子相手に限らないけれど、《終止/Terminate》の汎用性がほんとうに素晴らしいわ。

VSコントロールについては、どうなんだろうか?
大差はなさそうに思えるけれど、よくわからないわん。
とりあえず、サイドボードには《殺戮遊戯/Slaughter Games》ぶち込みたい人なの。

VSデルバーについては、ジャンドのほうが有利そうだね!

VSトロンについては、どちらを使っても絶望的な相性だわん…

ここまで見る限りでは、ジャンドのほうが微妙に受けが広そうだけれど、
一方で、アブザンジャンクVSジャンドは、明らかにアブザンジャンクに有利がつきそうだわん。
除去を単体除去と《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》に頼っているため、
《未練ある魂/Lingering Souls》が本当に辛そうだわ…

ジャンドが増えるようなら、アブザンジャンクを選択し、
そうでないなら、ジャンドを選択するのがいいのであろうか…

しかし、ここまで書いておいて最も重大な点に気がついたわ!

4《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
2《闇の腹心/Dark Confidant》

こいつら足りない(`;ω;´)
そう、選択肢などなかったのである…
posted by 夢珠 at 19:53| Comment(1) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

めいるしゅとろーむぱるす

Maelstrom Pulse / 大渦の脈動 (1)(黒)(緑)
ソーサリー
土地でないパーマネント1つを対象とする。
それと、そのパーマネントと同じ名前を持つ他のすべてのパーマネントを破壊する。

めいるしゅとろーむぱるす!
ってなんだか語感がすごくかっこよくない?かっこいいおね?
posted by 夢珠 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

PPTQ in BOOKSながしま

行く予定はなかったものの、
急遽グリーンカーテン(の元)の整備に駆り出されてしまったので、はるばる行ってきたわん。

フォーマット:モダン
参加人数:42人
使用デッキ:アブザンジャンク
形式:スイスドロー6回戦+上位8名でのシングルエリミネーション

【1回戦】
VSグリクシスコントロール
・DUEL1
1Tハンデスでカウンター落としてから、2T《復活の声/Voice of Resurgence》着地でいい感じな盤面に
ミシュランと《未練ある魂/Lingering Souls》のスピリットで殴り勝つ
・DUEL2(後手
相手土地2枚でスクリューして、そのまま勝ち


【2回戦】
VSグリクシスツイン(だった覚えが
・DUEL1
痛恨のダブマリだったものの、
1Tハンデスから、2T《復活の声/Voice of Resurgence》着地の好スタート。
コンボ成立前に殴り勝つ
・DUEL2(後手
1Tハンデス、
2T(ピーピングで《血染めの月/Blood Moon》が見えたので)《衰微の拘束/Manacles of Decay》構えて、
3T返しで《窒息/Choke》の台パン不可避な神初手。
《窒息/Choke》置いたら相手投了。


【3回戦】
VSグリクシスデルバー
・DUEL1
初手が芳しくなかったので、ワンマリスタート。
よく覚えていないけれど、相手デルバー出てこず押し切れたような覚えが・・・
・DUEL2(後手
あまりいい手札ではないものの《窒息/Choke》あったのでキープ。
《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》で覗かれてきっちりケアされてピンチ。
そのままライフレースになって、
ここで《包囲サイ/Siege Rhino》か《未練ある魂/Lingering Souls》引ければ勝ち、引けなければまけって盤面で、《包囲サイ/Siege Rhino》をトップして勝ち。


【4回戦】
VS欠片の双子
・DUEL1
ハンデス連打でコンボパーツ落としまくるものの、ラスト1ターンというところで、
揃えられて無限トークンからの即死
・DUEL2(先手
《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》、《タルモゴイフ/Tarmogoyf》、《未練ある魂/Lingering Souls》とあったので、特に考えずにキープしたのが完全に甘かった。
《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》でピーピングすると、
《欠片の双子/Splinter Twin》に加え《やっかい児/Pestermite》&《詐欺師の総督/Deceiver Exarch》が計2枚という即死ハンド。
エンチャント先落として、3Tまでに除去引けるようにお願いするか、ブラフで土地立てて置くので、コンボ始めないでねのお願いをするものの、《思考囲い/Thoughtseize》を食らって、絶望的なハンドが割れる。
そのまま、最速でコンボ決められて即死。


【5回戦】
VSバーン
・DUEL1(後手
どうしようもないというのは、まさに行為事を言うのかという感じで、為す術無く4キル。
・DUEL2(先手
サイドインの《部族養い/Feed the Clan》→《包囲サイ/Siege Rhino》でライフが潤沢に。
いい場面で《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》も刺さり勝ち。
・DUEL3(後手
プレイミス云々ではなく、本当にどうしようもなかった。
バーン早すぎて、ジャンク使っている限り、
2DUEL目のような神ハンドかつ先手でもない限り、勝てる見込みが本当に無い…


【6回戦】
勝てればワンチャンシングルエリミ残留できそうなマッチ
VSグリクシスデルバー
・DUEL1(後手
相手がなかなかデルバー検定に合格しなかったため、かなり時間に余裕ができた感じ。
《包囲サイ/Siege Rhino》着地で盤石、そのまま勝ち。
・DUEL2(後手
《復活の声/Voice of Resurgence》が刺さっているようでいまいち刺さらず。
よく覚えていないけれど、確かデルバーが相手の場に2枚いて、とりあえず殺された覚えが…
・DUEL3(先手
《思考囲い/Thoughtseize》→《復活の声/Voice of Resurgence》と滑り出しは素晴らしい物の、
《復活の声/Voice of Resurgence》が《マグマのしぶき/Magma Spray》で追放される…
相手の《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》がどうにもできず、
こちらもタシグルを立てるものの、あっさり《終止/Terminate》で負け。
相手のサイドボーディングが美味かったとしか言いようがない。


最終結果:3-3

3タテからの逆3タテ…
そのまま4タテで来ていれば、5,6戦目とIDで残留確定だったのに残念…

1回フィーチャーマッチ(?)な卓に座って、デュエルは特に酷いプレイはなかったものの、
インタビューとか何も考えておらず、それの解答が酷すぎて、大会以上に凹んでいるなう。
「今までの実績は?」→あたち「ありません(キリッ」
「今日のデッキを選択した理由は?」→あたち「初心者でも手なりでプレイできるからです(キリッ」
「ホームはどこですか?」→あたち「わんぱっく桐生店です!ぼっちできました(^q^) 」
はぁ、死にたい…


今日使ったデッキは、

【アブザンジャンク】
フォーマット:モダン

土地/25枚
1《森/Forest》
1《平地/Plains》
1《沼/Swamp》
2《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》
2《神無き祭殿/Godless Shrine》
1《湿地の干潟/Marsh Flats》
2《草むした墓/Overgrown Tomb》
2《活発な野生林/Stirring Wildwood》
1《寺院の庭/Temple Garden》
1《樹上の村/Treetop Village》
1《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
4《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
2《森林の墓地/Woodland Cemetery》

クリーチャー/13枚
4《包囲サイ/Siege Rhino》
4《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
2《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
3《復活の声/Voice of Resurgence》

その他の呪文/22枚
3《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
4《未練ある魂/Lingering Souls》
1《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
3《思考囲い/Thoughtseize》
3《突然の衰微/Abrupt Decay》
1《残忍な切断/Murderous Cut》
1《殺戮の契約/Slaughter Pact》
2《流刑への道/Path to Exile》
3《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor》

サイドボード/15枚
1《ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa》
3《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》
1《最後のトロール、スラーン/Thrun, the Last Troll》
3《部族養い/Feed the Clan》
1《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
1《盲信的迫害/Zealous Persecution》
2《窒息/Choke》
2《石のような静寂/Stony Silence》
1《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》



札束デッキでーす、いえーい!
とりあえず、調整などせずに、昨日組んだデッキだわん、調整は本番で!
随分といらないカードがはっきりと見えていたので、要調整だね。

具体的には、
メインボードでは、
1《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor》
は、今日使った感じではでいらないと思うわ。

《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》はレガシーと使用感がぜんぜん違うのね。
《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》から2T着地でマウントとって〜、
って使い方にはならないから、どうしても重く感じてしまう。
ミラーとかならまた違ってくるとは思うんだけれどね。
後手だと、双子相手などでは3Tに置くことなんてできないので、
これを除去にカウントしてしまうと、どうしても除去が足りなく感じるわ。

《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor》は、
バーンなどの前のめりなデッキ相手に+能力が役に立つかと思ったものの、
あまりにも早く、クロックはチャンプブロックに回さざるをえない状況が多くて、
とてもじゃないけれど、悠長に盤石な状態で4Tを迎えられる様子ではなかったわ。

逆にメインボードで欲しいと感じたのは、
《流刑への道/Path to Exile》
《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
このあたりだわん。

本来有利つきそうな欠片の双子やグリクシスデルバーにやられているのは、
《流刑への道/Path to Exile》のような範囲の広い除去が足りないと感じたわ。
土地与えるのが環境的には厳しいと思いつつも、最低でももう1枚は追加したいね。

《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》については、
やっぱりしぶといクロックはコントロールにも強く、計4点ゲインできればバーン耐性もかなり上がると思うお。
しかし、3マナ域は渋滞中なんだよね…
リリアナと《未練ある魂/Lingering Souls》を1枚ずつ抜いて、2枚くらい仕込んでおこうかしら。

《漁る軟泥/Scavenging Ooze》も欲しいんだけれど、
環境にコントロールが多いので、《復活の声/Voice of Resurgence》でいいと思うわ。
欲しくなるのを見越した上で、声を採用したのだから、ここは突っぱねたいと思う。
ライフゲインや除外は環境に適しているもののバーン相手にしていた時や、
グリクシス相手にしていた時も、《漁る軟泥/Scavenging Ooze》ならどうにかなっていた場面というのはなかったしね。

それとマナ基盤だけれど、やっぱり、《湿地の干潟/Marsh Flats》もうちょい欲しいわ。
1枚しか持っていないんだよね…
さすがに再録される可能性もあるので今更買うきになれないんだよなあ…
それと、ハイブリッドランドの《黄昏のぬかるみ/Twilight Mire》も欲しい。
色事故等は特になかったものの、もうちょいマナ基盤を見直したいわ。

サイドボードについては、
《最後のトロール、スラーン/Thrun, the Last Troll》が完全にお荷物だったわ。
対コントロールにと思って採用したものの、
《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》を抜けないんじゃ、話にならないじゃない!
まず、ここは別の何かにチェンジ決定!
とりあえず、暫定的には双子にもタシグルにも刺さる《天界の粛清/Celestial Purge》にしておくわ。

それと、《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》は使いにくすぎた。
《タルモゴイフ/Tarmogoyf》も小さくなっちゃうので、
《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》の方が確実にイイね。




ここ最近えらく久しぶりに、
それこそ5年とかそれ以上っぷりに真面目にTCGしているけれど、たまにはガチるのもいいね!
ピリピリはしているものの、これはこれでおもしろいと思うわ。

おーい、RD。
バーン相手に後で調整させてくれだわん。
ジャンクかジャンド使っていきたいと思っているんだけれど、
どちらにせよバーンが鬼門なので、ちょっと練習&調整しておきたいところ。
posted by 夢珠 at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

【デッキ晒し】欠片の双子(グリクシスツイン)

【欠片の双子(グリクシスツイン)】
フォーマット:モダン

土地/23枚
3《島/Island》
1《山/Mountain》
1《沼/Swamp》
1《血の墓所/Blood Crypt》
1《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1《僻地の灯台/Desolate Lighthouse》
2《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
4《汚染された三角州/Polluted Delta》
3《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2《蒸気孔/Steam Vents》
2《硫黄の滝/Sulfur Falls》
1《地盤の際/Tectonic Edge》
1《湿った墓/Watery Grave》

クリーチャー/12枚
4《詐欺師の総督/Deceiver Exarch》
2《やっかい児/Pestermite》
3《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
1《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》

その他の呪文/25枚
4《血清の幻視/Serum Visions》
2《謎めいた命令/Cryptic Command》
4《稲妻/Lightning Bolt》
3《コラガンの命令/Kolaghan's Command》
4《差し戻し/Remand》
2《呪文嵌め/Spell Snare》
2《終止/Terminate》
4《欠片の双子/Splinter Twin》

サイドボード/15枚
1《嵐の神、ケラノス/Keranos, God of Storms》
1《誘惑蒔き/Sower of Temptation》
2《神々の憤怒/Anger of the Gods》
1《引き裂く流弾/Rending Volley》
1《焙り焼き/Roast》
2《払拭/Dispel》
1《否認/Negate》
1《思考を築く者、ジェイス/Jace, Architect of Thought》
1《殴打頭蓋/Batterskull》
2《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
1《ヴィダルケンの枷/Vedalken Shackles》





1日目よりは成績良かったものの、懸念していたアブザンジャンクにとうとう当たり惨敗を期したお。
やっぱりコンボデッキの性質上、単体では役に立たないカードが入っている分、
ハンデスには滅法弱かったお…
それと、ヴィダルケンの枷は誘惑蒔きが届かなかったために、仕方なく入っている感じだお…
妥協するくらいなら別のもの入れておいたほうがよかったね!

それと、1日目は比較的余裕を持って戦えていたバーンについても、
3色デッキの宿命故かLP17スタート多くなっちゃって、どうしてもキツイおね…
でも、苦手としていたコントロール相手に結果的には勝ち越すことができたので、その点はよかったわん。

次回以降はアブザンジャンクでも組んで大会行こうかなあ…

欠片の双子というか、コンボデッキはやっぱりあまり得意ではないのかもしれないお…
コンボスタートのタイミングが感じられないのと、
妨害されて、ミスった時のことを考えると、なかなかコンボスタートに踏み切れないわ。
100%の安全が担保されていないと、性格的にコンボスタートに行けないので、
その結果どうしても遅れてしまって、取られてしまっている試合が多すぎるお…
posted by 夢珠 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

【大会れぽ】PPTQ in 太コミ

フォーマット:モダン
参加人数:いっぱい
使用デッキ:欠片の双子
形式:スイスドロー5回戦+上位8名でのシングルエリミネーション

【1回戦】
VSバーン
・DUEL1(後手
相手2Tに《大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revel》着地でGG
・DUEL2(先手
粘って、粘って、コンボ決めて無限トークン決めて勝ち。
・DEUL3
《ゴブリンの先達/Goblin Guide》が土地をいっぱい持ってきてくれてかなり助かる展開に…
コンボは露骨に構えられているため決まらないものの、
サイドインの《殴打頭蓋/Batterskull》が刺さって勝ち。

【2回戦】
VSトライバルズー
・DUEL1(先手
5Tか6Tにコンボ決めて勝ち
・DUEL2(後手
死にかけたものの、相手のバーンカードを弾いた後、コンボ決めて勝ち。
文字通り一手差でヒヤヒヤ…

【3回戦】
VS親和
・DULE1(後手
相手の初動は遅くて助かったような気もしたけれど、
相手3Tから13点クロック刻まれ始めて為す術なく死亡。
・DULE2(先手
ウキウキ気分でサイドインした《古えの遺恨/Ancient Grudge》を1マナで打つという大チョンボ
ジャッジ呼ばれずにすんだけれど、それ以降ろくに頭回らず酷いプレイミスの連続。
そんなわけでもちろん勝てるわけもなく…
相手のプレイヤーさん、試合後にオーナーに聞いたところプロポイント持ちだそうで…

【4回戦】
VS欠片の双子(グリクシス)
・DULE1
《コラガンの命令/Kolaghan's Command》が強すぎる。
《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》を使いまわされつつハンデス等でどうにもならず
・DULE2(先手
コンボが決まる要素が無いため、双子ちゃんは全部サイド行きでコントロールにスイッチするも、
《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》が強すぎる。
焼けないサイズのクロックはどうにもならない。

黒タッチの双子はいいと思いましたお。
正直、一応ミラーマッチではあるものの、黒タッチの有無の差が大きく勝てる要素がなかった。
10回やって10回負けるパータン、順当にやって順当に負ける。

【5回戦】
VSトリココントロール
・DUEL1(後手
土地2枚で止まるスクリュー。
相手コントロールなので、コンボ決まらないと思い双子2枚落としから、
土地引いて巻き直すものの、捨てた2アドの差と、薄い勝ち筋故にどうにもならず。
双子VS重コントロールは、相手事故らない限り投了でいいと思うんだ、うん。
・DUEL2
今度は相手が土地3枚で止まるスクリュー。
しかし、クロック全滅させられ立て直され、オジュタイ着地でかなり厳しい盤面に。
返しにケラノス通すものの解答には成り得ず、そのまま憤死。


最終結果:2-3





いえーい、クソザコナメクジでーすうううううううううう。
メタ読みは悪くなかったとは思うものの、黒タッチの双子が絶望的なことを考えると、
やっぱり最後のところでデッキ構築が甘かったわん。
4、5回戦は相性非常に悪いものの、1〜3回戦は相性的には有利が付く相手だっただけに、
親和は何とか食らいついてでも勝ちたかったわん。

とりあえず、あたちも黒タッチする〜ということでデッキ再構築中。
《終止/Terminate》が手元にないお〜ってオーナーに話をしたら、
明日の会場の高崎店の在庫を聞いてもらえ、
とりあえず在庫があるようなのでそれぶち込んで参加するわん。

これだけ双子が多いなら、ジャンクorジャンドという選択肢もあるものの、
サイドに積みたい《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》が足りないため構築できず…
明日はグリクシスツインで行きますわん!

それと、太田店。
2年半ぶりくらいに行ったけれど、ものすごく環境良くなっていたわん。
あの連中は…?
というか、そもそも知っている人が全くと言っていいほど居なくて、ぼっち状態(´・ω・`)

明日の高崎にも出張するので頑張るお!
なお、あたちが予約入れた時点で45人予約済みとのことだお…
posted by 夢珠 at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

プロツアー予備予選

近くでやるし折角だから申し込んできたお!

予備予選を勝ち抜いて、地区予選に進出すれば、
もれなく参加賞で《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》のプロモが貰えるんだってね!
よ〜し、夢珠ちゃん頑張っちゃうぞ!
お値段調べてみたら、最安値が12800円とかで、いつの間にかとんでも無いことになっていたお・・・
夢珠ちゃん買った時、1700円(´・ω・`)

しかし、一番の問題はフォーマット、
全くと言っていないと言っても良いモダンだお・・・

昨日は幸運神帰ってきていたので、欠片の双子回してみたもののいまいちしっくり来ない感じ・・・
そもそも、欠片の双子VSアブザンジャンクって、双子側が絶望的なマッチアップという定説だけに、
これだけで、自分にデッキが合う合わないを判断するのは早急だと思うけれどね。

とりあえず、メインではかなり厳しいことはわかったので、
サイドに取る札を選考するいい機会にはなったと思うお。
後、除去対策やミラーも考慮して、《呪文滑り/Spellskite》はメインに取るべきだと思ったわん。

それと1積みで1回しか炸裂しなかったけれど、《血染めの月/Blood Moon》がすごく強かったお。
ジャンクやジャンド、トロンに刺さればイージーウィンね。
でも、いつの間にか4000円近くなっていて、非常に困ったわ、誰か腐らせていないかなあ・・・

あるいは、あたちもアブザンジャンク組むという手もあるんだよなあ。
欠片の双子よりはグッドスタッフだけあって、プレイングが簡単そうだわん。
名前の通りパワーカードの寄せ集めで、手なりでプレイできるタイミングも多いし、
地雷デッキはカードパワーで踏み潰せるし、欠片の双子も怖くないわ。

ただこちらの問題は、常連さんに親和が居て、それ踏むと絶望的なマッチアップになることだが・・・
アブザンジャンクで親和はどうあがいても無理だおね。
びっぐまじっくのコラムで、《石のような静寂/Stony Silence》みたいな
ガンメタカードをぶち込んでさえ辛いマッチアップとのことなので、
相手が大事故起こさない限りは勝ちの目はないと思って良いわん。

あ、ついでに現時点での参加者の一覧見せてもらったらバーンも居るのか・・・
どっち踏んでも地獄だお・・・
やっぱり欠片の双子のほうが丸いかなあ・・・
posted by 夢珠 at 22:11| Comment(3) | TrackBack(0) | まじっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする